アハメス(Ahmose、「月の子」)は、エジプト第17王朝の王女。アハメスは、セケンエンラーとその姉妹兼妻であるスィトジェフティの間に産まれた、唯一知られている娘である。半血の兄弟姉妹にイアフメス1世イアフメス=ネフェルタリがいる。アハメスは、王の娘と王の姉妹の称号を持っていた[1]

アハメス王女のミイラ
アハメス
ヒエログリフで表示
iaHmssB1

アハメスは、彼女のより有名な半血兄弟姉妹よりも長命だったとみられている。彼女はトトメス1世の治世中(第18王朝)に[2]、心臓病で40代で死去した可能性がある[3]

QV47編集

アハメスは王妃の谷のQV47に埋葬されていた[1]。現在、彼女のミイラはトリノエジプト博物館に所蔵されている[1]

参考文献編集

  1. ^ a b c Aidan Dodson & Dyan Hilton, The Complete Royal Families of Ancient Egypt, Thames & Hudson (2004) ISBN 0-500-05128-3, p. 128
  2. ^ Demas, Martha, and Neville Agnew, eds. 2012. Valley of the Queens Assessment Report: Volume 1. Los Angeles, CA: Getty Conservation Institute. Getty Conservation Institute, link to article
  3. ^ Egyptian Princess Mummy Had Oldest Known Heart Disease” (英語). National Geographic News (2011年4月15日). 2020年3月23日閲覧。