メインメニューを開く

国家および連合編集

地球圏統一連合編集

A.C133年にコロニー間での紛争を阻止するために発足した。それと同時に統一連合軍も創設される。 もともと紛争解決を名目にした組織であったが、紛争が下火になると組織存続のために小国や宇宙コロニーを軍事力で屈服させるなどの暴走行為が行われていく。そのため、連合を構成する各国の政治経済を軍国主義で圧迫するまでに至っていた。地球圏統一連合軍内部にはOZが隠れ蓑としている「スペシャルモビルスーツ部隊」(スペシャルズ)も存在する。

物語当初は地球全土と宇宙コロニーを支配下に置いている非常に大規模な軍事力を誇る勢力として君臨していたが、ニューエドワーズ基地での総司令官ノベンタや地球方面軍司令官ベンディを始めとする上層部がガンダムパイロットにより死亡、宇宙方面軍司令官セプテムもOZに暗殺されたことから統一連合軍の首脳陣が壊滅。その混乱に乗じて決起したスペシャルズ(OZ)のクーデターにより、地球上の拠点は各基地が状況把握すら出来ないまま、OZに各個撃破されてしまう。

その後も宇宙軍はコロニーに駐留を継続し、支配権を強めていたがOZの宇宙用モビルスーツ「トーラス」とモビルドールシステムの圧倒的な性能の前に徐々に駆逐されていく。

コロニー革命集団「ホワイトファング」が決起すると連合軍残党の一部はホワイトファングに加わった者がいた模様である。


地球圏統一国家編集

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz』に登場。国際連合的な性格が強かった地球圏統一連合を一歩進め、地球全体で1つの国のようにより密接な連携を深めた組織(超国家的組織)。国家政府直属の諜報組織「プリベンター」が存在する。

政治形態としては大統領制を採っており、大統領は選挙で選ばれる。首都はブリュッセル。ここに地球圏統一国家大統領府(通称「ブリュッセル大統領府」)が置かれており、大統領は普段ここで公務をこなす。

なお、ブリュッセル大統領府の建屋は不測の事態に備えて、建物そのものが地下数十メートルまで潜り、その上を5重のシャッターで封鎖することによって、堅固なシェルターとすることも可能である。真のオペレーション・メテオを目論むマリーメイア軍に乗っ取られ、司令部機能を持つ防空壕として利用されてしまった。

コズミック・イラにおいても同じ概念の組織が登場するが、関係はない。


ブント共和国編集

旧中国山岳地帯に存在した自治区を地球圏統一連合軍のブント大佐が、平和主導者をクーデターで殺害して設立した国家。

軍部主導の軍政が敷かれており、軍人が特権を振りかざして食事料金を踏み倒すために店主に暴行を振るう等、国民の支持は極めて低い。レジスタンスも組織され、軍事施設に対するテロ行為も頻発している。ただし、祖国のために戦うといった、誠意のある軍人も僅かながらいる。 リーオー・アーリータイプと多数の支援砲撃兵器、軍用ヘリコプター等を有している。

ブントはOZに寝返った上で、それに同調しない一部の部下をレジスタンス諸共排除し、この国もOZに売り渡そうとしたが、シェンロンガンダムとの交戦でブント大佐は死亡、軍も全滅してしまったため、その後の動向は不明。

組織編集

ロームフェラ財団編集

欧州の王侯貴族ら特権階級が母体となり設立され、本来の結成目的は美しい自然や古き良き伝統の保護だった。しかし、その後、既得権益保護と拡大を目的とする色彩が極めて濃くなり、トレーズ・クシュリナーダや一部のメンバーはその事を憂えていたようである。

その権益の多くは戦争の管理により生産・拡大されるものであり、地球圏統一連合軍時代からかなりの影響力を行使していた。統一連合がコロニーとの和平に動き出していたのを良しとせず、オペレーション・デイブレイクで統一連合首脳陣の殲滅と地上の連合軍主要基地をOZに占領させる。A.C.195年中期には、新型の無人機動兵器であるモビルドールを用いて、特務機関であるOZをほぼ完全に牛耳るオペレーション・ノヴァを実行。新生OZの軍事力を増強と同時に各国への示威行動が目的でデルマイユツバロフ技師がその中心となっていた。この作戦で使用されたモビルドールはすべて宇宙で生産されたビルゴであり、これらを地球に降下させることで地球上での戦力増強を図ることも目的の一部であったと思われる。しかし、この作戦は大きく動いていたため、デュオ・マックスウェルゼクス・マーキスが何とか阻止しようと資源やモビルドールを積んだ輸送船を破壊して回っていたが、それでも阻止することは出来なかった。最終的には、この作戦は成功したといえる。

