アニミズム英語: animism)とは、生物無機物を問わないすべてのものの中に霊魂、もしくはが宿っているという考え方。19世紀後半、イギリス人類学者エドワード・バーネット・タイラーが著書『原始文化』(1871年)の中で使用し定着させた。

19世紀のオジブワの5人の酋長。オジブワの宗教を人類学的に研究したことで「新しいアニミズム」が生まれた。

語源編集

この語はラテン語アニマ(anima)に由来し、「気息・霊魂・生命」といった意味である。

日本語では汎霊説精霊信仰地霊信仰などと訳されている。

世界観編集

タイラーはアニミズムを「霊的存在への信仰」とし、宗教的なるものの最小限の定義とした。彼によれば諸民族の観念は人格を投影したものという(擬人化擬人観エウヘメリズム)。現在でもこの語は宗教学で触れる際など抜きにしては考えられない語であるが、一方タイラーのアニミズム観に対してはマレット (Robert Ranulph Marettが「未開」民族の間では人格性を欠いた力あるいは生命のような観念もあるとし、そのアニミズム以前の状態をプレアニミズム(pre-animism)と呼び、同様の概念はアニマティズム(animatism)、ヴァイタリズム(vitalism)、ダイナミズム(dynamism)などとも称された。また研究姿勢に対しては類推的であるとか、進化主義的であるなどの批判もされる。

分類編集

原始宗教型編集

原始・未開社会で行われる宗教の超自然観はアニミズム的であり、霊的存在に対して呪術的にかかわる。特定の開祖がなく、儀礼が公的に行われる。法・政治・経済・道徳・慣習などと密接にかかわり、祭政が一致し、祭と経済的活動が同一の場で行われ、タブー(禁忌)が法的または道徳的観念・行動と重なる。多くの民族宗教が類似する特徴を保持する[1][2]

亡霊崇拝型・恐怖型編集

死者となった祖先の霊魂の存在を認めて、たたりを恐れ崇拝の対象とし、あるいは守護を願う死霊崇拝は未開宗教におけるアニミズムの一形態とされている[3]。死を霊魂の永久離脱として他界に赴くが、死霊や動物霊は定められたときにこの世を訪れ、人に憑いて健康を損なわせるとされる。狐憑き、ヤコツキ、オサキツキは動物霊憑依の例である[4]

日本神話では神代紀の天鈿女命、崇神紀の倭迹迹日百襲姫命、仲哀紀の神功皇后などが突然神がかり(憑依)して、狂躁乱舞するなどして祟りが表現されてきた[5]

未開社会ではシャーマンによる呪術が行われるが、日本では怨霊のたたりをしずめるために神社を建て、神として祀った[6]

新宗教の多くが不幸を「先祖たたり」などの因縁話として、先祖供養や呪詛霊の除霊、鎮魂をすすめている[7]。地鎮祭(鎮魂)の費用、先祖供養の祈祷料、玉串料などが慣習として神社に支払われることがある。

警視庁などでは「玄関に入ってすぐ悪霊がついているとわかった」「悪霊がついて次々に不幸なことがおこります。」「このつぼは悪霊を取り除く力があります。」等の霊感商法悪徳商法の一種として定義している[8]

宗教人類学型編集

宗教人類学において、アニミズムとは多くの先住部族の信仰体系を表す言葉であり[9]、特に最近になって発展した組織宗教(キリスト教、ユダヤ教、イスラム教、バハーイー教、仏教、シク教等)との比較対照のために用いられてきた[10]。アニミズムは人類学者のエドワード・バーネット・タイラーが1871年に発表した著書『未開文化(英:Primitive Culture)』[11]の中で、「魂やその他の精神的な存在全般に関する一般的な教義」と定義された。

タイラーにとってアニミズムは最も初期の宗教の形態であり、段階的に発展してきた宗教の進化の枠組みの中に位置し、最終的には人類が科学的合理性を求めて宗教を完全に拒絶することになると考えた[12]。 このようにタイラーにとってアニミズムとは、すべての宗教が成長する元凶となった基礎的な誤りであった[12]

