アブレーションとは材料の表面が蒸発、侵食によって分解する現象である。材料が気化する時の気化潜熱によって冷却する。

宇宙工学編集

 
M-Vロケット第二段ノズル内部。燃焼試験に用いられたため焦げている。

宇宙工学においてアブレーションは熱遮蔽に用いられる。アブレータとして大気圏再突入時に宇宙船を空力加熱から保護したり[1]ロケットノズルに用いられたりする。

脚注編集

  1. ^ 山田哲哉、安部隆士「「はやぶさ」カプセルの地球大気再突入時におけるプラズマ現象とその周辺 (PDF) 」 『プラズマ・核融合学会誌』第82巻第6号、プラズマ・核融合学会、2006年6月25日、 368-374頁、 NAID 110006282076

関連項目編集

外部リンク編集