ビールーニーによって描かれた月の満ち欠け(月相)における大地から見た太陽光によって生じる光っている部分と影の部分との対応関係を示した図。右のやや大きめの円が太陽。左の大円の周囲に配された小円は地球を公転するのそれぞれ位置を示し、赤い直線が陽光などの光線を表す。『占星術教程の書』(ペルシア語版)より

アブー・ライハーン・ムハンマド・イブン・アフマド・アル=ビールーニー・アル=フワーリズミーAbū Rayḥān Muḥammad ibn Aḥmad al-Bīrūnī al-Khwārizmī, 973年9月4日/9月5日 - 1048年12月13日)は、10世紀のホラズム出身の学者[1]。数学、天文、地理、歴史にわたって100篇を超える著書があったと見られる[1]。現伝するのはそのうち30篇弱[1]。代表的な著書としては、歴史書『過去の足跡』、地理書『インド誌』、精密科学[注釈 1]書『占星術要約』、百科全書『マスウード宝典』があり[1]、20世紀前半のアラビア科学研究における権威ジョージ・サートン英語版[2]、11世紀前半を「ビールーニーの時代」と呼んだ[1]

目次

生涯編集

アル=ガダンファル英語版によると、ビールーニーはヒジュラ暦362年巡礼月の3日(西暦973年9月4日)に、ホラズムの首府カースの「ビールーン」で生まれたという[3]。ここで言う「ホラズム」は4世紀からホラーサーン地方に存在した王朝、アフリーグ朝英語版を指し[4]、「ビールーン」(bīrūn)とは(アラビア語ではなく)ペルシア語で「郊外」を意味する普通名詞である[3]。なお、カース(Kāt or Kāth)は、20世紀ソ連の考古学的調査により、現在のウズベキスタン領内から城址が発掘され、近くにある街の名前が本項のビールーニーに敬意を示してベールーニー英語版に改称された[4]

アブー・ナスル・マンスールの下で数学を学び、イラン中央アジアの各地を遊歴した。イブン・スィーナー(アウィケンナ)とも交流を持った。サーマーン朝の君主マンスール2世やホラズム・シャーのマアムーンなどに仕えたが、ガズナ朝マー・ワラー・アンナフルを征服するとこれに仕えるようになった。1000年頃、後にゾロアスター教の重要な資料となる『古代諸民族年代記』を執筆した。

1017年から1030年にかけて、ガズナ朝のスルターンマフムードに仕えた。マフムードの十数回に及ぶインド遠征にたびたび随行し、インドの民俗、歴史、法律および言語をまとめた『インド誌』を1030年に完成させた。同年、天文学書『マスウード宝典』をまとめあげた。この本の中で、地球自転を説き、地球の半径を約6,339.6kmと計算している。現在の観測による数値(赤道面での半径)は6,378kmであり、極めて正確であったといえる。ちなみに『シャー・ナーメ』の著者フェルドウスィーとも同時代人である。

他に薬学全集『サイダナの書』(『薬学の書』)、鉱物事典『宝石の書』を執筆した。著書の数は120を超える。著書は主にアラビア語で執筆されている。『ヨーガ・スートラ』のアラビア語訳などインド関連の著作物が20編ほどあり、プトレマイオスの『アルマゲスト』をサンスクリットに翻訳することを試みたが、この翻訳が成功したことを示す証拠は今のところ見つかっていない。ユネスコから世界の記憶(世界記憶遺産)登録を受けた[5]

著作編集

  • 『古代民族年代記』(Āthār al-Bāqiya ‘an al-qurūn al-khāliyah)
  • 『マスウード宝典』(al-Qānūn al-Mas‘ūdī)
  • 『占星術教程の書』(Kitāb al-Tafhīm li-awā'il ṣanā‘at al-tanjīm)
  • 『インド誌』(Taḥqīq mā lil-Hind min maqūlah maqbūlah fī al-‘aql 'aw mardhūlah)
  • 『宝石の書』(Kitāb al-Jamāhir fī Ma‘rifat al-Jawāhir)(URL: Kitab al-Jamahir: on Gemstones (English) )
  • 『サイダナの書』(『薬学の書』)(Kitāb al-ṣaydana)

注釈編集

  1. ^ 古代~中世の科学史の分野においては、数学、天文学、占星術を包摂する概念。

出典編集

  1. ^ a b c d e 矢島 1977, p. 201.
  2. ^ 矢島 1977, p. 7.
  3. ^ a b D.J. Boilot, "Al-Biruni (Beruni), Abu'l Rayhan Muhammad b. Ahmad", in Encyclopaedia of Islam (Leiden), New Ed., vol.1:1236–1238. Excerpt 1: "He was born of an Iranian family in 362/973 (according to al-Ghadanfar, on 3 Dhu'l-Hididja/ 4 September — see E. Sachau, Chronology, xivxvi), in the suburb (birun) of Kath, capital of Khwarizm". Excerpt 2:"was one of the greatest scholars of mediaeval Islam, and certainly the most original and profound. He was equally well versed in the mathematical, astronomic, physical and natural sciences and also distinguished himself as a geographer and historian, chronologist and linguist and as an impartial observer of customs and creeds. He is known as al-Ustdadh, "the Master".
  4. ^ a b Bosworth, C. E.. “ĀL-E AFRĪḠ”. Encyclopædia Iranica. Columbia University. 2017年7月10日閲覧。
  5. ^ Unesco (2011年5月). “Al-Tafhim li Awa'il Sana'at al-Tanjim(英語)”. 2011年5月30日閲覧。

参考文献編集

  • (黒柳恒男)「ビールーニー」『アジア歴史事典』(全10巻+別巻)平凡社、新装復刊版、1984年。
  • (矢野道雄)「ビールーニー」『岩波イスラーム辞典』岩波書店、2002年
  • 山本啓二、矢野道雄 訳「(原典翻訳) アブー・ライハーン・ムハンマド・イブン・アフマド・アル=ビールーニー著『占星術教程の書』(1)」『イスラーム世界研究』3(2)、303-371頁、2010年3月。
  • ジョーゼフ, ジョージ・G 『非ヨーロッパ起源の数学――もう一つの数学史』 講談社ブルーバックス〉、1996年5月ISBN 978-4-06-2571203
  • 中村, 滋、室井, 和男 『数学史――数学5000年の歩み』 共立出版2014年11月25日ISBN 978-4-320-11095-3
  • 矢島, 祐利 『アラビア科学史序説』 岩波書店1977年3月25日

関連項目編集