読売テレビ制作月曜夜7時台枠のアニメ

アニメ☆7から転送)
全日帯のテレビアニメ放送枠の一覧 > 読売テレビ制作月曜夜7時台枠のアニメ

読売テレビ制作 月曜夜7時台枠のアニメ(よみうりテレビせいさく げつようよるしちじだいわくのアニメ)は、読売テレビの制作により、日本テレビ系列で毎週月曜19時00分 - 20時00分(JST)に放送されていたテレビアニメの作品一覧である。

読売テレビ制作月曜夜7時台枠のアニメ
ジャンル テレビアニメ
言語 日本の旗日本語
製作
制作 讀賣テレビ放送
放送
放送チャンネル日本テレビ系列
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1986年1月6日 - 2009年3月23日
放送時間月曜 19:00 - 19:30
月曜 19:30 - 20:00
放送分各30分
読売テレビ制作月曜夜7時枠のアニメ
放送期間1986年1月6日 - 1988年3月28日
1995年4月10日 - 2007年9月10日
2008年1月14日 - 9月8日
放送時間月曜 19:00 - 19:30
放送分30分
読売テレビ制作月曜夜7時30分枠のアニメ
放送期間1989年10月16日 - 2008年9月8日
放送時間月曜 19:30 - 20:00
放送分30分
秋のミステリーアワー
放送期間2007年10月15日 - 12月3日
放送時間月曜 19:00 - 20:00
放送分60分
アニメ☆7
放送期間2008年10月20日 - 2009年3月23日
放送時間月曜 19:00 - 20:00
放送分60分
番組年表
続編読売テレビ制作土曜夕方枠のアニメ
読売テレビ制作日曜朝7時枠のアニメ

特記事項:
1987年4月6日 - 1989年9月25日の間は、月曜19:30 - 20:00枠が日本テレビ制作アニメ枠だった。アニメ☆7は、1時間番組として統合された。2007年10月15日 - 12月3日は、秋のミステリーアワーとして1時間枠に拡大された。
テンプレートを表示

経緯編集

旧名称の「月曜19時アニメアワー」という名称は、読売テレビのプロデューサーで同局制作のアニメを担当する諏訪道彦2007年5月21日公開分の 自身の日記 でこの放送枠のことを言及した際に用いられたものである。以後も不定期に放送される劇場版『名探偵コナン』の宣伝番組などでこの名称が使用されたことがあるが「19時」の部分を「7時」と表記する場合もあり、はっきりとは統一されていない。

結界師』が放送されていた頃には、『結界師』の放送後に『結界師』と『コナン』の各キャラクター数名のコラボレーションアニメが放送されていた。このアニメの後は、そのままステブレレスで『コナン』を開始していた。この以前にも、『ガンバリスト!駿』の藤巻駿と『コナン』のコナンが共演する同様のアニメが放送されていたことがある。なお、『ヤッターマン』の1月から9月放送分までは19時01分から放送開始となり『コナン』とのコラボレーションアニメは廃止されていた。

番組枠の統合編集

2005年10月に当時放送されていた『ブラック・ジャック』と『コナン』が名目上1つの番組枠に統合されたのが本枠の始まりである。ただし、放送形態は従来通り前半30分が『ブラック・ジャック』および『ブラック・ジャック21』、後半の30分が『コナン』という構成で新聞などの番組表も作品ごとに分かれたままだったことから、表向きは統合前と全く変わりはなかった。

2006年10月からは『ブラック・ジャック』シリーズに代わり『結界師』がスタート。しかし、2007年9月10日をもってこの時間帯での放送を終了し深夜枠へ移行する。10月から12月まではこの放送枠を「秋のミステリーアワー」と題し[1]、『コナン』および『金田一少年の事件簿』を放送した。

「アニメ☆7」へ編集

2008年1月からは前半の放送枠で『ヤッターマン』のリメイク版の放送がスタート。そして同年10月からは「アニメ☆7」の名称を本枠の正式名称として放送上で用いるようになり、2作品とも統合されて1時間のアニメ枠となった。それにともないGコードEPGも統一され、視聴率の算定でも一つの番組として扱われるようになった。この他「部屋を明るくして画面からはなれてくださいね」との警告テロップも、最初に「コナンからのお願い」として表示するだけになった。『ヤッターマン スペシャル』の放送時はヤッターマンからのお願いとなっていた。

