アドリア海: Adriatic Sea ; イタリア語: Mar Adriatico ; クロアチア語: Jadransko more)は、地中海の海域の一つ。イタリア半島バルカン半島に挟まれている。

アドリア海
Old town of dubrovnik.jpg
「アドリア海の真珠」ドゥブロヴニク
Adriatic Sea map.png
場所 地中海
座標 北緯43度 東経15度 / 北緯43度 東経15度 / 43; 15座標: 北緯43度 東経15度 / 北緯43度 東経15度 / 43; 15
アルバニア
イタリア
ギリシャ
クロアチア
スロベニア
ボスニア・ヘルツェゴビナ
モンテネグロ
自治体 バーリヴェネツィアトリエステスプリトなど
アドリア海プレート

目次

地理編集

範囲編集

国際水路機関は、地中海の下位区分としてアドリア海を定義している。国際水路機関の定義によれば、その南端は以下の通りである[1]

北部は閉じており、ヴェネツィア湾と呼ばれる。バルカン半島沿岸には、ダルマティア諸島がある。

特徴編集

アドリア海の海港として知られる都市には、ヴェネツィアバーリなどがある。イタリア半島側に位置するルネサンス期のヴェネツィア共和国は、東方との貿易で利益を上げ、「アドリア海の女王」の異名で知られ、現在もその特異な町並みを見ることができる(世界遺産)。

バルカン半島側では、クロアチア沿岸部が複雑な地形をもち、風光明媚な景観を構成している。保養地、景勝地が点在し、中でもドゥブロヴニクは「アドリア海の真珠」と呼ばれる(世界遺産)。

バルカン半島からEU諸国への亡命は、しばしばアドリア海を横断してイタリア経由で行われる。近年はアルバニアの経済破綻による経済難民がイタリア南部に集中して社会問題となった。

ニシン漁やウナギ漁が盛んである。

フォトギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ Limits of Oceans and Seas, 3rd edition”. International Hydrographic Organization. p. 17 (1953年). 2012年4月20日閲覧。

外部リンク編集