メインメニューを開く

アニメ!!パンチは、日刊スポーツで掲載されているアニメの専門記事である。2010年4月の日刊スポーツの紙面リニューアルの際、日刊スポーツ東京版で掲載が始まり、2011年5月からは西日本版でも掲載が始まった。アニメだけでなく、アニメソング声優の記事も掲載されることがある。

過去の特集編集

  1. 東京国際アニメフェア大盛況/「声優界の歌姫」水樹奈々インタビュー/紅白歌合戦にも出場 水樹奈々とは (2010年4月22日)
  2. 機動戦士ガンダム・ガンプラ30周年/7月24日はガンプラ誕生日/西川貴教がスペシャルサポーターに (4月29日)
  3. 声優アワード主演男優賞の小野大輔「これが転職」/小野大輔の初主演は「AIR」/話題のサッカーアニメ「ジャイアントキリング」/NHKで等身大の若者描く本格派アニメが続々放映 (5月13日)
  4. 「アニソンの女王」高橋洋子 エヴァンゲリオンを歌い続ける/慟哭へのモノローグ~黄金コンビで新たな世界観/「第3新東京市」でエヴァ上映イベント (5月20日)
  5. 2日間で5000人が熱狂!アニソンの祭典世界へ発信/ELISAインタビュー/「ガンダム SUPER EXPO 東京2010」を正式発表 (6月3日)
  6. 新時代特撮「プランゼット」粟津順監督が魅力語る/人気声優・宮野真守&石原夏織インタビュー/「無敵!夏休み」(腐男塾) (6月17日)
  7. 4作連続ポケモン劇場版出演!しょこたんインタビュー/田村ゆかり横浜アリーナライブがDVDに/ELISA「Anime Songs Night」に出演 (7月1日)
  8. 水樹奈々「一緒に歌おう」、西武ドーム2日間ライブ/NHKで放映!奇跡の「なのはコラボ」/期間限定!秋葉原に「マクロスF」ショップ (7月15日)
  9. 仲間と作ろう!「新ガンプラ」/NHK「新世紀アニソンスペシャル」は強力出演人/「ELISA店長/アニメイトのうた」を限定発売  (7月29日)
  10. 銀河鉄道999」にラジオドラマがあった/杏がメーテルに変身/水樹奈々ライブに5万5000人@西武ドーム (8月5日)
  11. ガンダム SUPER EXPO 東京2010  (8月26日)
  12. 女性限定!「アニサマ Girls Night」を初開催/麻生夏子 アニサマ出演を心待ち/影山水樹らが熱唱!アニメロサマーライブ (9月9日)
  13. 劇場版 機動戦士ガンダム00」は魅力たっぷり/宮野真守が「劇場版 機動戦士ガンダム00」を語る/「機動戦士ガンダム00」イベントに1万2000人 (9月16日)
  14. 2人のかけあい生き生き【日野聡阿部敦】/八雲とともに自分も成長【小野大輔】/キャラクターの生き様を見て【宮野真守】 (9月30日)
  15. 史上初の声優4人対談!水樹水沢桑島久川 (10月21日)
  16. 9nineが新曲「Cross Over」を生披露 (11月4日)
  17. 戦場のヴァルキュリア3」発表会に浅野真澄ら登場 (11月11日)
  18. 小野大輔登場に、アニメファンから熱狂的な歓声 (12月2日)
  19. フラクタル主人公フリュネ役・津田美波 (2011年1月13日)

アニ★グラ編集

2010年4月から半年にわたって掲載された。東京のテレビ局のアナウンサー持ち回りのコラム「アナ★グラ」の後継ぎでスタート。
文化放送の全面バックアップとなり、文化放送や超!A&G+で番組を担当する声優がピックアップされ、5週間でローテーションされる。また、本人がラジオ番組を担当する曜日で配列されている。

新聞休刊日の場合でも、駅売店・コンビニでの即売版で通常通り掲載される。ただし、2011年1月2日はすべて休刊になるため、1月1日付に土曜担当と日曜担当が掲載した。なお、5周目の途中で東日本大震災東北地方太平洋沖地震)が発生し、3月11日付を最後に残り2週間を残して当時の紙面の都合で休止、1週間後にそのまま終了となった。