また11月からは2作品の放送順を入れ替え、前半に『コナン』、後半に『ヤッターマン』が編成された。この放送順の入れ替えにより『ヤッターマン』は放送開始時刻が19時30分頃(実際には19時30分よりも少し早く開始する)となり、先に放送される『コナン』の番組最後に発表される「Next conan's HINT」やエンドクレジットも『ヤッターマン』終了後に流れた。

放送枠の終了編集

日本テレビは、2009年4月改編で、平日19時台に生放送バラエティ番組サプライズ』を放送することになったため、本枠は同年3月で終了、同年4月以降、『コナン』は土曜18:00 - 18:30、『ヤッターマン』は日曜7:00 - 7:30に放送枠が移動となり、本枠は半年で解消され、読売テレビとしては月曜19時台の1時間アニメ枠が確立した1995年4月から実に14年間の歴史に幕を降ろした。ただし、テレビ大分に関しては、『コナン』移転先の時間帯に、主系列FNN・FNSのキー局であるフジテレビの音楽番組『ミュージックフェア』を放送しており、それを優先するため、『コナン』については日曜9:30 - 10:00に遅れネットを行う事となり、2011年4月以降は1時間スペシャルを除き土曜18:30 - 19:00で放送されている[2]

これに伴い、月曜19時台の制作権は日本テレビに返上され、1986年1月から中断期を含めて23年3か月に亘って放送してきた読売テレビ制作の月曜19時台のアニメ枠が幕を閉じて、さらに日本テレビ系列の19時台からアニメ枠が姿を消した。これにより1973年4月開始以来、読売テレビ制作枠月曜夜36年間続いていた歴史に幕を閉じた。

その後編集

2013年4月の改編で、前述のように日曜7時枠に移っていたアニメ枠(『宇宙兄弟』を放送中)が、『コナン』の前枠である土曜17:30 - 18:00の枠に再移動することになったため、放送枠は異なるものの読売テレビの1時間アニメ枠が再度形成されることになり[3] 、以降現在に至るまでNTV土曜夕方にはYTVアニメが継続している。なお、これに対しテレビ大分は引き続き日曜朝7時枠で放送されている[4][5]

当枠の廃枠後テレビ東京では2013年4月の改編で月曜19:00の『たまごっち! ゆめキラドリーム』と、19:30の『アイカツ!』が、それぞれ木曜の18:30と18:00に移動し、代わって水曜深夜からバラエティ番組YOUは何しに日本へ?』が拡大移動(18:30 - 19:54)したため、在京民放の月曜19時台から完全にアニメ放送がなくなった[6]

放送された番組編集

前半枠
後半枠
その他
  • 金田一少年の事件簿(2007年11月)
    2007年10月 - 同年12月の1時間枠「秋のミステリーアワー」内にてスペシャル版を放送。

概要編集

前半編集

それまで本時間帯のアニメ作品は日本テレビが制作を担当していたが、1986年1月から読売テレビ制作枠に変更された。本枠が読売テレビ制作枠になるのは、1965年9月6日 - 1966年4月25日放送の恋愛バラエティ番組『プロポーズ作戦』以来であったが、1988年4月4日より本枠が30分の情報番組追跡』に移行するのに伴い2年3か月間で終了となった。

『追跡』終了後、しばらくして当枠の制作が読売テレビに戻った。当初はバラエティ番組やドキュメンタリー番組を編成していたが、第1期の終了から7年後の1995年、『ストリートファイターII V』の開始に伴い再度アニメ枠が復活。

1997年4月7日からは『金田一少年の事件簿』がスタートし、2000年9月11日まで放映された。放送中は後半枠の『名探偵コナン』と併せて「月曜7時のミステリーアワー」という触れ込みがあった。