アニミズムの進化論的解釈は各方面で批判されており、今日では問題外と考えられている[4]

特徴編集

 
様々な文化圏の人物が仲介者のような役割を果たしている様子を描いた作品、文献上では「シャーマン」と呼ばれることが多い。

アニミズムが単に単一の広範な宗教的信念であるのか[13]、あるいは世界中の様々な文化圏で見られる多くの多様な神話からなるそれ自体が一つの世界観であるのか[14] については、意見の相違が続いている(一般的なコンセンサスは得られていない)。 このことはまた、アニミズムが倫理的な主張をするのかしないのか、あるいはアニミズムが倫理の問題を完全に無視するのかという論争を引き起こしている[15]

汎神論との違い編集

アニミズムは汎神論とは異なるが、この2つは混同されることがある。主な違いの一つは、アニミズムは、すべてのものが精神的な性質(魂、霊等)を持つと信じるが、汎神論者のように、存在するすべてのものの精神的本質が統一されているとは考えていないことである(一元論)。アニミズムでは個々の魂の独自性を前提とするが、汎神論では、すべてのものは、それぞれの精神や魂を持つのではなく、同じ本質(英:essence、ラテン:essentia)を共有している[16][17]

汎心論との違い編集

アニミズムはすべてのものに魂があると主張し、物活論はすべてのものが生きていると主張する。[18]:149[19] こうした立場を汎心論と解釈することについては、現代の学術界では支持されていない[20]。現代の汎心論者は、この種の理論から距離を置こうとしており、経験の遍在性と心や認知の遍在性との間に区別をつけるように注意している[21][22]

呪いへの崇拝編集

呪力崇拝
動植物やその他の事物に人格的な霊魂、霊神が宿るとするアニミズムは、非人格的な超常現象、超自然的な呪力を崇拝するマナイズム(呪力崇拝)とは区別される[23][24]
呪物崇拝
呪物崇拝(フェティシズム)は未開社会、古代社会、未開宗教にみられる信仰で、呪物が人間に禍福をもたらすと信じて儀礼の対象とすることである[25][26]。人工物や簡単に加工した自然物に対する崇拝の総称とされており[27]、アニミズムとも深い関わりを持つ[4]

現存する文化におけるアニミズム編集

 
バングラディシュのディナジュプール地区のサンタル村にある聖地。
  • アニート(「祖先の霊」の意):ババイランと呼ばれる女性または女性化した男性シャーマンに率いられたフィリピンの様々な先住民族のシャーマニズム民俗宗教。物質世界とともに存在し、物質世界と相互作用する精神世界への信仰や、岩や木、動物や人間、自然現象に至るまで、すべてのものに精神があるという信仰を含む[28][29]
  • ドラヴィダの民俗宗教(原始シャイヴァ教/民俗シャイヴァ教):ドラヴィダ民族の伝統的なアニミズム、多神教、一部シャーマニズムの民俗宗教。
  • ヴェーダ教と非ヴェーダ系アニミズム:ジャイナ教や仏教が導入される以前のアーリア人やその他の北インド人の伝統的なアニミズム、多神教、一部シャーマニズムの民俗宗教。現在のヒンドゥー教は歴史的なヴェーダ教とは明らかに異なった別宗教ではあるが、ヒンドゥー教を形成した伝統の一つである[note 1]
  • パキスタン北部のカラシュ族は、古代のアニミズム宗教を信仰している[30]
  • 韓国シャーマニズム(MuまたはMuismとしても知られている)は多くのアニミズム的側面を持っている[31]
  • ムン(MunismまたはBongthingismとしても知られる):レプチャ族の伝統的な多神教、アニミズム、シャーマニズム、シンクレティックな宗教[32][33][34]
  • エコペイガンを含むいくつかのネオペイガンのグループは自分たちをアニミズムと表現しているが、これは人間が世界や宇宙を共有している多様な生物や精霊のコミュニティを尊重していることを意味している[35]
  • ニューエイジ運動は、自然の精霊の存在を主張するアニミズム的な特徴をよく示している[36]
  • 神道(琉球宗教を含む):日本の伝統的な民間宗教で、多くのアニミズム的な側面を持っている[37]梅原猛はタイラーの原始宗教の学説を認めて日本の神道や仏教が原始宗教であるアニミズムの原理に従っているとしたが、アニミズムを人類にとって必要な世界観と主張した[38]
  • アフリカの伝統的宗教:サハラ以南のアフリカのほとんどの宗教的伝統で、基本的に多神教的・シャーマニズム的要素や祖先崇拝を含むアニミズムの複雑な形態が保持されている[39]
  • 北アフリカの伝統的なベルベル人の宗教とイスラム教以前のアラブ人の宗教:ベルベル人とアラブ人の伝統的な多神教、アニミズム、まれにシャーマニズムの宗教。