デルマイユ候によりそのカリスマ性を見抜かれたリリーナ・ピースクラフトを傀儡として財団代表にしたが、彼の思惑が外れリリーナがOZに武装解除を求めコロニー側との和平解決を求める演説をしたためにデルマイユ候が失脚、ホワイトファング決起による混乱に乗じたトレーズが復活しリリーナも失脚した。

デルマイユ侯の指示のもと、行ったモビルドールによる紛争鎮圧のための軍事行動であるが、実は財団の力を世界各国に見せつけ、反旗を翻したトレーズ派の粛清が目的であった。


OZ編集

地球圏統一連合軍の特務機関。総帥はトレーズ・クシュリナーダ。黄道帯機構(Organization of the Zodiac)の略称。

OZの前身は、地球からコロニーへ物資を搬送するコロニー機械搬入会社だった。宇宙作業用モビルスーツを戦闘用モビルスーツに変換し、兵器として初めてモビルスーツを開発。ロームフェラ財団の全面的支援下により、軍事秘密結社OZとなる。

その後、地球圏統一連合に対し民間軍事会社として高水準の装備と人員をサービスする業務を実施、これを「SMS(スペシャルズ)」と称した。その後、ニューエドワースにて、ノベンタ将軍を中心に行われたコロニー勢力対策会議の際、各連合軍基地において反乱を誘発させ、制圧後に地球圏を実質的に支配する存在になる。

当初5人のガンダムパイロットの標的もOZだったが、財団内の争いでトレーズの一時的な失権による財団の直接支配による内紛、その後のトレーズ復権による迷走を続け、ホワイトファングとの最終決戦の際にトレーズが張五飛に敗れ戦死。OZが敗北を認め戦争が終結したために解体された。

OZの階級と爵位編集

OZに所属する兵士に関する特徴としては、地球圏統一連合軍組織内で一階級以上上の待遇を受ける点や、最下階級の「特士」でも「騎士」の称号を、特尉以上は貴族としての名誉と称号を与えられる点が挙げられる。

SMS/OZ階級 爵位 主な叙位者 連合軍階級
上級特佐 公爵 (Duke) トレーズ 少将
一級特佐 侯爵 (Marquess) - 准将
二級特佐 伯爵 (Count) レディ・アンゼクス 大佐
准級特佐 子爵 (Viscount) - 中佐
上級特尉 男爵 (Baron) ゼクス 少佐
一級特尉 准男爵 (Baronet) ノイン 准佐
二級特尉 騎士爵 (Knight) オットー 大尉
特士 騎士 (Sir) ワーカー 中尉