2000年10月16日からは『犬夜叉』がスタート。アニメのストーリーが原作のそれに追いついたなどの理由で2004年9月13日に終了。続いて『ブラック・ジャック』がスタートし、2006年4月10日に『ブラック・ジャック21』としてリニューアルし半年間放送した。なお『ブラック・ジャック』放送中の2005年10月10日より、直後の19時台後半のアニメ枠と本枠が名目上「月曜19時アニメアワー」に統合された[注釈 1]

2006年10月16日からは『結界師』に代わったが、視聴率不振により2007年10月15日より深夜枠へ移動した[注釈 2]。2007年10月15日から12月3日までの間、「秋のミステリーアワー[注釈 3]と題し、『名探偵コナン』の1時間スペシャルと『金田一少年の事件簿』の新作をこの期間のみ1時間枠に拡大して放送した。

2008年1月14日より、かつて1977年から1979年にかけてフジテレビ系列で放送された『ヤッターマン』のリメイク版がスタートした。同年10月20日からはそれまでの「月曜19時アニメアワー」を「アニメ☆7」に改題し、正式に1時間枠に統合された。またこれに伴い『ヤッターマン』と『名探偵コナン』の放送時間を入れ替え、19時00分から『名探偵コナン』、19時30分ごろから『ヤッターマン』という構成に変更された。

2009年4月6日からは再度バラエティ枠に移行し、本時間帯での情報バラエティサプライズ[注釈 4]の放送開始に伴い、『名探偵コナン』は4月4日より土曜18時台前半枠に移動となった。土曜日に読売テレビとトムス・エンタテインメントが制作する全日帯アニメを放送するのは、制作会社が東京ムービー時代の1984年に土曜19時前半枠で放映された『ルパン三世 PARTIII』以来で25年ぶりに復帰することになる[注釈 5]。さらに土曜18時台前半に読売テレビ制作の全国ネットのレギュラー番組が放送されるのは、1973年に放送された『永大勝ち抜きのど自慢』以来36年ぶりである。なお、『ヤッターマン』は同様の改編で4月5日より日曜7時台前半枠に移動となった。

主題歌は『犬夜叉』から『ブラック・ジャック21』までは、エイベックス所属のアーティストが担当していた。

第1期編集

この時期はスポンサーセールス上スポンサードネット[注釈 6]の局と、ローカルセールス枠または他系列スポンサードネット枠の局・クロスネット局とに分かれ、後者では未ネット・異時ネットの系列局や、競合局に放映権を譲渡した地域も存在した。

第2期編集

日本テレビ系列で同時ネット放送。

ただし、スポンサードセールスが混在した時代の名残で作品により一部地域ではローカルスポンサーが入り、CMを差替えていた例も過去にはあった(テレビ新潟等)。さらに、四国放送では同時ネット開始は2004年4月12日であり[注釈 7]、それまでは深夜に遅れネット(スポンサーなし。「金田一少年の事件簿」の途中から)であった。

後半編集

1989年10月に制作局が日本テレビから読売テレビに変更され、1973年10月に日曜19時台前半枠に移動した『全日本歌謡選手権』以来16年ぶりにこの枠が読売テレビ制作枠となり、柔道人気を後押しする形で人気となった『YAWARA!』、読売新聞連載の4コマ漫画が原作となる『コボちゃん』を放送した。1994年3月にアニメ枠が一旦終了してバラエティ番組『即席!明るい改造計画』(司会:関根勤研ナオコ今田耕司)を放送、1994年10月、アニメ枠に戻り『魔法騎士レイアース』は人気を博し当初の終了予定を延長して1995年11月まで放送された。

その後を受けて1996年より開始した『名探偵コナン』は、1997年より直前の19時台前半にて開始された『金田一少年の事件簿』と共にゲーム化や映画化など爆発的な人気を得て長期シリーズへと成長、1999年から2001年までの3年間は平均視聴率が回によっては20%越えを達成することもあった。2004年頃からは視聴率が低下し始め、キー局の日本テレビがある関東地区では視聴率は8%前後と落ち込んでいたが、一方で制作局の読売テレビのある関西地区では10%前後を推移していた。