トーテミズム編集

トーテミズムはアニミズムと深くかかわっているとされる[4]。多くのアニミズム的世界観では、人間は他の動物や植物、自然の力とほぼ同等の立場にあるとみなされることが多い[40]

シャーマニズム編集

 
1922年、フィリピンのイトネグ族の女性シャーマンが、ピナリングと呼ばれる水に溶けた石に宿る村の守護アニト、アプデルに供え物をしている写真。[41]

シャーマンとは、善霊や悪霊の世界にアクセスし、影響力を持つと考えられている人のことで、典型的には儀式の際にトランス状態に入り、占いやヒーリングを行う人のことである[42]

ミルチャ・エリアーデによれば、シャーマニズムは、シャーマンが人間界と霊界の間の仲介者またはメッセンジャーであるという前提を包含している。シャーマンは、魂を修復することで病気や疾患を治療すると言われている。魂や精神に影響を与えたトラウマを和らげることで、個人の肉体のバランスと完全性を取り戻す。シャーマンはまた、コミュニティを悩ませている問題の解決策を得るために、超自然的な領域や次元に入る。シャーマンは、迷える魂に導きを与えたり、異質な要素による人間の魂の病気を改善するために、他の世界や次元を訪れることもある。シャーマンは主に精神世界で活動し、それが人間世界に影響を与える。バランスを回復することで、病気が解消すると主張する[43]

エイブラムは、エリアーデが提唱したシャーマンの役割について超自然的ではなく、より生態学的な理解を明確にしている。インドネシアネパール、アメリカ大陸での自らのフィールド・リサーチに基づいて、エイブラムは、アニミズム文化において、シャーマンは主に、人間社会と、人間以上に活動的な機関である地域の動物、植物、地形(山、川、森、風、天候パターン、これらすべてには固有の感覚があると考えられている)との間の仲介者として機能することを示唆している。したがって、人間社会における個々の不調(バランスの崩れ)を癒すシャーマンの能力は、人間社会と、その社会が組み込まれている生物のより広い集合体との間の互恵関係のバランスをとるという、より継続的な実践の副産物だとする。

アンダマン諸島の宗教編集

アンダマン諸島の人々の宗教は「アニミズム的一神教」とも言われ、宇宙を創造したパルガという唯一の神を第一に信じている[44]。パルガは自然現象を擬人化したものとして知られている[45]

アブラハムの宗教編集

旧約聖書知恵文学では神の遍在性(Omnipresence)(エレミヤ書23:24)(箴言15:3)(列王記8:27)が説かれているが、キリスト教神学者マーク・ワラスは動物、木、岩など、地球上のすべてのものに神が存在すると論じている[46]

