アパリゾート上越妙高(アパリゾートじょうえつみょうこう)は、新潟県妙高市桶海にあるホテルゴルフ場リゾートマンションからなるリゾート施設。

概要編集

1988年松下興産によってゴルフ場スキー場を核とした妙高パインバレー(みょうこうパインバレー)として開発され、2005年にアパグループが取得[1]、名称をアパリゾート妙高パインバレーに変更した。スキー場は2008年3月をもって閉鎖されている。

2014年4月16日に、北陸新幹線ならびに上越妙高駅の開業を見据えて、名称をアパリゾート上越妙高(アパリゾートじょうえつみょうこう)に変更した[2][3]

歴史編集

  • 1975年 - 松下興産(以下、MID)により開発に着手。
  • 1985年 - 着工
  • 1988年 - 妙高パインバレーとして、「妙高パインバレープリンスホテル」、「妙高パインバレーカントリークラブ」、「妙高パインバレースキー場」が開業。
  • 1991年 - 「妙高パインバレープリンスホテルアネックス」開業。リゾートマンション「妙高パインバレー ロジュマン」分譲。
  • 2000年 - プリンスホテルの運営委託契約の満了にともない、ホテル名を「妙高パインバレー ロイヤルパインズホテル」に変更し、MIDが直営化。
  • 2005年
    • 7月20日 - 豊秀興産(初代・松下興産が同年3月に改称)がホテル・スキー場・ゴルフ場・ロジュマンの未入居住戸をアパグループに売却。リゾート総称を「アパリゾート妙高パインバレー アパホテル&リゾート<妙高高原>」へ名称変更。
    • 9月30日 - 豊秀興産は特別清算開始決定をうけ事実上倒産。
  • 2009年6月 - 「妙高パインバレースキー場」を2009年シーズン以降営業休止とする旨および、ゴルフ場を24Hから18Hに縮小すると発表。
  • 2014年4月16日 - 施設総称を「アパリゾート上越妙高」へ、ホテル名を「アパホテル&リゾート<上越妙高>」へ、ゴルフ場名称を「アパリゾート上越妙高の森ゴルフコース」へ変更した[2][3]。これによりMIDのブランドであった「パイン」が、MID時代に分譲した「妙高パインバレー ロジュマン」を除いて施設名から削除された。
  • 2015年3月 - 北陸新幹線上越妙高駅開業。
  • 2016年4月 - 「アパホテル&リゾート<上越妙高>」の内装が全面リニューアルされた。

施設概要編集

アパホテル&リゾート<上越妙高>(本館・アネックス)
  • 客室数:225室(収容人員:430人)
  • レストラン
  • 宴会場
  • 結婚式場チャペル
  • 温泉施設(大浴場、温泉露天風呂、サウナ)
アパリゾート上越妙高の森ゴルフコース(18H)
  • パターコース(18H)
その他の施設
  • リゾートマンション「妙高パインバレー ロジュマン」(分譲済み)
  • セミナーハウス(会議・研修施設)
  • グラウンド(2面)
  • テニスコート(ハードコート17面、インドアコート2面)
  • 展望台(恋人の聖地サテライト)[2][4]
  • イルミネーション - 夜景評論家の丸々もとおが監修し名称を変更した2014年から実施[2]。旧ゴルフ場を利用したイルミネーションで、2015年には「LEDライトで作った最大のイメージ」としてギネス世界記録に認定されている[5][6]
  • インドアフットサルコート(2面)
  • インドアプール、釣り堀 ほか ※夏季営業
  • こどもタイヤ広場(2013年7月オープン ※使用済みタイヤを使用した遊び広場/新潟県内最大規模)
  • 駐車場(550台)

妙高パインバレースキー場編集

2008年3月にて廃止。ゴンドラ1基、リフト1基から構成される5コース。最大滑走距離2,100m。初心者向けの緩斜面が中心コースがあった。

温泉編集

2003年までアルカリ性単純泉を用いた温泉大浴場があったが、源泉枯渇に伴い人工温泉に切り替え。2008年に温泉源を再発掘し、温泉露天風呂として提供している。

アパリゾート上越妙高の森ゴルフコース編集

全18ホールの山岳コース。パー72、総距離6,959ヤード。4人乗り電磁誘導ゴルフカートのセルフプレー方式。*松下興産時代の会員権の預託金は弁済されている。アパグループ買収後はパブリックコースに転換。

アクセス編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集