アヒージョ

スペイン料理

アヒージョ西: ajillo)は、オリーブオイルとニンニクで食材を煮込む料理。カスエラ(耐熱の陶器)にて熱したオリーブオイルごと提供される。スペイン料理の一種で、マドリード以南の代表的な小皿料理(タパス)である。また、マドリード以北でも提供しているバル(飲食店、酒場)は多い。

海老のアヒージョ

概要編集

素材は魚介類を中心に海老、牡蠣イワシタラエスカルゴマッシュルームチキン砂肝野菜など多種多様で、熱が通った具材をそのまま食すのと併せ、バゲットチュロスをオリーブオイルに浸して食べるのが一般である。日本のスペインバルではバゲットやチュロスの提供は必須ではないが、スペイン人の中には「バゲットやチュロスと一緒でないと成立しない料理」と主張する向きもある[1]

一般的な作り方編集

材料
作り方
  1. 素材の下ごしらえをする。
  2. ニンニクをスライス、または微塵切りにする。
  3. カスエラにオリーブオイル、ニンニク、鷹の爪、塩を入れ、火にかける。
  4. ニンニクが少し色付いたら素材を入れる。
  5. 海老のアヒージョにはシェリー酒を仕上げに入れる(キノコなどには利用しない)。

小ぶりのアヒージョ用鍋などを使って調理することが多いが、日本においては、家庭用たこ焼き器やたこ焼きプレート付きホットプレートを利用した卓上調理も見受けられる[2]

代表的な素材編集

呼び名について編集

「アヒージョ」とはスペイン語で「小さなニンニク」、具体的には「刻んだニンニク」を表わす言葉である。日本では、料理自体を「アヒージョ」という。スペインでは、料理名は「○○ (食材名)・アル・アヒージョ (al ajillo)」、日本語で「○○ (食材名)のアヒージョ」という意味の呼び方をする。たとえばエビを使用する場合は「ガンバス (エビ)・アル・アヒージョ」、「エビのアヒージョ」となる。

ちなみに、「アヒージョ」という言い方はジェイスモの発音であるので、ジェイスモではない場合「アヒーリョ」となる。ジェイスモでも違う発音では「アヒーヨ」となる。

ピルピル (pil-pil)編集

 
バカラオ・アル・ピル・ピル

同様の料理にバスク料理ピルピルがある。

アヒージョとの違いはドロドロになるまで弱火で煮詰め乳化させて調理する事。 調理時間の差や鷹の爪が微塵切りになる、素材となる材料が魚など諸説があるが、明確な違いはない。

基本材料はニンニクと鷹の爪とオリーブオイルと塩漬けの鱈を鍋に入れ、弱火で鍋を回しながら白っぽく乳化してきたら完成である[3]

脚注・出典編集

関連項目編集