担当者 担当曜日 担当期間 担当番組
1周目(2010年11月5日 - 12月9日)
平野綾 毎週金曜日 2010年11月5日 - 12月3日 -
浅野真澄 毎週土曜日 2010年11月6日 - 12月4日 A&G 超RADIO SHOW〜アニスパ!〜
文化放送超!A&G+
堀江由衣 毎週日曜日 2010年11月7日 - 12月5日 堀江由衣の天使のたまご
(文化放送)
阿澄佳奈 毎週月曜日 2010年11月8日 - 12月6日 阿澄佳奈 星空ひなたぼっこ
(超!A&G+)
bamboo
(milktub)
毎週火曜日 2010年11月9日 - 12月7日 じゅうはちキン!-自由ではちゃめちゃRockin' Radio-
(超!A&G+)
小林ゆう 毎週水曜日 2010年11月10日 - 12月8日 小林ゆうの(仮)
(超!A&G+)
豊崎愛生 毎週木曜日 2010年11月11日 - 12月9日 豊崎愛生のおかえりらじお
(超!A&G+)
2周目(2010年12月10日 - 2011年1月13日)
加藤英美里 毎週金曜日 2010年12月10日 - 2011年1月7日 A&G GAME MASTER GT-R
(超!A&G+)
南里侑香 毎週土曜日 2010年12月11日 - 2011年1月8日 侑香とアイラのRadioはこいり姫
(超!A&G+)
日髙のり子 毎週日曜日 2010年12月12日 - 2011年1月9日 ノン子とのび太のアニメスクランブル
(超!A&G+)
竹達彩奈
沼倉愛美
毎週月曜日 2010年12月13日 - 2011年1月10日 竹達・沼倉の初めてでもいいですか?
(超!A&G+)
高橋美佳子 毎週火曜日 2010年12月14日 - 2011年1月11日 高橋美佳子の の〜ぷらんでいこう♪
(超!A&G+)
花澤香菜 毎週水曜日 2010年12月15日 - 2011年1月12日 花澤香菜のひとりでできるかな?
(超!A&G+)
高垣彩陽 毎週木曜日 2010年12月16日 - 2011年1月13日 高垣彩陽のあしたも晴レルヤ
(超!A&G+)
3周目(2011年1月14日 - 2011年2月17日)
松来未祐 毎週金曜日 2011年1月14日 - 2月11日 (有)チェリーベル
(超!A&G+)
日笠陽子 毎週土曜日 2011年1月15日 - 2月12日 A&G REQUEST デジスタ
(超!A&G+)
宮野真守 毎週日曜日 2011年1月16日 - 2月13日 朴璐美・宮野真守のJOY SOUNDファイト!
(文化放送)
azusa 毎週月曜日 2011年1月17日 - 2月14日 A&G ARTIST ZONE 2h MONDAY
(超!A&G+)
後藤邑子 毎週火曜日 2011年1月18日 - 2月15日 超!A&G+ライブラリー「ホンバン。」
(超!A&G+)
虎南有香 毎週水曜日 2011年1月19日 - 2月16日 リッスン? 〜Live 4 Life〜 水曜日
(文化放送)
黒崎真音 毎週木曜日 2011年1月20日 - 2月17日 「A&G ARTIST ZONE 2h THURSDAY」
(超!A&G+)

アニグラSP編集

アニグラ終了後、2011年5月より月曜日~金曜日限定で復活したコラムコーナー。2013年4月の紙面構成改定で各曜日とも2013年3月最終週に終了した。

開始当初は月曜日・火曜日・木曜日はアニメ・アニラジ業界の現場最前線からの生情報、水曜日がLISPの情報、金曜日は週末お勧めアニメ映画情報を掲載していたが、2011年8月より火曜日は日テレで2011年7月より毎週土曜日深夜放送の「スフィアクラブ」と連動した「スフィアクラブ・シツ」、水曜日はテレビアニメロウきゅーぶ!から生まれたユニットRO-KYU-BU!をフィチャーした紙面、木曜日はEテレにて2011年10月スタートのテレビアニメファイ・ブレインを特集した紙面に変更されている。土曜日・日曜日は日刊スポーツの紙面構成が月曜日~金曜日と異なるため掲載されていない。

なお、11月28日~しばらくの間上記曜日別コラムを一時休載して映画・「けいおん!」特集の期間限定5曜日ぶち抜き企画で掲載していた。12月19日~各曜日のコラムが再開されるも火曜日の「スフィアクラブ・シツ」は「スフィアクラブ」の放送終了とともに2012年1月31日で連載終了し、2012年2月7日~は超!A&G+にて平日夕方5時~6時生放送中の「A&G NEXTGENERATION LadyGo!!」の各パーソナリティをピックアップした「素顔のLadyGo!!」に、水曜日も2012年3月7日で「RO-KYU-BU!」をフィチャーした連載が終了し、2012年3月14日より2012年4月スタートの新番アニメ「アクセル・ワールド」をフィチャーした連載、木曜日も「ファイ・ブレイン」の連載を中断して2012年6月7日よりにTVアニメ「キング・ダム」をフィチャーした連載にそれぞれ変更している。しかし、西日本地区は諸般の事情(名古屋支社・大阪本社・西部本社内の紙面構成上の都合)で、2012年3月30日を持ってアニグラSPは一旦連載終了となったが、北海道・東北・東日本と静岡エリアは紙面継続となり、2012年4月2日よりカラーでの掲載に変更となっている。西日本エリアの日刊スポーツ読者でもバッグナンバーによる取り寄せで閲覧は可能である。

アニメ!!パンチ編集

アニグラSPの終了に伴い、2013年4月1日よりスタートした連載コーナー。ムラカミ記者がひとつの作品について1週間~2週間に掛けて取材したコラムをお届けしている。ただし、北海道・東北・東日本・静岡エリアのみで西日本エリアについてはバッグナンバーによる取り寄せで閲覧は可能だが、紙面は日刊スポーツの携帯サイトでも見ることが出来るが、月額使用料金がかかる。なお、新聞休刊日や芸能面で大きく割く出来事が生じた場合、休載することがある。

関連項目編集

  • ムラカミ記者のアニメ!!パンチ - インターネットラジオ・地上波デジタルラジオ「超!A&G+」で放送されている、この「アニメ!!パンチ」とメディアミックスした番組。
  • プリキュア新聞 - 『プリキュアシリーズ』に特化した日刊スポーツ発行の専門紙。本欄担当のムラカミ記者(村上幸将)が中心となって製作しているほか、本欄でもプリキュア新聞の番外編的記事が掲載されることがある。

外部リンク編集