OZ関連施設・大規模兵器編集

北アメリカ中部MS工場
TVシリーズ第1話に登場。表向きはリーオーの製造工場だが、既にOZに掌握されているため、デュオ・マックスウェルが最初の任務であるメインモーター破壊を遂行しながら、付近のMS達を撃破していった。
ドーバー宇宙基地
TVシリーズ第1話に登場。トロワ・バートンスペースポート破壊任務のために奇襲攻撃を行った。
揚子江河口基地
TVシリーズ第1話に登場。張五飛空母戦闘機を破壊しながら前進した。この時OZの偵察機に撮影されたため、ガンダムが5機ある事が知られてしまう。
インダス補給基地
TVシリーズ第3話に登場。五飛に襲撃された基地だが、無防備とも思える警戒心のなさに五飛自身も呆れ果てていた。
コルシカ基地
TVシリーズ第3話に登場。トロワが破壊任務のために襲撃した基地。スペシャルズ(後のOZ)のワーカーもデータ収集のために部隊を引き連れて出撃するも、遅れてやってきたカトル・ラバーバ・ウィナー率いるマグアナック隊によって全滅した。
レイク・ビクトリア基地
アフリカ大陸ビクトリア湖湖畔にあるOZの基地。初登場はTVシリーズ第4話。
新型宇宙用MS OZ-12SMS トーラスの生産およびそのパイロットの養成が行われており、ルクレツィア・ノインはここで教官を務めている。主な登場話は第4、10、11、13話。
北太平洋補給基地
TVシリーズ第5話に登場。ドクターJの指令で、ヒイロ・ユイがMSによる破壊工作を行った。デュオも破壊任務を受けたためか司令部を破壊した。
ニューエドワーズ基地
TVシリーズ第7話に登場。トレーズの策略により、コロニーとの和平会議を行った地球圏統一連合の最高司令官ノベンタ元帥を含む和平派をガンダムによって一掃されてしまう。
これを機にOZは世界各地でクーデターを起こし、地球圏を掌握する。その後、レディ・アンにより基地にあるミサイルを誘爆させてガンダムを抹殺しようとしたが、サリィ・ポォの情報提供により阻止される。
ナイロビ基地
TVシリーズ第7話に登場。ニューエドワーズ基地をガンダムが襲撃をした折にOZはオペレーション・デイブレイクを発動。軍事行動によるクーデターを行った際にゼクス・マーキスの指揮で制圧された基地である。
サクラメント基地
TVシリーズ第7話に登場。OZのクーデターによって、周辺基地同様に制圧された基地である。
ルクセンブルク基地
初登場はTVシリーズ第8話。サンクキングダムを解放する時にゼクスが制圧しようとした。第33話ではOZの内部分裂によって生じたトレーズ派の最大拠点となっている。また総帥の座を追われたトレーズの幽閉先でもあり、密かに開発したガンダムエピオンをヒイロに託したのもここである。主な登場話は第8、33、34話。
沿海州要塞島
TVシリーズ第9話に登場。至近に教育施設があり、同要塞の破壊を企図したヒイロとデュオが付近の学校に転入した。
シベリア基地
TVシリーズ第10話に登場。地球上で生産されたトーラスはここに運ばれ、新しい機動システムを組み込まれて宇宙へ打ち上げられた。
モガディジオ要塞
TVシリーズ第13話に登場。旧統一連合の残党が構える辺境の基地で、迎撃用にノベンタ砲が備えてある。OZの若手兵士であるアレックスミュラー率いる第33独立戦隊の攻撃目標だったが、連合側の降伏受諾を無視しての虐殺行為により基地ごと全滅。同戦隊も増援として編入し、降伏勧告をしたゼクスの怒りを買ったために粛清されてしまう。
バークレー基地
TVシリーズ第16話に登場。南極大陸にある、既に閉鎖された資源採掘基地。ヒイロとの個人的な因縁に決着を付けようとしたゼクスがトールギスで一騎討ちに臨んだ場所でもある。
シンガポール宇宙基地
TVシリーズ第17話に登場。 OZの最新鋭の宇宙基地。カトルとデュオはこの基地の襲撃でOZの本性を世界中に暴きだそうとしたが、既に懐柔されたコロニーDエリアによって反逆者としての烙印を押されてしまうのだった。
宇宙要塞バルジ
初登場はTVシリーズ第10話。詳細は宇宙要塞バルジを参照。
月面基地
初登場はTVシリーズ第17話。基地責任者はOZ MS技師長ツバロフ。
月面のクレーター群を中心に建設されている。月面に表出している部分は僅かであり、施設の大部分は地下に深く広く存在する。その巨大な技術力と生産力を利して、新型MSやMDの開発や生産が行われた。警備用MS・MDを除けば砲座などの武装は特に存在しないが、緊急時を想定したツバロフの細工が基地の随所に存在する。
宇宙戦艦リーブラ
初登場はTVシリーズ第38話。「戦艦」の名を持つが、そのサイズ・攻撃力は既存の艦船の規模を遥かに超える。詳細はリーブラを参照。
資源衛星MO-II
初登場はTVシリーズ第45話。世界国家の元首に就任したトレーズがホワイトファングとの全面戦争するために全兵力を集結させた。宇宙用リーオーを主戦力としたMS部隊とトレーズ自らが乗ったトールギスIIで徹底抗戦を行った。

OZプライズ編集

新機動戦記ガンダムW デュアルストーリー G-UNIT』に登場する。OZの独立部隊。

ロームフェラ財団直属の部隊であり、OZの戦略とは関わりなく独自に行動している。OZ内部でもその全貌を知る者は少なく、実質的にはロームフェラ財団総帥代行デルマイユ侯の私兵となっている。当初は星屑の三騎士が中核をなしていたが、ドクターペルゲの情報操作により財団から切り離され、ペルゲと彼が呼出したヴァルダー・ファーキル特佐が実権を握る事となる。


ピースミリオン編集

ハワードとプロフェッサーGにより開発された巨大戦艦。劇中終盤にてOZとホワイトファングの決戦に向かうガンダムパイロットの母艦となる。戦艦としてのピースミリオンはピースミリオンを参照。


