メインメニューを開く

アナスタシア・ミスキナ英語: Anastasia Myskina, ロシア語: Анастасия Андреевна Мыскина, 1981年7月8日 - )は、ロシアモスクワ市出身の女子プロテニス選手。2004年全仏オープン女子シングルス優勝者で、ロシア人の女子テニス選手として初の4大大会優勝を達成した。自己最高ランキングはシングルス2位、ダブルス15位。WTAツアーでシングルス10勝、ダブルス5勝を挙げた。身長174cm、体重59kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

アナスタシア・ミスキナ
Anastasia Myskina
Tennis pictogram.svg
Anastasia Myskina in 2008.jpg
アナスタシア・ミスキナ
基本情報
フルネーム Anastasia Andreyevna
Myskina
国籍 ロシアの旗 ロシア
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
生年月日 (1981-07-08) 1981年7月8日(38歳)
身長 174cm
体重 59kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1995年
引退年 2007年
ツアー通算 15勝
シングルス 10勝
ダブルス 5勝
生涯通算成績 455勝283敗
シングルス 355勝191敗
ダブルス 100勝92敗
生涯獲得賞金 $5,606,725
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(2003・04)
全仏 優勝(2004)
全英 ベスト8(2005・06)
全米 ベスト8(2003)
優勝回数 1(仏1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト4(2005)
全仏 3回戦(2004・06)
全英 3回戦(2006)
全米 1回戦(2003-05)
国別対抗戦最高成績
フェド杯 優勝(2004・05)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 2位(2004年9月13日)
ダブルス 15位(2005年2月21日)

目次

来歴編集

ミスキナはモスクワ市の名門クラブ「スパルタクラブ」で、アンナ・クルニコワエレーナ・デメンチェワと幼なじみだった(3人とも同じ年である)。このクラブは、旧ソビエト連邦時代の名選手オルガ・モロゾワがテニスコーチの夫とともに設立したものである。

2002年に女子テニス世界ランキングを59位から11位に上げ、世界トッププレーヤーの仲間入りをする。20歳を過ぎてからの急成長は、女子プロテニス界では比較的遅い。2003年全豪オープン全米オープンでベスト8に入り、22歳で世界トップ10入りを果たす。全豪オープンの準々決勝では、2003年2004年と2年連続でキム・クライシュテルスに敗退した。

2004年全仏オープンで、アナスタシア・ミスキナはロシア人の女子テニス選手として初の4大大会優勝を達成する。幼なじみのエレーナ・デメンチェワとの「ロシア対決」の決勝は女子テニス史上初の快挙であった。(ロシア人のテニス選手で初の4大大会シングルス優勝者は、1996年全仏オープン男子シングルスを制したエフゲニー・カフェルニコフである。ミスキナは最初の女子シングルス優勝者になった。)

この後、ミスキナはロシア代表選手としてアテネ五輪にも出場したが、女子シングルス準決勝でベルギー代表選手のジュスティーヌ・エナン=アーデンに敗れて「銅メダル決定戦」に回った。2人の準決勝敗退選手によって争われる銅メダル決定戦で、ミスキナはオーストラリア代表選手のアリシア・モリクに 3-6, 4-6 のストレートで敗れ、銅メダルも逃して4位に終わった。

ミスキナの全仏優勝に続いて、ウィンブルドン選手権ではマリア・シャラポワ全米オープンではスベトラーナ・クズネツォワが優勝し、2004年度の4大大会では「3大会連続」でロシア人の女子シングルス優勝者が誕生した。

2005年全豪オープンでダブルスの自己最高成績を出し、同じロシアのベラ・ズボナレワと組んで女子ダブルス4強入りを果たした。ミスキナとズボナレワは、準決勝でスベトラーナ・クズネツォワアリシア・モリクの組に 2-6, 3-6 で敗れた。ところが、全仏オープンでは1回戦でマリア・サンチェス・ロレンツォスペイン)に 4-6, 6-4, 0-6 で敗れ、全仏オープンの大会史上初めて、女子シングルスの前年度優勝者が1回戦で敗退する屈辱をなめた。この後、ミスキナはウィンブルドン2005年2006年で2年連続のベスト8に入ったが、準々決勝では2年連続でアメリ・モレスモに敗れた。

