メインメニューを開く

アブドゥル・マリク・ビン・アブドゥル・バシール: Abdul Malik Bin Abdul Bashir, 1968年1月11日 - )はシンガポール出身のサッカー審判員である。

マリク・アブドゥル・バシール
個人情報
フルネーム Abdul Malik Bin Abdul Bashir
誕生日 (1968-01-11) 1968年1月11日(51歳)
出身地 シンガポールの旗 シンガポール
国内
リーグ 役割
2002- Sリーグ 審判員
国際
リーグ 役割
2002- FIFA選出 審判員

目次

概要編集

Sリーグでサッカー審判員のキャリアを開始した後、2002年FIFAのライセンスを取得し国際審判員として活動している[1][2]。母語であるマレー語の他に、第二言語として英語を使用できる。FIFAにおける登録名はマリク・アブドゥル・バシール (Malik Abdul Bashir)、AFCにおける登録名はアブドゥル・マリク (Abdul Malik)になっており[2]、大会によって公式表示名が変化する数少ない審判である。

AFCアジアカップ2011では4試合で主審を務めた。また、AFCチャンピオンズリーグでも審判を務めており、AFCチャンピオンズリーグ2008の決勝第1戦において、ガンバ大阪アデレード・ユナイテッドの審判を務めている[3]

担当した主な国際大会編集

AFCアジアカップ2011編集

AFCアジアカップ2011では4試合を担当した。

FIFAワールドカップ・アジア予選編集

脚注編集

  1. ^ Football Officials - Referees FIFA.com、2012年10月10日閲覧。
  2. ^ a b Malik Abdul Bashir worldreferee.com、2012年10月10日閲覧。
  3. ^ Abdul Malik eyes one more final AFC.com、2012年1月10日掲載、2012年10月10日閲覧。

外部リンク編集