アフィリエイテッド・ファイナンシャル・プランナー資格

アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー資格(AFP資格、または単にAFP)とは、特定非営利活動法人(NPO法人)日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)が認定する資格である。

アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー
英名 AFFILIATED FINANCIAL PLANNER
略称 AFP
実施国 日本の旗 日本
資格種類 民間資格
分野 金融
認定団体 特定非営利活動法人(NPO法人)日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
認定開始年月日 1992年5月
公式サイト http://www.jafp.or.jp/
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

目次

概要編集

2年毎の資格更新に所定の継続教育が義務付けられている。

受験資格編集

2級ファイナンシャル・プランニング技能検定が、AFP資格審査試験を兼ねている。また、この試験は日本FP協会の他に金融財政事情研究会も実施しているが、どちらの団体の試験でもAFP資格審査試験としての効力を有している。

以下の要件を全て満たしたものが、AFPの認定を受けられる。また、条件を満たすための順序の前後は問わない。

  • 日本FP協会認定のAFP認定研修を修了する。
  • AFP資格審査試験(2級ファイナンシャル・プランニング技能検定)に合格する。
  • 日本FP協会に登録する。

AFP認定研修編集

日本FP協会の認定教育機関で受講する(通学又は通信)。受講者は必要な科目・単位を履修し、提案書を提出し、一定水準以上の得点を得る必要がある。

科目と単位編集

  • 必要科目:8科目(68単位以上)
  1. FP基礎
  2. 金融資産運用設計
  3. 不動産運用設計
  4. ライフプランニング・リタイアメントプランニング
  5. リスクと保険
  6. タックスプランニング
  7. 相続・事業承継設計
  8. 提案書の作成

取得後の称号編集

  • アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー

検定実施日編集

試験会場編集

沿革編集

  • 1992年(平成4年)5月 : CFP®資格制度導入に伴い、会員ファイナンシャル・プランナー資格をAFPに移行する。
  • 1999年(平成11年)11月 : 初の全国統一会場試験を全国49都市で実施する。

その他編集

認定後は、2年毎に資格更新が必要となる。

以下の継続教育の両方を満たすことが、資格更新要件である。

  1. 15単位以上を取得する。
  2. 以下のうち3課目以上を履修する。
    1. FP実務と倫理(必須科目)
    2. 金融資産運用設計
    3. 不動産運用設計
    4. ライフプランニング・リタイアメントプランニング
    5. リスクと保険
    6. タックスプランニング
    7. 相続・事業承継設計

関連項目編集

外部リンク編集