メインメニューを開く

アフタル・ムハンマド・マンスール

アフタル・ムハンマド・マンスールパシュトー語: اختر محمد منصور Akhtar Mohammed Mansour、1965年頃 - 2016年5月20日/21日)は、アフガニスタン政治家イスラーム主義勢力ターリバーンの2代目最高指導者。イスハークザイ部族[1]

アフガニスタン南部カンダハール近郊出身のパシュトゥーン人1996年から2001年まではターリバーン政権(アフガニスタン・イスラム首長国)において航空・観光相を務める。2015年7月30日、ターリバーンはムハンマド・オマルの死亡を認め、後継の最高指導者としてマンスールが就いたことを明らかにした[2][3]

2016年5月21日パキスタンとアフガニスタンの国境付近を車両で移動中、アメリカ軍の無人機による空爆を受け死亡したとされる[4]。タリバン幹部のアブドル・ラウフは死亡日を5月20日としている[5]。マンスールの死亡を受け、同25日ハイバトゥラー・アクンザダが3代目の最高指導者に就任した。[6]

脚注編集