メインメニューを開く

アフリカ・ワールド航空

アフリカ・ワールド航空(アフリカ・ワールドこうくう)はアクラに拠点を置くガーナの航空会社[1]。拠点空港はアクラのコトカ国際空港

Africa World Airlines
9GAET in Kumasi.jpg
IATA
AW
ICAO
AFW
コールサイン
BLACKSTAR
設立 2010
運航開始 2012年9月21日
拠点空港 コトカ国際空港
保有機材数 3
就航地 4
親会社 海南航空
本拠地 アクラ
代表者 Togbe Afede, Zhang Jiuhua, Shi Cheng
外部リンク flyAfricaWorld.com
テンプレートを表示

歴史編集

アフリカ・ワールド航空は2010年に中国の海南航空中国アフリカ開発基金英語版SSNIT英語版、SASファイナンスグループによって設立された[2][3]

機材編集

2012年8月30日に初めての機体となるエンブラエル ERJ 145を受領し、国内線に使われた[4]。次の機体は2012年9月8日に受領したが、13日に地上で事故が起き破損した[5]。これらの機体は同じ海南航空傘下の天津航空が運用していたものである[6]

Africa World Airlines fleet
機種 運用 旅客
ビジネス エコノミー 合計
エンブラエル ERJ 145 3 0 50 50[7]
合計
3

就航路線編集

脚注編集

外部リンク編集