関連書籍編集

  • Michaels, Axel (2004). Hinduism. Past and present. Princeton, New Jersey: Princeton University Press 
  • Lonie, Alexander Charles Oughter (1878). "Animism" . In Baynes, T. S. (ed.). Encyclopædia Britannica (英語). 2 (9th ed.). New York: Charles Scribner's Sons. pp. 55–57.
  • Harvey, Graham (2005). Animism: Respecting the Living World. London: Hurst & Co. ISBN 978-0-231-13701-0 
  • Nelson, John K. (1996). A Year in the Life of a Shinto Shrine. Seattle and London: University of Washington Press. ISBN 978-0-295-97500-9. https://archive.org/details/yearinlifeofs00nels 
  • Nelson, John K. (2000). Enduring Identities: The Guise of Shinto in Contemporary Japan. Honolulu: University of Hawai'i Press. ISBN 978-0-8248-2259-0 
  • Picken, Stuart D. B. (1994). Essentials of Shinto: An Analytical Guide to Principal Teachings. Westport and London: Greenwood. ISBN 978-0-313-26431-3 
  • Picken, Stuart D. B. (2011). Historical Dictionary of Shinto (second ed.). Lanham: Scarecrow Press. ISBN 978-0-8108-7172-4 
  • 小学館「アニミズム」 『日本大百科全書(ニッポニカ)』小学館、コトバンク、2021d。  日本大百科全書(ニッポニカ)『アニミズム』 - コトバンク
  • 小学館「死霊崇拝」 『精選版 日本国語大辞典』小学館、コトバンク、2021a。  精選版 日本国語大辞典『死霊崇拝』 - コトバンク
  • 小学館「原始宗教」 『日本大百科全書(ニッポニカ)』小学館、コトバンク、2021b。  日本大百科全書(ニッポニカ)『原始宗教』 - コトバンク
  • 小学館「原始宗教」 『デジタル大辞泉』小学館、コトバンク、2021c。  デジタル大辞泉『原始宗教』 - コトバンク
  • 平凡社「神がかり」 『世界大百科事典 第2版』平凡社、コトバンク、2021b。  世界大百科事典 第2版『神がかり』 - コトバンク
  • ブリタニカ・ジャパン「自然崇拝」 『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』ブリタニカ・ジャパン、コトバンク、2021a。  ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『自然崇拝』 - コトバンク
  • ブリタニカ・ジャパン「精霊崇拝」 『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』ブリタニカ・ジャパン、コトバンク、2021a。  ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『精霊崇拝』 - コトバンク
  • ブリタニカ・ジャパン「怨霊」 『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』ブリタニカ・ジャパン、コトバンク、2021c。  ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『怨霊』 - コトバンク
  • 平凡社「先祖供養」 『世界大百科事典 第2版』平凡社、コトバンク、2021c。  世界大百科事典 第2版『先祖供養』 - コトバンク
  • 小学館「呪物崇拝」 『精選版 日本国語大辞典』小学館、コトバンク、2021e。  精選版 日本国語大辞典『呪物崇拝』 - コトバンク
  • 小学館「呪物崇拝」 『デジタル大辞泉』小学館、コトバンク、2021f。  デジタル大辞泉『呪物崇拝』 - コトバンク
  • 小学館「フェティシズム」 『精選版 日本国語大辞典』小学館、コトバンク、2021g。  精選版 日本国語大辞典『フェティシズム』 - コトバンク

