メインメニューを開く

アニメコンプレックス』(ANIME COMPLEX)とは、ポニーキャニオン(及びそのアニメ関連レーベルのm.o.e.)が企画・製作を行うアニメ等をオムニバス形式で放映するという番組枠の名称である。

目次

概要編集

アニメコンプレックス編集

アニメコンプレックス』は、UHFアニメの黎明期である1998年4月に、WOWOWのノンスクランブル枠(WOWOW(現・WOWOWプライム)に加入しなくてもBSチューナーを所有していれば視聴が可能である枠)において開始された。55分間枠(毎週月曜日の19時00分から19時55分)の限られた時間内に可能な限り多くのアニメを放映するため、15分程度のアニメ番組3本を組み合わせるというオムニバス形式が取られた。また1998年4月~9月までは番組スポンサーであるポニーキャニオンのアニメ・ゲーム関連楽曲のミュージックビデオを10分程度、1998年10月~1999年3月まではキティ・フィルムが制作した高橋留美子原作アニメの主題歌(ノンクレジット・ノンテロップ版)を10分程度放送した。

アニメコンプレックス2編集

1999年4月より名称を『アニメコンプレックス2』(アニメコンプレックスツー)と変更した上で、WOWOWでの放映が続けられた。この時期はWOWOWがノンスクランブル枠でのアニメ放送を大幅に増加させ、全体では週5回30分ずつとなった(1998年では『アニメコンプレックス』枠と深夜30分枠の2回)ものの、本番組自体の枠は30分間(毎週火曜日19時00分から19時30分)に縮められた。このため放映形態は12分程度のアニメ番組2本を組み合わせたオムニバス形式を取ることとなった。なお、この枠も1年で終了し、アニメコンプレックス自体も一旦姿を消す。

アニメコンプレックスNIGHT編集

2001年4月、企画・製作の主体がポニキャン設立のレーベル「m.o.e.」とした上で、番組枠も独立UHF放送局の深夜枠に移動して『アニメコンプレックスNIGHT』(アニメコンプレックスナイト)として再出発することとなり、断続的にアニメ等の放映が行われた。ちなみにこの枠も30分間(時間帯は放送局によって異なる)であり、『アニメコンプレックス2』と同様の放映形態が取られた。

『アニメコンプレックスNIGHT』は、断続的に計3クールにわたって放映を続けたが、『りぜるまいん』と『鋼鉄天使くるみpure』の第2期放送を最後に、アニメコンプレックスの名称は使われなくなった。なお、2004年1月から、m.o.e.の番組枠は『A15』及び『R15』(m.o.e.のアニメの再放送を行う枠)と名づけられ放映が行われた。

作品タイトル編集

タイトルの()内は作画方法を記載。

アニメコンプレックス編集

2007年にTOKYO MXtvkでこの枠の作品が数回放送された。

アニメコンプレックス主題歌
  • オープニングテーマ 「“キミ” 〜Identification〜」
  • エンディングテーマ 「朝とパレード」
    • 作詞:濱田理恵
    • 作曲・編曲:寺嶋民哉
    • 歌:鈴木裕美子

アニメコンプレックス2編集

アニメコンプレックスNIGHT編集

関連項目編集

外部リンク編集

WOWOW 月曜19時枠
前番組 番組名 次番組
(映画枠)
アニメコンプレックス
WOWOW 火曜19:00枠(1999年4月〜2000年3月)
新スーパーマン(再放送)
アニメコンプレックス2
WOWOW 火曜18:30枠(2000年4月)
三つ目がとおる
(再放送、月曜〜木曜)
アニメコンプレックス2
千葉テレビ 日曜23:30〜24:00枠(2002年4月〜2002年6月)
前番組 番組名 次番組
不明
アニメコンプレックスNIGHT
千葉テレビ 日曜23:30〜24:00枠(2002年10月〜2002年12月)
前番組 番組名 次番組
アニメコンプレックスNIGHT