アニキータ・レプニン

アニキータ・イヴァノヴィチ・レプニン公(ロシア語: Аники́та Ива́нович Репни́н1668年 - 1726年7月3日)は、ロシア・ツァーリ国およびロシア帝国の軍人、政治家。レプニン家の出身。

アニキータ・イヴァノヴィチ・レプニン公

生涯編集

1689年にロシアの摂政ソフィア・アレクセーエヴナが陰謀をめぐらしたとき、ピョートル1世至聖三者聖セルギイ大修道院で匿った[1]。その後はアゾフ遠征英語版に参加して将軍に昇進した[1]大北方戦争では主要な戦闘に全て参加したが、1708年のホロウチンの戦い英語版で敗北して降格され、同年のレスナーヤの戦いで汚名返上して許された[1]ポルタヴァの戦いではロシア軍の中央部を率いた[1]。その後はバルト海岸に転じ、1710年にリガを占領した後はその初代総督に就任した[1]

1724年、一時失脚したアレクサンドル・メーンシコフに代わって戦争相に就任した。エカチェリーナ1世によって元帥に叙された[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f Bain, Robert Nisbet (1911). "Repnin" . In Chisholm, Hugh (ed.). Encyclopædia Britannica (英語). 23 (11th ed.). Cambridge University Press. p. 106.