メインメニューを開く

アヌン語(アヌンご、Anung)、あるいは阿儂語アノン語(アノンご、Anong、中国語: 阿侬语)とはミャンマー中華人民共和国に暮らすヌー族の固有言語の一つである。母語話者の多くがリス語へと第一言語取り換えつつある[2][3]。この言語と系統が近いのはトールン族トールン語英語版ラワン族英語版ラワン語英語版である[4]

アヌン語
阿儂語
アノン語
a31nuŋ31[1]
話される国 ミャンマーの旗 ミャンマー
中華人民共和国の旗 中国
話者数 ミャンマーに400人(2010年)、中国に50人(2007年)[2]
言語系統
シナ・チベット語族
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 nun
消滅危険度評価
中国 極めて深刻
ミャンマー 重大な危険 (UNESCO)
テンプレートを表示

音韻論編集

文法編集

形態論編集

統語論編集

語順編集

語順SOV型である[5][2]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Chen (2015:109).
  2. ^ a b c Lewis et al. (2015).
  3. ^ オースティン(2009)。
  4. ^ Hammarström et al. (2016).
  5. ^ Dryer (2013).

参考文献編集

  • 「リス語」 ピーター・K・オースティン英語版 編、澤田治美 日本語版監修『ビジュアル版 世界言語百科――現用・危機・絶滅1000――』柊風舎、2009年、172頁。ISBN 978-4-903530-28-4
  • Chen, Yujie (2015). "The semantic differentiation of demonstratives in Sinitic languages". In Hilary M. Chappell (ed.) Diversity in Sinitic Languages, pp. 81–109. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-872379-0
  • Dryer, Matthew S. (2013) "Feature 81A: Subject, Object and Verb". In: Dryer, Matthew S.; Haspelmath, Martin, eds. The World Atlas of Language Structures Online. Leipzig: Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology. http://wals.info/. 
  • Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Nung (Myanmar)”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/nung1282. 
  • "Anong." In Lewis, M. Paul, Gary F. Simons, & Charles D. Fennig, eds. (2015). Ethnologue: Languages of the World (18th ed.). Dallas, Texas: SIL International.

外部リンク編集