2005年10月より、19時台前半と番組枠を統合し「月曜19時アニメアワー」がスタート。この時点ではまだGコードEPGは番組別となっており枠統合前と同様であったが、2008年10月から「アニメ☆7」へと改題されたのに伴いGコードなども統一された。また2007年10月から12月までは19時台前半で放送されていた『結界師』の放送枠移動[注釈 8]を受け、2008年1月に前半枠で『ヤッターマン』のリメイク版開始まで『名探偵コナン』や『金田一少年の事件簿』の新作を「秋のミステリーアワー」として臨時で1時間SPを放送した。

2009年4月から平日19時台にて、1時間枠のバラエティ番組『サプライズ』の開始を受け[7]、『ヤッターマン』については、同年4月5日より、『所さんの目がテン![注釈 9]の後枠として日曜7時台前半に移動となった。その後の日曜7時台前半は、『夢色パティシエール』、『べるぜバブ』、『宇宙兄弟』が放送され、2013年4月から放送時間が土曜夕方5時台後半に移動となった。また、日曜朝7時台前半枠は再びローカルセールス枠となり、日本テレビと一部系列局では4年ぶりに『所さんの目がテン!』が戻ることになった一方、読売テレビと一部系列局では後半枠から『遠くへ行きたい』が移動した。また自治体の広報番組等の自社制作枠・系列内外の遅れネット番組枠となった局もある。

NNS未加盟(NNNは加盟)のテレビ宮崎[注釈 10]火曜15時00分 - 15時30分に放送していた。

作品リスト編集

前半枠 (19:00 - 19:30)編集

タイトル 放映期間 話数 製作会社 原作 声の出演 備考
※これ以前は、日テレ制作アニメ枠を参照。
ロボタン 1986年1月6日 - 9月22日 33 第1期 東京ムービー新社
大広
菅原昭吾(企画原案)
森田拳次(原案協力)
丸山裕子山田栄子坂本千夏田中真弓
ボスコアドベンチャー 1986年10月6日 - 1987年3月30日 26 日本アニメーション
電通大阪支社
トニー・ウルフ 中原茂石丸博也山寺宏一皆口裕子柴田秀勝
シティーハンター 1987年4月6日 - 1988年3月28日 51 日本サンライズ 北条司 神谷明伊倉一恵田中秀幸玄田哲章麻上洋子鷹森淑乃小山茉美
※この間非アニメ番組。
ストリートファイターII V 1995年4月10日 - 11月27日 29 第2期 グループ・タック CAPCOM(原案)
今井賢一
辻谷耕史羽賀健二横山智佐
バケツでごはん 1996年1月8日 - 6月24日 20 小学館プロダクション
マジックバス
玖保キリコ 長沢直美伊藤美紀難波圭一神田うの
ガンバリスト!駿 1996年7月1日 - 1997年3月10日 30 サンライズ 森末慎二
菊田洋之
阪口大助松本梨香櫻井智佐々木望
金田一少年の事件簿 1997年4月7日 - 2000年9月11日 148 東映動画

東映アニメーション

電通
天樹征丸 / 金成陽三郎
さとうふみや
松野太紀中川亜紀子小杉十郎太
犬夜叉 2000年10月16日 - 2004年9月13日 167 サンライズ 高橋留美子 山口勝平雪野五月日髙のり子 [注釈 11]
ブラック・ジャック 2004年10月11日 - 2006年3月6日 61 手塚プロダクション 手塚治虫 大塚明夫水谷優子佐藤ゆうこ小野涼子
ブラック・ジャック21 2006年4月10日 - 9月4日 17
結界師 2006年10月16日 - 2007年9月10日 37 サンライズ 田辺イエロウ 吉野裕行斉藤梨絵多田野曜平 [注釈 12]
秋のミステリーアワー
名探偵コナン・金田一少年の事件簿)
2007年10月15日 - 12月3日 - 東映アニメーション
電通
天樹征丸 / 金成陽三郎 さとうふみや 松野太紀、中川亜紀子、小杉十郎太 [注釈 13]
東京ムービー 青山剛昌 高山みなみ山崎和佳奈神谷明茶風林緒方賢一
ヤッターマン 2008年1月14日 - 9月8日 24 タツノコプロ 竜の子プロダクション 吉野裕行伊藤静たかはし智秋小原乃梨子八奈見乗児たてかべ和也滝口順平 [注釈 14]
アニメ☆7
(名探偵コナン)
2008年10月20日 - 2009年3月23日 14 東京ムービー 青山剛昌 高山みなみ、山崎和佳奈、神谷明、茶風林、緒方賢一 [注釈 15]
※以降非アニメ番組、本枠は土曜18:00枠へ移動[注釈 16]