ノート編集

  1. ^ Michaels (2004, p. 38): "ヒンドゥー教におけるヴェーダ宗教の遺産は、一般的に過大評価されている。神話の影響は確かに大きいのだが、宗教用語は様変わりした。ヒンドゥー教の主要な用語はすべて、ヴェーダには存在しないか、まったく異なる意味を持つ。ヴェーダの宗教は、行為の報いを伴う倫理的な魂の移動(karma)、周期的な世界の破壊、一生の間の救済の考え(jivanmukti; moksa; nirvana)を持たない。世界を幻影とみなす考え(maya)は、古代インドの風潮に反しており、全能の創造神はリグ・ヴェーダの後期の賛美歌にのみ登場する。またヴェーダ宗教には、カースト制度、未亡人の火葬、再婚の禁止、神々の像や寺院、プージャ礼拝、ヨーガ、巡礼、菜食主義、牛の神聖さ、人生の段階の教義(asrama)などが知られておらず、あるいはそれらが始まったときにしか知られることは無かった。このように、ヴェーダ宗教とヒンドゥー宗教の間には転換点があると考えるのが妥当であろう。"
    Vedic Hinduism”. Harvard University. pp. 3 (1992年). 2021年6月29日閲覧。: "... これらをベーダ系ヒンドゥー教と呼ぶのは形容矛盾(撞着語法)といっても良い。なぜなら、ヴェーダ宗教は、一般にヒンドゥー教と呼ばれているものとは非常に異なっているからだ。少なくとも、古ヘブライ語の宗教が中世や現代のキリスト教の宗教とは異なるのと同様である。しかし、ヴェーダ宗教は、ヒンドゥー教の前身として扱うことができる。"
    See also Halbfass 1991, pp. 1–2

