メインメニューを開く

アブドゥ・ディウフAbdou Diouf1935年9月7日 - )は、セネガル共和国政治家。同国大統領首相などを歴任した。

アブドゥ・ディウフ
Abdou Diouf
Abdou - Diouf.jpg

任期 1981年1月1日2000年3月31日

任期 1970年2月26日1980年12月31日

任期 1992年6月29日1993年6月28日

任期 1992年1993年

出生 (1935-09-07) 1935年9月7日(83歳)
フランスの旗 フランス領西アフリカルーガ
政党 セネガル社会党(PSS)
配偶者 エリザベス・ディウフ(Elisabeth Diouf)

経歴編集

セネガル(当時はフランス領西アフリカの一部であった)のルーガで生まれた(父はセレール族、母はプル族)。小中学校をサンルイで学んだ。ダカール法学を学んだ後、パリのフランス海外領国立学校Ecole nationale de la France d'Outre-MerENFOM)に学び1960年修了した。

1963年、ディウフはサンゴール大統領の下でセネガル政府高官となり、1968年から1979年まで計画・産業大臣を務め、1970年2月に1962年12月以来廃止されていた首相に任命された。

さらにサンゴール大統領勇退の後、セネガルの第2代大統領に就任(1981年1月1日)し1983年1988年1993年に再選された。1998年キング・ファイサル国際賞イスラーム奉仕部門を受賞。

ディウフはセネガルの声を世界に広めることに尽くした。

ディウフは2000年3月19日、大統領選の決選投票でアブドゥライ・ワッドに敗れ、それ以降、妻のエリザベスとともにフランスに在住している。

2002年10月20日、ディウフはフランス語圏国際機構Organisation internationale de la Francophonie)の第2代事務総長に選出されている(初代はエジプトブトロス・ブトロス=ガーリ(1997年-2002年))。 2003年より2014年までフランコフォニー国際機関の事務総長を務めた。

外部リンク編集