アブドゥッラー2世

ヨルダンの国王

アブドゥッラー2世・ビン・アル=フセインアラビア語: عبد الله الثاني بن الحسين‎, Abdullāh aṯ-Ṯānī bin al-Ḥusayn1962年1月30日 - )は、ヨルダン国王(在位:1999年2月7日 - )。

アブドゥッラー2世
عبد الله الثاني
ヨルダン国王
King Abdullah II of Jordan portrait.jpeg
アブドゥッラー2世(2020年)
在位 1999年2月7日 - 在位中
戴冠式 1999年6月9日、於ラガダン宮殿

全名 عبد الله بن الحسين
アブドゥッラー・ビン・アル=フセイン
出生 (1962-01-30) 1962年1月30日(60歳)
ヨルダンの旗 ヨルダンアンマン
配偶者 ラーニア・アル=アブドゥッラー
子女
家名 ハーシム家
父親 フセイン1世
母親 ムナー・アル=フセイン
宗教 イスラム教スンナ派
King Abdullah II of Jordan's signature.png
テンプレートを表示

経歴編集

イスラム教開祖ムハンマドの血筋を引くハーシム家の出身。1962年1月30日、国王フセイン1世と2番目の妻・ムナー・アル=フセイン王妃との間に長男として生まれる。

生後間もなく王太子に指名されるが、1965年に叔父のハッサンに王位継承権が移る。1966年、4歳のときにイギリスに留学し教育を受け、1981年サンドハースト英陸軍士官学校卒業。1983年にはオックスフォード大学で国際政治学を聴講。1987年 - 1988年にはアメリカジョージタウン大学大学院修士課程(国際関係論)。

1993年6月10日に半年間の交際を経てクウェート出身で両親がパレスチナ人ラーニアと結婚。2男2女をもうけている。

1999年1月、フセイン国王によりハッサン王太弟に代わって再び王太子に叙任。まもなく父の崩御に伴いヨルダン国王に即位(1999年2月7日)した。

2009年アフガニスタンでのチャップマン基地自爆テロ事件によりいとこのSharif Ali bin Zeid大尉が死亡。

ヨルダン陸軍に所属し、即位までは戦車指揮官や空軍の対戦車ヘリコプター隊戦術教官、特殊部隊司令官などを歴任した[1]。現在は国王として国軍最高司令官の地位にある。過激派組織ISILによってムアズ・カサースベ中尉が殺害された際、これに対する報復爆撃には国王自らも参加したと伝えられた[2]。ただし、ヨルダン政府当局はこの噂を否定している[3]

父親と同じく異母弟のハムザ英語版を王太弟としていたが2004年に廃し、その後王太子は空位となっていたが、2009年に長男のフセイン王子(1994年生まれ)を王太子とした。 2021年、ハムザを一時的に軟禁。有力部族らとの会談を重ねるとともに、国外の勢力とも通じ「国家の秩序を脅かした」ことが理由であったが、ハムザが国王への忠誠を誓ったことで解放している[4]

2022年9月22日、来たる27日に実施予定の故安倍晋三国葬儀にアブドゥッラー2世国王がヨルダン代表として参列することが、日本国外務省により発表された[5][6]

ヨルダンの50ディナール紙幣に描かれている。

人物編集

国王として積極的に外交に携わり、国家の安定に貢献している。

また、一般人(タクシー運転手、新聞記者、老人など)に変装して、国民の生の声を聞かんと努力している(変装は詰めの甘さで2回ばれている)。変装して訪れた病院[7]の応対について後日注意したこともある。この為、豊かといえない国家の王であるが国民からの敬愛心は強い。

とにかく自分でやってみないと気がすまない性分であり、特に乗り物に対するそれは過剰とも言える。国王自らハンドルを握り外国要人を空港まで迎えに行くのは日常茶飯事である。2006年7月に、日本の小泉純一郎首相がヨルダンを訪れた際にも、国王自らが運転する車で宿泊先のホテルまで送られる場面が報道されている。王室政府公用機(ロイヤル・ヨルダン航空所属のA310)を自ら操縦して外交先に出向くことも度々である。カイロ国際空港のロケーションを気に入っているかどうかは定かではないが、エジプトへの外遊ではいつも操縦輪を持つ。 イギリス軍から譲り受けたチャレンジャー1戦車はヨルダン軍では国王の名前にちなんでアル=フセインと命名されており、国王自身はチャレンジャー1戦車が操縦できるだけでなく、イギリス軍仕込みで部隊の指揮までできる。

大のトレッキーである。王子時代の1996年には、テレビシリーズ『スタートレック:ヴォイジャー』(第36話「パリスの裏切り」)に約6秒間出演している[8][9]。また、ヨルダン国内で建設中のリゾート施設紅海アストラリウム英語版も、スタートレックをテーマとしたものである[10]

趣味はスカイダイビングスキューバダイビングラリーなど。また、映画業界への興味が高じて紅海沿いの都市、アカバ南カリフォルニア大学映画芸術学部の協力を得て紅海映画芸術研究所(The Red Sea Institute of Cinematic Arts)を設立した。

アラビア語英語を話す。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集

アブドゥッラー2世

1962年1月30日 - 存命中

爵位・家督
先代
フセイン1世
  ヨルダン・ハシミテ王国国王
第4代:1999 -
次代
(在位)
王室の称号
先代
ムハンマド・タラール (en)
  ヨルダン・ハシミテ王国国王
王位継承者

1962 - 1965
次代
ハッサン・タラール (en)
先代
ハッサン・タラール (en)
  ヨルダン・ハシミテ王国国王
王位継承者

1999
次代
ハムザ・フセイン (en)