ホワイトファング編集

かつての宇宙コロニーの指導者ヒイロ・ユイの右腕と呼ばれていたカーンズが設立した組織。OZではコロニー反乱軍とも呼ばれる。 20年前から存在するコロニー市民の独立運動組織が母体となっており、後に旧地球圏統一連合軍残党勢力やOZトレーズ派、スイーパグループなどを糾合してAC195年に武力蜂起した。地下組織にもかかわらず人員・装備ともに大規模だが、上記経緯により参加者の主義・思想は必ずしも一枚岩ではなかった(作中でも地球の旧軍事勢力であった地球圏統一連合軍残党やOZトレーズ派と手を組むことに難色を示している者が存在している)。

物語中盤までは表立った活動を行っていなかったが、アルテミス・レヴォリューションを発動してOZ宇宙軍司令官ツバロフの身柄を拘束すると同時にOZの月面基地を、更に建造中だったOZの宇宙戦艦リーブラを電撃的に掌握し、その成果を地球圏全土に喧伝することで一気に歴史の表舞台に踊り出た。その後カーンズはサンクキングダム攻防戦以後、気力を失っていたゼクス・マーキスことミリアルド・ピースクラフトを、彼が所有していたガンダムエピオンとともに組織の指導者・象徴として引き入れる。ミリアルドによって率いられたホワイトファングはリリーナ・ピースクラフト、次いでトレーズ・クシュリナーダを元首とする世界国家に宣戦布告する。なお、ミリアルドを引き入れた際、それに反対した一部のメンバーが組織を離脱している。

世界国家との戦争は世界国家軍の降伏により勝利するものの、リーブラ主砲を始めとするリーブラの戦闘能力の喪失、MD制御室の破壊による全モビルドールの機能停止により戦力は壊滅。カーンズとミリアルドも行方不明となり、事実上消滅した。小説版ではヒイロ・ユイとの決闘に敗北した総帥ミリアルドがリリーナに指揮権を譲渡したことで消滅した展開となった。

アルテミス・レヴォリューションにより表舞台へと出た後は、月面基地より奪取したMDビルゴ、およびビルゴIIを主戦力としている。モビルドールに頼った戦術は、開戦当初の戦闘を有利に進める要因の一つであったが、後に敗因の一つになった。

構成員のトレードマークは左腕に巻いた白いスカーフ。


バートン財団編集

コロニーでも最大規模の財閥である。

マリーメイア軍編集

バートン財団の総帥デキム・バートンが、娘のレイアとトレーズ・クシュリナーダの血を引いた遺児であるマリーメイア・クシュリナーダを指導者として擁立して立ち上げた独立軍隊。所属している兵士達の多くは、リリーナ・ピースクラフトが掲げる完全平和主義のために、兵士としての役目を奪われたトレーズ派のOZ兵士達を始めとする兵隊達で、その中にはかつてのオペレーション・メテオに関わっていた者もいる。また、オペレーション・メテオ自体が、元々はマリーメイア軍を裏で牛耳っているデキムと、ホワイトファングの最初の指導者であるカーンズが発案したものである。

軍が秘密裏に発足されたのは、かなり前の時期であったようで、地球圏統一国家の大統領直属情報部であるプリベンターも、マリーメイア軍が宣戦布告するまでの間、その存在に気づくことが出来なかった。バートン財団の財力を後ろ盾に持っている事で、その軍資金は相当な物と思われ、ネオチタニュウム合金を密かに集めて、OZが密かに設計していた最新鋭MSであるサーペントを大量生産。着々と地球への宣戦布告に向けて準備を進めていた。

A.C.196年12月に、L3コロニーの一つである「X-18999」を占拠して、遂に本格的な活動を開始。マリーメイアによる地球圏への宣戦布告が行われた後、X-18999を地球に落とし、大量のサーペントで地球を制圧する「真のオペレーションメテオ」を実行に移そうとする。しかし、ガンダムのパイロット達やプリベンターの活躍によってコロニー落としは阻止され、拠点の一つである資源衛星「MO-III」も、プリベンター・ウインドの駆るトールギスIIIに破壊されるが、サーペントの降下には成功し、降下後はブリュッセル大統領府を制圧下に置く。

その後、プリベンターの機体や地球に降下してきたガンダムと、ブリュッセルで壮絶な攻防戦を繰り広げ、徐々にそのサーペントによる圧倒的物量で追い詰めていく事になるが、ウイングゼロによる最大出力のツインバスターライフルで、シェルターに防備されていた大統領府が崩壊し、更にはリリーナ・ピースクラフトの通信での訴えに応えた市民達が反戦デモを起こし、マリーメイア軍の兵士達の間で動揺が発生。その最中、指導者であるはずのマリーメイアを銃撃し横暴な振る舞いを見せたデキムは、傍にいた兵士達の反感を買って射殺され、指導者2名を失ったマリーメイア軍は、最終的に全面降伏する結末となった。