メインメニューを開く

アト゜イ

本来の表記は「アト゚イ」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

アト゚イ(Atuy、本名:豊岡征則(とよおか まさのり)、1945年11月18日[1] – )は、アイヌ人実業家・作曲家作詞家。「ト゚」(トに半濁点)は [tu](トゥ)の発音を示すアイヌ語片仮名であり、「アト゚イ」は「アトゥイ」と発音する。別名はサンニョアイノ(考える人)、愛称はポンニー(小さな木の人)という[2]

目次

出自編集

1945年北海道釧路支庁白糠町生まれ。アイヌ人が多く住む集落で育ち、アイヌ人のアイデンティティを持つ。母はアイヌ人、父は非アイヌ人だがアト゚イ出生前に姿を消す。小学生の頃には漁船に下働きとして乗り組み、櫓のこぎ方もそこで覚えた。アイヌの出自のために和人の子供から差別を受けることに我慢できず、小学校に通うのをやめた[3]

10代後半から、納豆売りや廃品回収を行う。ギターの腕前を上げ、17歳頃から海外に旅行をし、世界のいろいろな民族と出会うようになる[4]。1980年に釧路支庁弟子屈町ドライブイン丸木舟」を開業、民宿もかねた営業を始めて[5]、成功をおさめる。赤塚不二夫とは1974年にペルー旅行中に知り合った赤塚のマネージャー・横山孝雄を仲介として親交があった[6]

音楽・舞踊活動編集

1981年、「アイヌ詞曲舞踊団モシリ」を設立し、作詞・作曲を手がける。アイヌ人メンバーによる音楽および舞踊ということで、注目が集まる。「アイヌ詞曲舞踊団モシリ」は、1991年9月26日に『筑紫哲也 NEWS23』に30分間登場して全国的知名度を得て、テレビ出演や全国公演および海外公演を果たす。アト゚イ本人の特集番組も、1995年4月14日に、NHK教育テレビで、「マイライフ 自然とともに人間らしく~アイヌ文化継承者 豊岡征則」という題で実現している。

歴史・教育活動への貢献編集

1982年、アイヌ語研究家・片山龍峯とともに北海道アイヌ協会の有力者・椎久堅市、小川佐助、森久吉、文字常太郎にインタビューを申し込み、その会談記録を北海道ウタリ協会が出版した『アイヌ史 資料編3』に収録した。

それによると、1947年の春に4名はGHQ第九軍団司令部に呼び出され、ジョセフ・スウィング少将と会い、アイヌ民族に日本から独立する意志があるかを打診されたという。椎久たちは独立する意志はなく「日本国民として祖国の再建に尽くす」旨を答え、少将は独立運動など起こさず日本人と対立しないよう釘をさした。

この「終戦秘話」といってもよい事実は、40年もたった1989年1月13日付『朝日新聞』に掲載されている[7]

2012年には、北海道釧路明輝高等学校で行われているアイヌ学の授業に講師として招かれ、アイヌの歴史と文化について講義する。

出演番組の一部編集

アイヌ詞曲舞踊団モシリ公式サイトの『モシリのおもな活動と報道』[8]から再構成する。

  • 筑紫哲也 NEWS23 TBS 1991年9月26日 1992年12月21日
  • 昼どき日本列島 NHK総合 1992年9月23日
  • マイライフ~自然とともに人間らしく~アイヌ文化継承者 豊岡征則~ NHK教育  1995年4月14日[9] 
  • 人間マップ NHK総合 1995年11月15日
  • こころの時代 NHK教育 2001年11月4日 

著作編集

脚注編集

  1. ^ アトゥイ 『アト゚イ 俺は魂をデザインする』 北海道新聞社、2002年、124p。
  2. ^ 横山孝雄 『少数民族の旅へ』 新潮社、1984年、39p。
  3. ^ 横山孝雄 『少数民族の旅へ』 新潮社、1984年、43p。
  4. ^ アトゥイ 『アトゥイ おれは魂をデザインする』 北海道新聞社、2002年、142p。
  5. ^ アトゥイ 『アトゥイ おれは魂をデザインする』 北海道新聞社、2002年、79p。
  6. ^ 横山孝雄 『少数民族の旅へ』 新潮社、1984年、53-61p。
  7. ^ 小笠原信之 『アイヌ近現代史読本』 緑風出版、1984年、211p。
  8. ^ モシリのおもな活動と報道
  9. ^ マイライフ-自然とともに人間らしく~アイヌ文化継承者 豊岡征則~

外部リンク編集