脚注編集

  1. ^ 小学館 2021b, p. 「原始宗教」.
  2. ^ 小学館 2021c, p. 「原始宗教」.
  3. ^ 小学館 2021a, p. 「死霊崇拝」.
  4. ^ a b c d 小学館 2021d, p. 「アニミズム」.
  5. ^ 平凡社 2021b, p. 「神がかり」.
  6. ^ ブリタニカ・ジャパン 2021c, p. 「怨霊」.
  7. ^ 平凡社 2021c, p. 「先祖供養」.
  8. ^ 悪質商法 警視庁
  9. ^ Hicks, David (2010). Ritual and Belief: Readings in the Anthropology of Religion (3 ed.). Rowman Altamira. p. 359. "Tylor's notion of animism—for him the first religion—included the assumption that early Homo sapiens had invested animals and plants with souls ..." 
  10. ^ Animism”. ELMAR Project (University of Cumbria) (1998–1999). 3- June 2021閲覧。
  11. ^ EB (1878).
  12. ^ a b Harvey 2005, p. 6.
  13. ^ David A. Leeming; Kathryn Madden; Stanton Marlan (6 November 2009). Encyclopedia of Psychology and Religion. Springer. p. 42. ISBN 978-0-387-71801-9. https://books.google.com/books?id=g0QQtlJSyOEC&pg=PA42 
  14. ^ Harvey (2006), p. 6.
  15. ^ Edward Burnett Tylor (1920). Primitive culture: researches into the development of mythology, philosophy, religion, language, art, and custom. J. Murray. p. 360. https://books.google.com/books?id=5tOAAAAAMAAJ&pg=PA360 
  16. ^ Harrison, Paul A. 2004. Elements of Pantheism. p. 11.
  17. ^ McColman, Carl. 2002. When Someone You Love Is Wiccan: A Guide to Witchcraft and Paganism for Concerned Friends, Nervous parents, and Curious Co-Workers. p. 97.
  18. ^ Skrbina, David. (2005). Panpsychism in the West. MIT Press. 0-262-19522-4
  19. ^ Carus, Paul. (1893). "Panpsychism and Panbiotism." The Monist. Vol. 3, No. 2. pp. 234–257. JSTOR 27897062
  20. ^ Panpsychism”. Internet Encyclopedia of Philosophy. 2019年5月1日閲覧。
  21. ^ Goff, Philip; Seager, William; Allen-Hermanson, Sean (2017). "Panpsychism". In Zalta, Edward N. (ed.). Stanford Encyclopedia of Philosophy. 2018年9月15日閲覧
  22. ^ Chalmers, David (2017). "The Combination Problem for Panpsychism" (PDF). In Brüntrup, Godehard; Jaskolla, Ludwig (eds.). Panpsychism: Contemporary Perspectives. New York: Oxford University Press. pp. 179–214. 2019年4月28日閲覧
  23. ^ ブリタニカ・ジャパン 2021a, p. 「自然崇拝」.
  24. ^ ブリタニカ・ジャパン 2021b, p. 「精霊崇拝」.
  25. ^ 小学館 2021e, p. 「呪物崇拝」.
  26. ^ 小学館 2021f, p. 「呪物崇拝」.
  27. ^ 小学館 2021g, p. 「フェティシズム」.
  28. ^ Scott, William Henry (1994). Barangay: Sixteenth century Philippine culture and society. Quezon City: Ateneo de Manila University Press. ISBN 978-9715501354. https://archive.org/details/BarangaySixteenthCenturyPhilippineCultureAndSociety 
  29. ^ Demetrio, Francisco R.; Cordero-Fernando, Gilda; Nakpil-Zialcita, Roberto B.; Feleo, Fernando (1991). The Soul Book: Introduction to Philippine pagan religion. Quezon City: GCF Books. ASIN B007FR4S8G 
  30. ^ Zeb, Alam, et al. (2019). "Identifying local actors of deforestation and forest degradation in the Kalasha valleys of Pakistan." Forest Policy and Economics 104: 56–64.
  31. ^ Lee, Peter H.; De Bary, Wm. Theodore (1996). Sources of Korean tradition. New York: Columbia University Press. ISBN 0-231-10566-5. OCLC 34553561 
  32. ^ Bareh, Hamlet, ed. (2001). "Sikkim". Encyclopaedia of North-East India. 7. Mittal Publications. pp. 284–86. ISBN 81-7099-787-9
  33. ^ Torri, Davide (2010). “10. In the Shadow of the Devil: Traditional patterns of Lepcha culture reinterpreted”. In Ferrari, Fabrizio. Health and Religious Rituals in South Asia. Taylor & Francis. pp. 149–156. ISBN 978-1-136-84629-8. https://books.google.com/books?id=OyKFM2qrNUEC 
  34. ^ West, Barbara A., ed (2009). Encyclopedia of the Peoples of Asia and Oceania. Facts on File Library of World History. Infobase Publishing. p. 462. ISBN 978-1-4381-1913-7. https://books.google.com/books?id=pCiNqFj3MQsC 
  35. ^ Pizza, Murphy, and James R. Lewis. 2008. Handbook of Contemporary Paganism. pp. 408–09.
  36. ^ Hanegraaff, Wouter J. 1998. New Age Religion and Western Culture. p. 199.
  37. ^ Nelson 1996, p. 7; Picken 2011, p. 40.
  38. ^ 梅原 猛、国際日本文化研究センター紀要巻1,1989-05-21, p.13-23
  39. ^ Vontress, Clemmont E. (2005). Integrating Traditional Healing Practices into Counseling and Psychotherapy. SAGE Publications, Inc.. pp. 124–137. https://sk.sagepub.com/books/integrating-traditional-healing-practices-into-counseling-and-psychotherapy/n11.xml 
  40. ^ Fernandez-Armesto, Felipe (2003). Ideas that Changed the World. Dorling Kindersley, p. 138.
  41. ^ Fay-Cooper Cole; Albert Gale (1922). “The Tinguian; Social, Religious, and Economic life of a Philippine tribe”. Field Museum of Natural History: Anthropological Series 14 (2): 235–493. https://archive.org/details/tinguiansocialre142cole. 
  42. ^ "Shaman." Lexico. Oxford University Press and Dictionary.com. Retrieved 25 July 2020.
  43. ^ Eliadem Mircea. 1972. Shamanism: Archaic Techniques of Ecstasy, Bollingen Series LXXVI. Princeton University Press. pp. 3–7.
  44. ^ Radcliffe-Brown, A. R. (14 November 2013). The Andaman Islanders. Cambridge University Press. p. 161. ISBN 978-1-107-62556-3.
  45. ^ https://www.webindia123.com/territories/andaman/people/intro.htm
  46. ^ Theologian Mark Wallace Explores Christian Animism in Recent Book” (英語). www.swarthmore.edu (2020年10月15日). 2020年12月8日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集