アバウト・アレックス

アバウト・アレックス』(原題:About Alex)は2014年に公開されたアメリカ合衆国ドラマ映画である。監督はジェシー・ズウィック、主演はオーブリー・プラザが務めた。本作はズウィックの映画監督デビュー作でもある。

アバウト・アレックス
About Alex
監督 ジェシー・ズウィック
脚本 ジェシー・ズウィック
製作 アダム・ソーンダーズ
製作総指揮 マーシャル・ハースコヴィッツ
ユーミ・N・マー
エドワード・ズウィック
出演者 オーブリー・プラザ
ジェーン・レヴィ
ジェイソン・リッター
マギー・グレイス
音楽 ジョエル・P・ウェスト
撮影 アンドレ・ラスカリス
編集 ギャレット・プライス
製作会社 ザ・ベッドフォード・フォールズ・カンパニー
フットプリント・フィーチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗スクリーン・メディア・フィルムズ
公開 アメリカ合衆国の旗2014年8月8日
日本の旗劇場未公開
上映時間 96分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

本作は日本国内で劇場公開されなかったが、iTunesでの配信が行われている[1]

概略編集

サラ、シリ、ジョシュ、アイザック、ベンの5人は学生時代の友人、アレックスが自殺を図ったという一報を聞き、彼の自宅に集まることになった。幸いにも、アレックスは一命を取り留めたが、何故彼が自殺を図ったのかは誰にも分からなかった。5人は交代でアレックスの側にいてやることにすると共に、これをきっかけに旧交を温めようとした。ところが、かつての遺恨や恋心が再燃するにつれ、5人の関係は徐々にギクシャクしていく。

キャスト編集

製作編集

2013年7月24日、ジェシー・ズウィックが本作で映画監督デビューを果たすと報じられると共に、主要キャストも発表された[2]。2014年3月9日、ジョエル・P・ウェストが本作で使用される楽曲を手がけるとの報道があった[3]

公開・マーケティング編集

2014年4月14日、本作はトライベッカ映画祭でプレミア上映された[4]。5月6日、スクリーン・メディア・フィルムズが本作の全米配給権を購入したと報じられた[5]。6月19日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[6]

評価編集

本作に対する批評家からの評価は平凡なものに留まっている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには40件のレビューがあり、批評家支持率は45%、平均点は10点満点で5.5点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『アバウト・アレックス』は『再会の時』を意識した作品だが、脚本の出来が思わしくなく、比較に耐え得るものではない。また、才能豊かな俳優たちを起用したのは良いが、彼/彼女らを活かし切れていない」となっている[7]。また、Metacriticには18件のレビューがあり、加重平均値は45/100となっている[8]

出典編集

  1. ^ アバウト・アレックス (字幕版)”. iTunes. 2021年1月10日閲覧。
  2. ^ Jesse Zwick Directing ‘About Alex’ For Ed Zwick & Herskovitz’s Bedford Falls Co.”. Deadline.com (2013年7月24日). 2021年1月10日閲覧。
  3. ^ Joel P. West Scoring ‘About Alex’”. Film Music Reporter (2014年3月9日). 2021年1月10日閲覧。
  4. ^ About Alex”. Tribeca Film Festival. 2021年1月10日閲覧。
  5. ^ Screen Media Films Acquires ‘About Alex’ With Aubrey Plaza, Max Greenfield”. Indiewire (2014年5月6日). 2021年1月10日閲覧。
  6. ^ Watch: First Trailer For ‘About Alex’ Starring Aubrey Plaza, Jane Levy & More”. Indiewire (2014年6月19日). 2021年1月10日閲覧。
  7. ^ About Alex”. Rotten Tomatoes. 2021年1月10日閲覧。
  8. ^ About Alex (2014)”. Metacritic. 2021年1月10日閲覧。

外部リンク編集