アナクサゴラス (クレーター)

アナクサゴラス (Anaxagoras) は、の表側にある大きな衝突クレーターであり、月の北極地域に位置する。月は太陽の光を反射して輝いていると説いたギリシャ哲学者アナクサゴラスにちなんで名づけられた。アナクサゴラスはゴルトシュミットの西側の周壁上に位置しており、ゴルトシュミットの西側の周壁を完全に破壊している。

アナクサゴラス
(Anaxagoras)
Lunar crater Anaxagoras.png
アナクサゴラスの位置(月の表側)
月面座標 座標: 緯度が指定されていません
{{#coordinates:}} 関数に無効な引数が渡されました
直径 51.9 キロメートル
深度 3 km
月面余経度 日の出時点で11°
由来 アナクサゴラス
GPN識別子 252

アナクサゴラスの南南東にはエピゲネス、アナクサゴラスの北西にはムーシュ、アナクサゴラスの西にはフィロラオスが位置しており、アナクサゴラスの真南にはバーミンガムが位置している。

アナクサゴラスには隕石の衝突などによる風化がほとんど見られず、さらに光条を持っていることから、他の多くのクレーターよりも新しい衝突クレーターであるといえる。光条はアナクサゴラスの周壁から900キロメートルを超える範囲に広がっており、プラトンの南にまで及んでいる。

アナクサゴラスの内側のアルベド(太陽光を反射する割合)は他の多くのクレーターよりも高いため、満月の時には地球からアナクサゴラスをはっきりと確認することができる。周壁の内側は勾配のきつい階段状になっており、中央丘はアナクサゴラスのほぼ中心にある。

従属クレーター編集

アナクサゴラスのごく近くにある小さな無名のクレーターについては、アルファベットを付加することによって識別される。

名称 月面緯度 月面経度 直径
A 北緯 72.2 度 西経 6.9 度 18 km
B 北緯 70.3 度 西経 11.4 度 5 km

外部リンク編集