2007年初頭から、ミスキナは左足の故障に悩まされるようになる。2007年全仏オープンの1回戦でメガン・ショーネシーアメリカ)に 1-6, 0-6 で惨敗した試合が、最後のツアー出場になった。2008年4月、彼女はシングルマザーとして長男を出産した。2010年8月には次男を2012年3月には三男を出産。現在はロシアでテレビの仕事を中心に活動している。

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 19回 (10勝9敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 1999年7月18日   パレルモ クレー   アンヘレス・モントリオ 3–6, 7–6(3), 6–2
準優勝 1. 2002年6月16日   バーミンガム   エレナ・ドキッチ 2–6, 3–6
準優勝 2. 2002年6月22日   イーストボーン   チャンダ・ルビン 1–6, 3–6
優勝 2. 2002年9月14日   バイーア ハード   エレニ・ダニリドゥ 6–3, 0–6, 6–2
準優勝 3. 2002年9月29日   ライプツィヒ カーペット (室内)   セリーナ・ウィリアムズ 3–6, 2–6
優勝 3. 2003年2月16日   ドーハ ハード   エレーナ・リホフツェワ 6–3, 6–1
優勝 4. 2003年4月6日   サラソタ クレー   アリシア・モリク 6–4, 6–1
優勝 5. 2003年9月28日   ライプツィヒ カーペット (室内)   ジュスティーヌ・エナン=アーデン 3–6, 6–3, 6–3
優勝 6. 2003年10月5日   モスクワ カーペット (室内)   アメリ・モレスモ 6–2, 6–4
準優勝 4. 2003年11月2日   フィラデルフィア ハード (室内)   アメリ・モレスモ 7–5, 0–6, 2–6
優勝 7. 2004年3月6日   ドーハ ハード   スベトラーナ・クズネツォワ 4–6, 6–4, 6–4
優勝 8. 2004年6月3日   全仏オープン クレー   エレーナ・デメンチェワ 6–1, 6–2
準優勝 5. 2004年8月1日   サンディエゴ ハード   リンゼイ・ダベンポート 1–6, 1–6
優勝 9. 2004年10月17日   モスクワ カーペット (室内)   エレーナ・デメンチェワ 7–5, 6–0
準優勝 6. 2005年8月14日   ストックホルム ハード   カタリナ・スレボトニク 5–7, 2–6
優勝 10. 2005年9月25日   コルカタ カーペット (室内)   カロリナ・スプレム 6–2, 6–2
準優勝 7. 2006年5月27日   イスタンブール クレー   シャハー・ピアー 6–1, 3–6, 6–7(3)
準優勝 8. 2006年6月24日   イーストボーン   ジュスティーヌ・エナン=アーデン 6–4, 1–6, 6–7(5)
準優勝 9. 2006年8月13日   ストックホルム ハード   鄭潔 4–6, 1–6

ダブルス: 6回 (5勝1敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2003年10月5日   モスクワ カーペット (室内)   ベラ・ズボナレワ   ナディア・ペトロワ
  メガン・ショーネシー
3–6, 4–6
優勝 1. 2004年9月19日   バリ ハード   杉山愛   スベトラーナ・クズネツォワ
  アランチャ・サンチェス・ビカリオ
6–3, 7–5
優勝 2. 2004年10月17日   モスクワ カーペット (室内)   ベラ・ズボナレワ   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
6–3, 4–6, 6–2
優勝 3. 2005年9月25日   コルカタ カーペット (室内)   エレーナ・リホフツェワ   ネハ・ウベロイ
  シーカ・ウベロイ
6–1, 6–0
優勝 4. 2005年10月9日   フィルダーシュタット ハード (室内)   ダニエラ・ハンチュコバ   クベタ・ペシュケ
  フランチェスカ・スキアボーネ
6–0, 3–6, 7–5
優勝 5. 2006年5月7日   ワルシャワ クレー   エレーナ・リホフツェワ   アナベル・メディナ・ガリゲス
  カタリナ・スレボトニク
6–3, 6–4

4大大会優勝編集

大会 対戦相手 試合結果
2004年 全仏オープン   エレーナ・デメンチェワ 6-1, 6-2

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 通算成績
全豪オープン A A A 2R QF QF 4R 4R A 14–5
全仏オープン A 1R 1R 1R 2R W 1R 4R 1R 11–7
ウィンブルドン A 3R 2R 3R 4R 3R QF QF A 18–7
全米オープン 2R 1R 1R 3R QF 2R 3R 1R A 10-8

: 2005年全豪3回戦の不戦勝は通算成績に含まない

外部リンク編集