アフターマス・エンターテインメント

アフターマス・エンターテインメント(英語 Aftermath Entertainment)は、1996年ドクター・ドレーによって設立されたアメリカレコードレーベルユニバーサル ミュージック グループ系のインタースコープ・レコード傘下で活動している。

歴史編集

ドクター・ドレは、1996年 3月デス・ロウを離脱してすぐアフターマス・エンターテインメントを立ち上げた。その年末までに、立ち上げメンバーと共に、コンピレーションアルバム『ドクタードレ・プレゼンツ・ザ・アフターマス』を発表した。

1997年ドーン・ロビンソンがR&Bグループのアン・ヴォーグから脱退し、アフターマスと契約することを発表した。しかし、その後、ドレが自分の仕事をなかなか始めようとしないことを批判し、突如レーベルを去っていった。1997年秋、ヒップホップ界から豪華な顔ぶれが結集したザ・ファームナズAZフォクシー・ブラウンなど)の唯一のアルバム、『ザ・アルバム』をインタースコープと共同で発表した。ドクタードレが楽曲提供だけでなく、カメオ出演も果たし、ビルボード誌のアルバムチャートで初登場1位を記録し、100万枚の売上(プラチナディスク)も達成したが、目指していた水準の商業的成功にまでは至らなかった。この結果を受けて、ザ・ファームは解散することになった。

アフター・マスは続いてキング・ティーを大々的に送り出すが、大失敗に終わり、解雇された。すでに大御所だったラキムもアフター・マスと契約を結んだが、法的な問題に加え、復活アルバムの製作過程で生じた衝突により、彼もレーベルを後にすることになってしまった。このように、旗揚げからしばらくは、アフター・マスは順調とは言えない滑り出しだった。

1998年、インタースコープの幹部、ジミー・イオヴィンの紹介を受けて、デトロイトを拠点として活動していたエミネムと契約を結んだ。翌年、エミネムのメジャーデビュー作『ザ・スリム・シェイディLP』が発表され、全米2位・400万枚の大ヒットを記録した。これにより、アフターマスはようやく商業的に大成功と呼べるアルバムをリリースすることができ、以降レーベルは右肩上がりに成長していく。その後エミネムは2作目の『ザ・マーシャル・マザーズ・LP』以降9作連続で全米一位を記録する(継続中)など、アフターマスのみならず全世界を代表するラッパーとなり、アフターマスの顔となる。

同じく1999年、ドクタードレが、1992年に発売したアルバム『ザ・クロニック』以来となる自身のアルバム『2001(英語版)』を発表した。ドレの盟友であるスヌープ・ドッグをフィーチャリングしたリードシングルである『スティル D.R.E.』や、すでにレーベルの顔となっていたエミネムとフィーチャリングした『フォガット・アボウト・ドレ』の大ヒットもあり、全米800万枚の売上を記録した。

その後アフターマスは、ヒットマントゥルース・ハーツザ・ラスト・エンペラーなど、続々と新たなアーティストと契約し、拡大路線に入るが、ほとんどがアルバムを一枚も発表しないうちに脱退している。2003年には、エミネムのレーベルであるシェイディ・レコーズと共同で、50セントのデビューアルバム『ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン』を発表し、全米一位を記録。シングル「イン・ダ・クラブ」は2003年の年間一位も記録した。その後アフターマスから総計5枚のアルバムをリリースするが、2014年にレーベルを脱退している[1]

2012年には、ドクター・ドレと同郷出身のラッパーであるケンドリック・ラマーとの契約を発表[2]。翌年、メジャーデビュー作品である『Good Kid, M.A.A.D City』を発表。全米で100万枚を売るなど大ヒットを記録しただけでなく、批評家からも非常に高い評価を受けることとなった。その後、2015年に『To Pimp A Butterfly』、2017年に『DAMN.』を発表し、いずれも高い評価を得ている。

2016年にアンダーソン・パークと契約[3]し、アフターマスに加入しているのはドクター・ドレ、エミネム、ケンドリック・ラマー、アンダーソン・パークの4人となった。

脚注編集

  1. ^ 50 Cent Leaves Interscope Records, New Album Coming June 3rd” (英語). AllHipHop.com (2014年2月20日). 2021年1月14日閲覧。
  2. ^ Kendrick Lamar & Black Hippy Sign To Aftermath & Interscope | Get The…”. archive.vn (2013年1月25日). 2021年1月14日閲覧。
  3. ^ Watch Dr. Dre Welcome Anderson .Paak to Aftermath Roster” (英語). Billboard. 2021年1月14日閲覧。

参考文献編集

  • ソーレン・ベイカー『ギャングスター・ラップの歴史 スクーリー・Dからケンドリック・ラマーまで』塚田桂子訳・解説、DU BOOKS、2019年9月。