後半枠 (19:30 - 20:00)編集

タイトル 放映期間 話数 製作会社 原作 声の出演 備考
※これ以前は、日テレ制作アニメ枠を参照。
YAWARA! 1989年10月16日 - 1992年9月21日 124 第1期 キティ・フィルム 浦沢直樹 皆口裕子永井一郎関俊彦鷹森淑乃神谷明
コボちゃん 1992年10月19日 - 1994年3月21日 63 エイケン
宣弘社
植田まさし 大谷育江松井菜桜子二又一成宮内幸平上村典子茶風林
魔法騎士レイアース 1994年10月17日 - 1995年11月27日 49 第2期 東京ムービー新社 CLAMP 椎名へきる吉田古奈美笠原弘子白鳥由里緒方恵美
名探偵コナン 1996年1月8日 - 2008年9月8日 515 東京ムービー 青山剛昌 高山みなみ山崎和佳奈、神谷明、茶風林、緒方賢一 [注釈 17]
アニメ☆7
(ヤッターマン)
2008年11月10日 - 2009年3月16日 11 タツノコプロ 竜の子プロダクション 吉野裕行伊藤静たかはし智秋小原乃梨子八奈見乗児たてかべ和也滝口順平 [注釈 18]
※以降非アニメ番組、本枠は日曜7:00枠へ移動[注釈 19]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ただし、放送形態は従来通り別々であり、表向きは統合前とは変わりない状態がしばらくの間続いた。
  2. ^ 読売テレビ及び一部日本テレビ系列局では10月以降深夜枠で再開し、2008年2月に終了。
  3. ^ 『名探偵コナン』の予告等では「秋のミステリースペシャル」と呼称された。
  4. ^ 2009年9月以降は『SUPER SURPRISE』。
  5. ^ 『名探偵コナン』は放送枠移動直前に『ルパン三世』とコラボレーションを行った
  6. ^ 一部地域ではローカルスポンサーも混在。
  7. ^ それまではテレビ朝日の『クレヨンしんちゃん』を当該時間で遅れネットで放送していた。
  8. ^ ただし多くの地域では打ち切られた。
  9. ^ 番組自体は4月4日より土曜夕方5時台前半(ローカルセールス枠)へ移動し継続。
  10. ^ フジテレビ系・テレビ朝日系とのクロスネット局。
  11. ^ 第164話「最強の敵 宿り蛹七宝」で当枠通算回数500回を達成。
  12. ^ 第38話からローカル枠へ降格。
  13. ^ この期間のみ1時間枠に拡大。
  14. ^ 第1話から第24話までは当枠で放送。第25話から第35話は月曜19:30に移動。
  15. ^ 2008年より月曜19:30から移動。第516話から第529話まで当枠で放送。2009年4月4日から土曜18:00へ移動。
  16. ^ バラエティ番組サプライズ』の新設に伴う。
  17. ^ 第1話から第515話まで当枠で放送。第516話から第529話は月曜19:00に移動。
  18. ^ 2008年より月曜19:00から移動。第25話から第35話までは当枠で放送。第36話から日曜7:00枠へ移動。
  19. ^ バラエティ番組サプライズ』の新設に伴う。

