アヌス語(アヌスご、Anus)は、オーストロネシア語族サルミ諸語に属する言語で、インドネシアの一部で使用されている言語である。

アヌス語
話される国 インドネシア
地域 パプア州
話者数 128~300人 (2005年)
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 auq
消滅危険度評価
Severely endangered (UNESCO)
Status-unesco-severely.svg
テンプレートを表示

概要編集

この言語は、インドネシアのパプア州ニューギニア島の西側)の州都であるジャヤプラの北部海岸域の一部と、ビリ川(Biri river)東部の北海岸沖に浮かぶ小島であるアヌス島(Plau Anus)で使用されており、話者総数は128~300人である。この言語を利用している民族はアヌス族(Anus people)のみであり、アヌス族は2005年時点で320人となっている。

参考編集