アブジャ・スタジアム

アブジャ・スタジアム(Abja Stadium)はナイジェリアの首都アブジャにある陸上競技場である。

アブジャ・スタジアム
Football heaven.jpg
施設情報
正式名称 アブジャ国立競技場
所在地 ナイジェリア・アブジャ
起工 2000年
開場 2003年
建設費 3億6000万米ドル[1]
設計者 シュライヒ・ベルガーマン&パートナー
使用チーム、大会
サッカーナイジェリア代表
収容人員
60,491 (サッカー)
スタジアムの外観

概要編集

アブジャ・スタジアムは2003年のアフリカ競技大会の開催を目的に建設された。

設計者はシュライヒ・ベルガーマン・アンド・パートナー。

当初は2002年のミス・ワールドが開催予定だったが、暴動の影響でロンドンに開催地を変更された。

座席数は60,000席。主にサッカーナイジェリア代表の試合、陸上競技会が中心である。2009年にはFIFA U-17ワールドカップのメイン会場として使用された。

脚注編集

  1. ^ Da'Silva, P.K. "2010 World Cup Bid Deception." THISDAY Nigeria 2003年6月20日。

外部リンク編集

座標: 北緯9度2分16.5秒 東経7度27分12.2秒 / 北緯9.037917度 東経7.453389度 / 9.037917; 7.453389