アニメ特撮アーカイブ機構

日本の特定非営利活動法人

特定非営利活動法人アニメ特撮アーカイブ機構(アニメとくさつアーカイブきこう、: Anime Tokusatsu Archive Centre、略: ATAC)は、 アニメ特撮のアーカイブ収集を目的とする、日本の特定非営利活動法人。設立者及び理事長は庵野秀明[1][2][3]

アニメ特撮アーカイブ機構
Anime Tokusatsu Archive Centre
特定非営利活動法人
略称 ATAC
国籍 日本の旗 日本
コード 8011305002400
法人番号 8011305002400 ウィキデータを編集
設立日 2017年5月8日
代表者 理事長 庵野秀明
活動地域 日本の旗 日本
主な事業 1.我が国アニメーション及び特撮に関する映像作品のアーカイブの構築及び維持運営
2.我が国アニメーション及び特撮に関する設定、原画、美術背景及びプロップ等、制作過程において制作された各種素材等に関するアーカイブの構築及び維持運営
3.第1号に掲げる映像作品及び第2号に掲げる各種素材等に関する修復 他
郵便番号 167-0054
事務所 東京都杉並区松庵3丁目35番18号
座標
北緯35度42分12.7秒 東経139度35分51.9秒 / 北緯35.703528度 東経139.597750度 / 35.703528; 139.597750座標: 北緯35度42分12.7秒 東経139度35分51.9秒 / 北緯35.703528度 東経139.597750度 / 35.703528; 139.597750
事務局員/会員 10人
関係する組織 株式会社カラー
外部リンク https://atac.or.jp/
テンプレートを表示

歴史 編集

2017年、東京都の特定非営利活動法人として設立[4]

2018年11月3日に、福島県須賀川市で設立された「特撮文化推進事業実行委員会」に参画した[5]。2020年11月3日に同市で設立されたアーカイブセンターに対し、資料の収集面で協力した[6]

設立経緯 編集

本団体設立のきっかけは、庵野秀明、樋口真嗣尾上克郎神谷誠原口智生らによる飲み会の席であった[7]。途中合流した原口は、雑誌『宇宙船』(ホビージャパン)の連載での撮影のため『マグマ大使』のロケットのミニチュアを持ち出していたことから、自身が趣味で行っていた過去の特撮ミニチュアの収集・修復活動についていずれギャラリーなどで展示したいという展望を語ったところ、庵野がこれに賛同し実現に向けて動き出すこととなった[7]

庵野は、旧知であったスタジオジブリ鈴木敏夫に相談したところ、鈴木は三鷹の森ジブリ美術館を運営していた経験から美術館として運営することも非営利で行うことも難しいと告げられる[7]。しかし、その後鈴木からジブリが毎年展覧会を行っていた東京都現代美術館での企画が空白となっていたことから、同館で展覧会を催すことを持ちかけられ、2012年に「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」を開催した[7]

好評を博した「特撮博物館」は全国巡回へと発展し、円谷英二の故郷である須賀川市が常設化に名乗りを上げる[7]。そして、その実現のためNPO法人として本団体が設立され、須賀川特撮アーカイブセンターの設立に至る[7]

人物 編集

  • 庵野秀明(理事長)
  • 氷川竜介(副理事長)
  • 樋口真嗣(副理事長)
  • 桶田大介(監事)
  • 三好寛(事務局長) - カラー文化事業担当[7]。元はスタジオジブリ所属で、ジブリ美術館の学芸員を務めており、現代美術館の展示も担当していたことから「特撮博物館」にも携わっていた[7]
  • 高橋望(研究員)

出典 編集

参考文献 編集

  • 『夢のかけら 円谷プロダクション篇』修復-原口智生 撮影-加藤文哉、ホビージャパン、2021年8月31日。ISBN 978-4-7986-2523-2 

外部リンク 編集