メインメニューを開く

アニメショップは、アニメの作品ならびにそこから派生した関連商品(キャラクターグッズ)全般を専門に販売する小売店である。

主な取り扱い商品編集

店舗の系列や規模によって、以下に挙げていても扱わない商品もある。また、系列独自開発の商品を販売していることや、一般の書店レコード店等の他の店ではつかない限定特典がつくことも多い。大きく分けてキャラクターグッズフィギュアなどを中心に取り扱うホビーショップ形態の店舗と書籍映像ソフトなどを中心に取り扱う書店形態の店舗がある。

商品販売以外の業務編集

  • 独自の情報誌の発行 - 系列のみでなく、各店舗単位で独自に発行している場合もある。
  • 作品関連・声優関連のイベントの主催、チケットの取り扱い - 大型店舗では店舗内にイベント開催用のスペースを設けていることがある。
  • 作品版権元・映像ソフト会社等が発行する情報誌やチラシの配布
  • 同人誌即売会コスプレイベントの主催者等が発行するチラシの配布
  • 交流ノートの設置 - 同じ系列でもある店舗とない店舗がある。

主な店舗編集

●印で示した店舗は実店舗の他に通信販売も手がけている店舗である。

実店舗をもつもの編集

  • アニメイト● - 全都道府県に店舗がある。最新作品関連を全般的に取り扱っているが、特に女性向けグッズに強みがある。
    • ゲーマーズ● - アニメイト系列。ブロッコリーにより設立された経緯からブロッコリー作品関係の商品が多い。男性向けグッズに強みがある。
    • らしんばん● - アニメイト系列。中古専門店。
    • メロンブックス● - アニメイト系列。基本的に同人誌に強いが、アニメショップに準じた品揃えの店が多い。
  • まんだらけ● - 中古専門店。東京・中野にある中野ブロードウェイを本拠とし、新旧ジャンル問わずあらゆるグッズを取り扱っている。
  • とらのあな● - 基本的に同人誌に強いが、アニメショップに準じた品揃えの店が多い。
  • ジーストア● - タブリエ&コスパ・グループ。
    • コスパ● - コスプレ関係とキャラクターアパレルが中心。運営している株式会社コスパはブロッコリーとも縁が深い。
  • ソフマップ● - 元々パソコンショップのためゲームを中心にホビー類の取り扱いがあったが、ヤマギワソフトを傘下にしてからはキャラクターグッズも専門店に準じる程多く取り扱うようになった。親会社であるビックカメラの店内にも「アキバ☆ソフマップ」としてイン・ショップを設けている。
  • 書泉● - アニメイト系列。サブカルチャーに強い書店。
  • K-BOOKS● - 基本的に中古グッズ専門店だが、新刊コーナーを設けている店舗もある。同人系に強い。都内大阪に店舗を構える。
  • ヨドバシカメラ● - 政令指定都市を中心に展開する家電量販店であり、ホビーフロアとインターネット通販でキャラクターグッズやフィギュアを扱う。
  • アソビットシティ● - 運営元は家電量販店ラオックス2002年に開店した第1号店は業界における国内最大級の店舗として注目されたが、短期間で閉店、規模を縮小して移転、その後2017年3月末に閉店し秋葉原地区から撤退した。現在ではキャナルシティ博多の1店舗のみとなっている。
  • O-TRAP● - 和歌山県の地場系ショップ。2001年-2005年頃まで和歌山放送の『痛快! アニメジオ』のスポンサーを務めていた。
  • アニメガ● - 文教堂が運営するアニメショップ。一号店として武蔵境駅前店を独立店舗として開店、以降の展開は文教堂内への併設を中心に行っている。
  • TOWERanime - タワーレコードアニメソングを中心としたアニメショップで2013年10月にLALAガーデンつくばの既存店舗を改装してオープン。合わせてヤスダスズヒトデザインによる店員キャラ「田和 玲子(タワ レイコ)」を発表。2014年5月には新宿店の、2015年7月には名古屋近鉄パッセ店の、それぞれのアニメ取り扱いフロアを改装してTOWERanimeとしている。
  • あみあみ● - フィギュアや模型を主力にしているが、キャラクターグッズもそれに並ぶ規模で取り扱っている。元々は通信販売を主体にしていたが、2015年相模原市に実店舗を出店、2016年には秋葉原に出店している。
  • 駿河屋● - 中古総合ホビーショップ。競合するまんだらけやらしんばん同様に新旧ジャンル問わずあらゆるグッズを取り扱っている。元は通信販売・通信買取を主体にしていたが、2015年高槻市に実店舗を出店、2016年には秋葉原や静岡市に出店している。

過去に存在したもの編集

通信販売のみのもの編集

関連項目編集