メインメニューを開く

アトコ・レコード(Atco Records)は1955年にアトランティック・レコードのハーブ・エイブラムソンにより創設された、アメリカのレコード・レーベル

アトコ・レコード
Atco Records
親会社 ワーナー・ミュージック・グループ
設立 1955年
設立者 ハーブ・エイブラムソン
販売元 ライノ・エンタテインメント (米国)
WEAインターナショナル (英国)
ジャンル 様々
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
公式サイト www.rhinorecords.com

現在はワーナー・ミュージック・グループライノ・エンタテインメントが統制を執っている。

レーベル名はATlantic COmpanyを略したものである。

沿革編集

初期・隆盛期編集

1955年にのハーブ・エイブラムソンにより、アトランティック・レコードのサブ・レーベルとして創設。アトランティックで取り扱わないもの、厳密には1968年までのジャズソウル/R&B、を運営する為に創られた。イギリスのアーティストを国内配給する際、非アフリカ系アメリカ人のミュージシャンをここで扱い発売した。[1]

1980年代後半には、アメリカにおいて、ロバート・スティグウッドのRSOレコード[2]ヴォルト・レコードローリング・ストーンズ・レコードルースレス・レコードの配給も行っていた。

晩期編集

アトコの晩年のヒット曲はスイート・センセーションの"If Wishes Came True"(1990年)である。アトランティックはアトコを1991年に駆け出しのイースト・ウェスト・レコードに統合し、合併会社アトコ/イーストウェスト・レコードを一時期形成していた。しかし、1993年にアトコはレーベル名から降り、イースト・ウェストによりレーベルは統制され続けることになる。アトコの名前とロゴはリイシューの時に残ることになる。

復帰編集

2006年にワーナー・ミュージック・グループ(WMG)は子会社のライノ・エンタテインメントの合同の元、アトコ・レコードの活動を再開させる。近年はWMGの役員、カレン・アーメットが頭取をしている。彼女はカリフォルニア州ロサンジェルスを拠点としている。スカーレット・ヨハンソンアート・ガーファンクルが復帰後第一弾のアーティストとして契約する。ガーファンクルはSome Enchanted Eveningを2007年1月30日に出した。ヨハンソンはトム・ウェイツの曲のカヴァーを収録したアルバムAnywhere I Lay My Headを2008年5月に発表。

ミュージシャン編集

注:過去に所属していたアーティストも含む。

脚注編集

  1. ^ ブルー・アイド・ソウル・グループのヤング・ラスカルズは特別にアトランティック・レーベルから発売された。
  2. ^ アトコ・レコードでかつて60年代に扱ったイギリスリアクション・レコードポリドール・レコードで発売していたカタログをRSOレコードから再配給した分も含む。

外部リンク編集