出典編集

  1. ^ この名称は放送でも使用された。
  2. ^ 1時間スペシャルについては放送枠を確保できないため、別の時間帯での放送となる。
  3. ^ “宇宙兄弟:テレビアニメ好評で土曜夕方枠に昇格”. 毎日新聞デジタル. (2013年1月31日). http://mantan-web.jp/2013/01/31/20130130dog00m200028000c.html 2013年1月31日閲覧。 
  4. ^ 土曜17:30 - 18:00には『FNNスーパーニュースWEEKEND』をネットしており、当番組を優先するため。
  5. ^ そのため本来日曜7:00 - 7:30に放送のトーク番組は日時を差し替えて放送。
  6. ^ 国産アニメ不在となるのは、1963年11月 - 1965年1月に放送された劇場用アニメ分割放送枠『ピーコック劇場』(NET系列)を除けば、『ビッグX』(TBS系列。TBS唯一の月曜19時台アニメ)開始前の1964年7月以来、実に49年弱ぶりの事。
  7. ^ “2009年1月19日付報知新聞公式サイト「日テレ19時革命!月〜金に生放送バラエティー」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2009年1月19日). オリジナルの2009年1月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090120175559/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090119-OHT1T00004.htm 2009年1月19日閲覧。 

関連項目編集

日本テレビ系列 月曜19時台前半枠
前番組 番組名 次番組
日本テレビ制作
月曜夜7時枠のアニメ
※直前は『ダーティペア
【ここまで日本テレビ制作】
読売テレビ制作
月曜夜7時枠のアニメ
(1986年1月6日 - 1988年3月28日)
【本期間のみ読売テレビ制作】
追跡
【月 - 金。全曜日で日本テレビ制作】
読売テレビ制作
月曜夜7時枠のアニメ
(1995年4月10日 - 2007年9月10日)
読売テレビ制作
月曜夜7時枠のアニメ

(19:00 - 20:00)
※『秋のミステリースペシャル』
読売テレビ制作・日本テレビ系列 月曜19時台枠
読売テレビ制作
月曜夜7時枠のアニメ

(19:00 - 19:30)
※直前は『結界師』。ローカル枠へ降格
読売テレビ制作
月曜夜7時30分枠のアニメ

(19:30 - 20:00)
※直前は『名探偵コナン』、一旦休止
読売テレビ制作
月曜夜7時枠のアニメ
(2007年10月15日 - 12月3日)
※『秋のミステリースペシャル』
読売テレビ制作
月曜夜7時枠のアニメ

(19:00 - 19:30)
※『ヤッターマン』(第2作)
読売テレビ制作
月曜夜7時30分枠のアニメ
(19:30 - 20:00)
※『名探偵コナン』、再開
日本テレビ系列 月曜19時台前半枠
読売テレビ制作
月曜夜7時枠のアニメ

(19:00 - 20:00)
※『秋のミステリースペシャル』
読売テレビ制作
月曜夜7時枠のアニメ
(2008年1月14日 - 2009年3月16日)
【ここまで読売テレビ制作・アニメ枠】
サプライズ
(月 - 金・19:00 - 19:58)
【月曜日では日本テレビ制作】
日本テレビ系列 月曜19時台後半枠
前番組 番組名 次番組
日本テレビ制作
月曜夜7時30分枠のアニメ

※直前は『美味しんぼ
火曜19時台後半へ移動】
【ここまで日本テレビ制作】
読売テレビ制作
月曜夜7時30分枠のアニメ
(1989年10月16日 - 1994年3月21日)
【ここから読売テレビ制作】
【ここまでアニメ枠】
即席!明るい改造計画
【ここのみバラエティ枠】
読売テレビ制作・日本テレビ系列 月曜19時台後半枠
即席!明るい改造計画
【ここのみバラエティ枠】
読売テレビ制作
月曜夜7時30分枠のアニメ
(1994年10月17日 - 2007年9月)
日本テレビ系列 月曜19時台後半枠
秋のミステリーアワー
(金田一少年の事件簿、名探偵コナン)
※19:00 - 20:00
読売テレビ制作
月曜夜7時30分枠のアニメ
(2008年1月14日 - 2009年3月16日)
【ここまで読売テレビ制作】
【ここまでアニメ枠】
サプライズ
※月 - 金19:00 - 19:58
【月曜日では日本テレビ制作】
世界まる見え!テレビ特捜部
※19:58 - 20:54
【2分拡大。日本テレビ制作】