アニバーサリー (映画)

アニバーサリー』 (Anniversary) は、2016年に公開された日本映画

アニバーサリー
Anniversary
監督 佐々木敦規
本広克行
高橋栄樹
萩原健太郎
森谷雄
脚本 三芳和幸
土城温美
狗飼恭子
北川亜矢子
ますもとたくや
製作 赤司竜彦メディコム・トイ
製作総指揮 須賀泉水
出演者 若葉竜也
鈴木福
小橋めぐみ
青木崇高
伊藤万理華乃木坂46
栗原類
中村嘉葎雄
松原智恵子
淵上泰史
入山法子
玉井詩織ももいろクローバーZ
飯塚悟志東京03
川久保拓司
中村靖日
音尾琢真
上地春奈
永野宗典
本多力
トータス松本
音楽 トータス松本
by the courtesy of WARNER MUSIC JAPAN INC.
主題歌 トータス松本「ふたりディ!」
制作会社 プロダクション I.G、アットムービー
配給 ティ・ジョイ
公開 2016年10月22日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

概要編集

“記念日=アニバーサリー”をテーマに幅広い分野で活躍する監督陣と脚本陣がタッグを組み、5つの物語を紡ぐ、メディコム・トイ設立20周年アニバーサリー映画。

監督陣には、「踊る大捜査線」の本広克行監督、ももいろクローバーZのLIVE演出などを手掛ける佐々木敦規監督、THE YELLOW MONKEYやAKB48などのMVを手掛ける高橋栄樹監督、萩原健太郎監督、森谷雄監督、計5名の監督がメガホンをとった意欲作! [1][2]

ストーリー編集

「ハッピーバースデー」 [1]

監督:佐々木敦規 脚本:三芳和幸
出演:若葉竜也、鈴木 福、玉井詩織(ももいろクローバーZ)、飯塚悟志(東京03) ほか

チンピラの健司(若葉竜也)が、スーパーで万引きをしようとしている所、
小学生の大輝(鈴木福)と出会う。健司は、万引きが店員に見つかり、追いかけられ逃げ惑う。
そんな時、車の中から大輝に手招きされ、思わずその車に飛び乗る健司。
そして、大輝に言われるがままに車を発進させることになるが…。

「生日快樂十分幸福」[1]

監督:本広克行 構成:土城温美
出演:小橋めぐみ、青木崇高

とある映画監督(青木崇高)が”アニバーサリー”をテーマにした映画を撮る為に、台湾へやってきたが、全く内容が決まっていない!
そんな彼の元に一人の女性(小橋めぐみ)が現れる。彼女を主人公にした映画を撮ろうと決めるのだが…。

「記念日が行方不明」[1]

監督:高橋栄樹 脚本:狗飼恭子
出演:伊藤万理華(乃木坂46)、栗原 類、川久保拓司、中村靖日 ほか

絢子(伊藤万理華(乃木坂46))の手帳にはたくさんの記念日が書いてある。
初めてチョコミントを食べた日、初めて告白された記念日、インコを飼育し始めた日なども書かれている。
しかし、今日の日付の欄だけ、ぽつんと空欄になっている。記念日が一つもない日なんてあるはずがないのに。
ふと気付くと絢子は知らない列車に乗っていた。そして、怪しい男(栗原類)に案内されながら不思議な旅が始まった—。

「五十年目のシンデレラ」[1]

監督:萩原健太郎 脚本:土城温美
出演:中村嘉葎雄、松原智恵子、音尾琢真

「見せたいところがあるんです」と年老いた男(中村嘉葎雄)は、上品そうな女性(松原智恵子)と共にゆっくりと歩き出す。
年老いた男は公園、美容室、肉屋などを紹介しながら、こじんまりとした街の中を歩き続ける。
そして、二人は匂いに誘われてとある喫茶店に入り、一杯ずつコーヒーを飲むのだが…。

「#地上300mのタダオ」[1]

監督:森谷雄 脚本:北川亜矢子
出演:淵上泰史、入山法子、上地春奈、永野宗典、本多 力

売れない芸人の忠雄(淵上泰史)とデザイナーの晴子(入山法子)は、付き合い始めて5年になる。
そして、5年目の記念日にひょんなことから喧嘩をしてしまい、忠雄は家を出て行ったきり、戻ってこなくなる。
数日後、晴子の元に忠雄から「大事な話があるから、朝一で栃木に来て欲しい」と連絡があるが…。

キャスト編集

スタッフ編集

主題歌編集

出品映画祭編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f 作品紹介”. www.anniversary-movie.com. 2020年1月14日閲覧。
  2. ^ 今が、未来につながる日。『Anniversary』MOVIE”. 2020年1月14日閲覧。

外部リンク編集