メインメニューを開く

アドブロックまたは広告ブロックとは、インターネット広告ブロッキング(非表示)する行為、およびそれを実現するソフトウェアを指す。

目次

概要編集

アドブロックが行われる理由としては以下のようなものが挙げられる。

仕組み編集

ウェブブラウザはサーバからそのウェブサイトのソースコードを読み込み、それを解釈(レンダリング)し、表示する。

アドブロックはこのレンダリングの前に、ソースコードに対しフィルタリング処理を行い、ソースコードを改変する。フィルタに該当する部分をソースコードから削除し、残った"綺麗"なソースコードのみをレンダリングエンジンに渡す。そうして有害な広告が除去されたウェブページが表示される。

以上のような原理であるため、フィルタリングはいわゆる広告に限らず、特定の要素を持ったコンテンツ(例えば邪魔な画像や追跡要素など)に対しても可能である。

フィルタ編集

企業、グループ、個人などから多くのフィルタがフリーで公開されている。

Easylistがよく知られており、2019年6月現在も活発にサポートが続けられている。各言語圏ごとに専用フィルタも用意されている。

アドブロックの導入編集

標準でアドブロックが搭載されているウェブブラウザ編集

拡張機能(アドオン)でアドブロックを追加できるウェブブラウザ編集

利用状況編集

各国のインターネットユーザーの内ポーランド38%、ドイツ25%,アメリカ24%,イギリス21%,日本10%がアドブロックを使用している[7][7]


出典編集

関連項目編集