アフガニスタン戦争

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ
アフガニスタン侵攻から転送)

アフガニスタン戦争(アフガニスタンせんそう)は、アフガニスタンを舞台に起こった様々な戦争を指して用いられた呼称である。

概要編集

アフガン戦争編集

かつては、19世紀に起こったイギリスの二次にわたるアフガニスタン侵攻と、1919年のアフガニスタンとイギリスの戦争、すなわち三次にわたるアフガン戦争を指して言うことが多かった。

アフガニスタン紛争編集

1978年以来のソビエト連邦軍アフガニスタン人民民主党政府とムジャーヒディーンとの戦闘、1989年ソビエト連邦軍撤退以降のムジャーヒディーンやターリバーンの戦闘、そして2001年アメリカ同時多発テロ事件後「対テロ戦争」の名目で始まったNATOおよび北部同盟によるターリバーン攻撃アフガニスタン侵攻に至る紛争は総称してアフガニスタン紛争などと呼ばれるが、このそれぞれの戦争の段階、もしくは統一してアフガニスタン戦争と呼ばれることも多い。

アフガニスタン戦争と呼ばれることのある戦争編集

アフガン戦争編集

アフガニスタン紛争編集

1978年に始まったアフガニスタン人民民主党政府に対する武装蜂起と1979年から1989年までのソビエト連邦による軍事介入。
1989年のソビエト連邦軍撤退以降にアフガニスタン国内で継続された内戦
2001年からの、ターリバーン政府とアルカーイダ等の武装勢力とアメリカ合衆国をはじめとする有志連合諸国、国際治安支援部隊アフガニスタン・イスラム共和国政府[1]による戦闘。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 2001年は北部同盟、2001年から2002年までは暫定政府、2002年から2004年まではアフガニスタン・イスラム移行国、2004年以降は正式政権であるアフガニスタン・イスラム共和国政府。

関連項目編集