アデライード・ド・トゥール

アデライード・ド・トゥール(Adélaïde de Tours, ? - 866年以降)は、エティコーネン家のトゥール伯ユーグ(837年没)とアヴァ(839年没)との間の娘。アデライードは2回の結婚により、ヴェルフ家コンラディン家およびロベール家(のちカペー家)をつなぐ重要な役割を果たした。

アデライード・ド・トゥール
Adélaïde de Tours

死去 866年以降
配偶者 オセール伯・パリ伯コンラート1世
  パリ伯ロベール豪胆公
子女 コンラート2世
ユーグ
ルドルフ
ユーディト
ヴェルフ1世(2世)
ウード
ロベール1世
家名 エティコーネン家
父親 トゥール伯ユーグ
母親 アヴァ
テンプレートを表示

生涯編集

821年10月に姉エルマンガルドが皇帝ロタール1世と結婚したことで、アデライードの一族はカロリング朝宮廷で中心的な役割を果たすようになる。

アデライード自身は、最初にヴェルフ家のコンラート1世と結婚した。コンラート1世の姉妹ユーディトは皇帝ルートヴィヒ1世の二度目の妃、エンマは東フランク王ルートヴィヒ2世の妃であった。アデライードとコンラート1世との結婚の時期は不明である。アデライードはコンラート1世との間に少なくとも3男1女をもうけた。

  • コンラート2世(? - 876年) - オセール伯
  • ユーグ(? - 886年) - オセール伯、ネウストリア辺境伯、トゥール伯、アンジェ伯
  • ルドルフ(? - 864年以前) - サン=リキエ修道院長、ジェミエージュ修道院長
  • ユーディト - コンラディン家のラーンガウ伯ウド2世と結婚、孫は後の東フランク王コンラート1世[1]

また、以下もアデライードとコンラートとの間の息子とみられる。

  • ヴェルフ1世(2世) - コンラート1世の弟ルドルフの息子とも考えられている。リンツガウ伯、アルプガウ伯。

コンラート1世の死(862年以降)の後、864年初めにアデライードはロベール家のヴォルムスガウ伯、トゥール伯およびパリ伯のロベール豪胆公と結婚した。その2年後、ロベール豪胆公はブリサルトの戦いにおいて戦死した。アデライードはロベールとの間に2男をもうけた。

  • ウード(852年以降 - 898年) - 西フランク王(888年 - 898年)[2]
  • ロベール1世(865年頃 - 923年) - 西フランク王(922年 - 923年)

ロベール豪胆公の死、および息子ロベールの誕生以降のアデライードの記録は残されていない。

脚注編集

  1. ^ Jackman, pp. 47 – 67
  2. ^ ウードは父ロベールと最初の妻との間の息子の可能性がある(Jackman: Comparative Accuracy. 2008, pp. 46 – 47)。

参考文献編集

  • Detlev Schwennicke: Europäische Stammtafeln. Band I.2, 1999, Table 200A; Band 2, 1984, Table 10 and Band III.4, 1989, Table 736
  • Donald C. Jackman: Die Ahnentafeln der frühesten deutschen Könige. In: Herold-Jahrbuch. Neue Folge. 15. Band, 2010