アトムス・フォー・ピース

アトムス・フォー・ピース (Atoms For Peace) は、2009年に結成されたロックバンド

アトムス・フォー・ピース
Atoms For Peace
Atoms for peace.jpg
アトムス・フォー・ピース(2010年)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル インディー・ロック
オルタナティヴ・ロック
エレクトロニカ
エクスペリメンタル・ロック
IDM
活動期間 2009年 - 2013年2018年
レーベル XLレコーディングス
共同作業者 レディオヘッドウルトライスタ、Jomoro
メンバー トム・ヨーク
フリー
ナイジェル・ゴッドリッチ
ジョーイ・ワロンカー
マウロ・レフォスコ

レディオヘッドトム・ヨークレッド・ホット・チリ・ペッパーズフリーベックR.E.M.の活動に参加しているジョーイ・ワロンカー、ブラジル人パーカッショニストのマウロ・レフォスコ (フォホー・イン・ザ・ダーク、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、デヴィッド・バーンブライアン・イーノ他)、そして長年レディオヘッドのプロデューサーを務めるナイジェル・ゴッドリッチの5人によるスーパーグループである。

来歴編集

2006年に発表されたトム・ヨークのソロ・アルバム『ジ・イレイザー』のツアーのために結成され[1]2009年10月2日ロサンゼルスにて初ライブを行う。当初は長期的な活動は計画になかったが、「辞めるには楽しすぎる」という理由から翌2010年もライブを継続[2]コーチェラ・フェスティバルフジロック・フェスティバルに出演し、オリジナル曲やジョイ・ディヴィジョンのカヴァー「ラヴ・ウィル・テア・アス・アパート」などを披露した[3]

2011年は表立った活動はなかったが、2012年9月にデビュー・シングル「Default」を発表。同年秋にはデビュー・アルバムのリリースが予告された。

2013年1月にアルバムからの先行シングル「Judge Jury and Executioner」が解禁[4]。2月20日にデビュー・アルバム『アモック』を発表。リリースに先立ってオフィシャルサイトで全曲のストリーミング公開を行った[5]。また、同月22日にロンドンでライブを行い、夏にはヨーロッパ・ツアーに出ることが明らかになった[6]

メンバー編集

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

  • 『アモック』 - Amok (2013年、XL Recordings)

シングル編集

  • "Default" (2012年、XL Recordings)
  • "Judge Jury and Executioner" (2013年、XL Recordings)
  • "Before Your Very Eyes..." (2013年、XL Recordings)

日本公演編集

2010年
フジロックフェスティバル'10[7]

  • 8月1日: グリーン・ステージ

2013年[8]

  • 11月18日、19日: Zepp Namba(サポート・アクト:ANSTAM)
  • 11月21日、22日、23日: 新木場STUDIO COAST(サポート・アクト:ANSTAM)

脚注編集

外部リンク編集