メインメニューを開く

アドレナリン:ハイ・ボルテージ』(原題: Crank: High Voltage )は、2009年アメリカ映画2006年の映画アドレナリン』の続編。ビデオ発売時には『アドレナリン2 ハイ・ボルテージ』へと改題された。日本ではR-18指定作品。

アドレナリン:ハイ・ボルテージ
Crank: High Voltage
監督 マーク・ネヴェルダイン
ブライアン・テイラー
脚本 マーク・ネヴェルダイン
ブライアン・テイラー
製作 トム・ローゼンバーグ
ゲイリー・ルチェッシ
スキップ・ウィリアムソン
リチャード・ライト
製作総指揮 マーク・ネヴェルダイン
ブライアン・テイラー
エリック・リード
デヴィッド・スコット・ルービン
マイケル・パセオネック
ピーター・ブロック
マイケル・デイヴィス
出演者 ジェイソン・ステイサム
音楽 マイク・パットン
撮影 ブランドン・トゥロスト
編集 フェルナンド・ヴィレナ
製作会社 レイクショア・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開 イギリスの旗 2009年4月16日
アメリカ合衆国の旗 2009年4月17日
日本の旗 2009年9月26日
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $12,900,000
興行収入 $34,560,577[1]
前作 アドレナリン
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

リッキー・ヴェローナ(ホセ・パブロ・カンティーロ)を殺害し、ヘリからダウンタウンの街なかに落下したシェブ・チェリオス(ジェイソン・ステイサム)は、意識不明の重体のまま中国マフィアに拉致される。3ヶ月後、シェブの心臓はマフィアに持ち去られ、1時間ごとに充電が必要とされる粗悪な人工心臓と取り換えられていた。成り行きから叩き潰した売春宿の娼婦・リア(バイ・リン)や、ヴェローナ一味に殺されたケイロの弟・ヴィーナス(エフレン・ラミレッツ)、そして恋人のイヴ(エイミー・スマート)らの協力を得ながら、中国マフィアの一人から聞き出した「ジョニー・ヴァン」という名前を手がかりに、シェブは自身の心臓の行方を追う。

キャスト編集

カメオ出演編集

スタッフ編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集