アフロ・ケルト・サウンド・システム

アフロ・ケルト・サウンド・システム (Afro Celt Sound System) は、ケルト音楽のメロディと西アフリカ音楽のリズムを現代的に融合した独自の音楽を創作しているイギリスを中心に活動する多国籍グループである。2003年にはバンド名を単にアフロケルツ (Afrocelts) と改めたが、その後のアルバム『ポッド』と『Volume 5: Anatomic』では、通りのよい従来の名前でリリースしている。

アフロ・ケルト・サウンド・システム
Afro Celt Sound System
Afro Celt Soundsystem TFF.JPG
アフロ・ケルト・サウンド・システム(2010年)
基本情報
別名 ACSS、Afrocelts
ジャンル エスニック・エレクトロニカ、ワールドビート、ケルティック・フュージョン、アフロビート
活動期間 1995年 -
レーベル リアル・ワールド・レコード
共同作業者 The Dhol Foundation
The Imagined Village
バーバ・マール
ピーター・ガブリエル
公式サイト afroceltsoundsystem.org.uk
メンバー サイモン・エマーソン
ンファリー・クヤテ
ジョニー・カルシ
ムサ・シソコ
Griogair Labhruidh
ローナン・ブラウン
エマー・メイヨック
デイヴィ・スピラーン

概要編集

バンドはピーター・ガブリエルの「リアル・ワールド・スタジオ」で行われている「リアル・ワールド・レコーディング・ウィーク」の1995年真夏のセッションの中で、イギリスのプロデューサー兼ギタリストのサイモン・エマーソンを中心として生まれた。「リアル・ワールド・レコーディング・ウィーク」は期間中に世界中から集まったアーティストやエンジニア、プロデューサーがコラボレーションを行うイベントである。彼らのアルバムにはしばしば幅広い範囲のゲスト・アーティストが招かれワールドミュージックスーパーグループともみなされている。

アルバムは「リアル・ワールド」レーベルからリリースされており、レーベル内でガブリエル自身を唯一越える最も売上げの多いバンドとしても知られている。印象的なライブ・パフォーマンスはときにウォーマッド・フェスティバルでのハイライトともなってきた。リアル・ワールドとの契約では5枚のアルバムをリリースすることになっており、2005年の『Volume 5: Anatomic』が最後のものとなる。

その後、断続的なライブ活動などを行っていたが、2014年5月にはウェブサイトを刷新し、新アルバムの製作を発表した[1]

メンバー編集

1990年代中盤にアフロ・ケルト・サウンド・システムが活動を開始したころには、バンドのメンバーとゲストとの違いは実質的に存在していなかった。その後、多くの場合には、以下のメンバーがアフロ・ケルト・サウンド・システムの名前で活動している。

ギターとプロデューサーを担当する。バーバ・マール (Baaba Maal) のアルバムのプロデュースでグラミー賞にノミネートされた経験をもつ。 イギリス生まれ。
アイルランドの打楽器バウロン (bodhrán) やアコーディオンティン・ホイッスルを演奏している。 一時期「ザ・ポーグス」のメンバーだったこともある。アイルランド生まれ。
ボーカル。 アイルランド生まれ。
  • マーティン・ラッセル (Martin Russell)
キーボード、プロデューサー、エンジニア、プログラミングを担当。
西アフリカの弦楽器コラをはじめ、バラフォン (balafon) やボーカルなどを担当している。ギニア生まれ。
インドの打楽器ドール (dhol) を担当。「ドール・ファンデーション」 (Dhol Foundation) のリーダーでもある。ケニアから移住した両親をもつインド系イギリス人。
  • エマー・メイヨック (Emer Mayock)
ティン・ホイッスル、フルートイリアン・パイプスを演奏する。

なお、『Volume 5: Anatomic』ではこのうちエマーソン、マクナリー、オ・リオナード、ラッセルがレギュラー・メンバーとしてリストされている。

他にも、アルバムごとに以下のようなミュージシャンが共演している。

ピーター・ガブリエルロバート・プラントシネイド・オコナーピナ・コラー (Pina Kollar)、ドロシー・ムニアネザ (Dorothee Munyaneza)、セヴァラ・ナザルハンサイモン・マッシー (Simon Massey)、ジェシー・クック (Jesse Cook)、マーティン・ヘイズ (Martin Hayes)、アイリーン・アイヴァース (Eileen Ivers)、マンディ (Mundy)、デンバ・バリー (Demba Barry)、アルタンマレード・ニ・ウィーニ (Mairéad Ní Mhaonaigh)とキーラン・トゥーリッシュ (Ciarán Tourish)、ローナン・ブラウン (Ronan Browne)、マイケル・マクゴールドリック (Michael McGoldrick)、「ミルディン」 (Myrdhin)、「シューグレニフティ」 (Shooglenifty)、マレード・ネズビット (Máiréad Nesbitt)、アユブ・オガダ (Ayub Ogada)。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • 『サウンド・マジック』 - Volume 1: Sound Magic (1996年)
  • 『リリース』 - Volume 2: Release (1999年)
  • 『ファーザー・イン・タイム』 - Volume 3: Further in Time (2001年)
  • 『シード』 - Seed (2003年)
  • 『ポッド』 - Pod (2004年) ※コンピレーション・リミックス盤
  • Volume 5: Anatomic (2005年)
  • 『キャプチャー 1995-2010』 - Capture: 1995–2010 (2010年) ※コンピレーション。2枚組ベスト・アルバム
  • The Source (2016年)
  • 『フライト』 - Flight (2018年)

出典編集

  1. ^ Afro Celt Sound System”. 2014年9月25日閲覧。

外部リンク編集