アプト・スポーツライン

アプト・スポーツラインAbt Sportsline)は、ドイツバイエルン州ケンプテンに拠点を置くモーターレースおよび自動車チューニング会社。主にアウディフォルクスワーゲングループのブランド - フォルクスワーゲンシュコダセアト - を取り扱う。

アプト・スポーツライン
種類
株式会社
業種 自動車製造, モータースポーツ
設立 1970
創業者 ヨハン・アプト
本社 バイエルン州ケンプテン
事業地域
世界、ヨーロッパを中心
主要人物
ユルゲン・アプト 最高経営責任者,
クリスチャン・アプト
製品 自動車外装、エンジンチューニング
サービス モーターレーシング
ウェブサイト Abt-Sportsline.de
Abt-Sportsline Motorsport.de
アウディ・A4 アプト・スポーツライン
アプト・アウディ・RS5-R

歴史編集

ヨハン・アプト(1935年12月生)は、家業の蹄鉄製造を継ぎ、1970年までアバルトのファクトリーチームに所属しオートバイレースやヒルクライムに参加していた。彼は後に自らのチームでレースに参加し、"Trophee de l’Avenir" やその他のシリーズで勝利を挙げた。

ヨハンは2003年に死去し、100名以上の従業員を抱える会社は息子のハンス=ユルゲン・アプト(1962年生、マネージングディレクター)とクリスチャン・アプトの兄弟によって経営が引き継がれた。

クリスチャン・アプトが1999年にアウディ・A4でドイツSTWスーパーツーリング選手権でタイトルを獲得した後、アプト・スポーツラインはドイツツーリングカー選手権への参戦を素早く決定した。新たなアプト・アウディ・TT-Rは当初開発時間の不足を示したが、2002年にチームはローラン・アイエロのタイトル獲得で、会社の創業以来最も大きな成功を達成した。

2003年シーズン、アプト・スポーツラインは前年のADAC VWルポ・カップシリーズのタイトルを獲得した19歳のペーター・テルティングにTT-Rをドライブするチャンスを与えた。テルティングはプロの競走におけるプレッシャーに打ち勝つことはできなかったが、アプトのこのような試みは活発である。

2014年からアウディ・スポーツ・アプト・フォーミュラEチームとしてルーカス・ディ・グラッシダニエル・アプト英語版を擁してフォーミュラE2014-15年シーズンに参加し[1]2016/17年にディ・グラッシがドライバーズタイトルを[2]2017/18年にチームタイトルを[3]それぞれ獲得している。

また、2015/16年シーズンからはチーム名をアプト・シェフラー英語版・アウディ・スポーツ、2017/18年以降はアウディワークスとしてアウディ・スポーツ・アプト・シェフラーに変更しエントリーしている。

2020年5月23日新型コロナウイルスの影響で中断されていた2019/20年シーズンの代替レースとして開催された、フォーミュラE レース・アット・ホーム・チャレンジ・イン・サポート・オブ・ユニセフ第5戦において重大な不正行為[4]を行い失格となった身内のダニエルに対して契約解除という厳格な処分を下すことを発表した[5]
その後チームは、再開後の6戦並びに翌2020/21年シーズンに向けアプトの後任としてDTMなどで活躍するレネ・ラストを起用すると発表した[6]

アフターマーケット編集

アプトはレースで培った技術を一般車にうまくフィードバックさせ、フォルクスワーゲングループの車種(アウディ、セアトを含む)のチューナーとして成功を収めている。

代表車種編集

  • RS4-R - アウディ・A4 B7 アバントを高度にチューニングした車種。RS4-Rはツインターボを装着した2.7リッターV6エンジンを搭載し、6800rpmで480 hp (358 kW)、3300rpmでトルク417 lb⋅ft (565 N⋅m)を発生する。「Modified Luxury & Exotics」誌はAS4-Rを「重要な変更が届けられた」「ハンドリングはおもちゃのようだ...」と評している[7]
  • TT-R - アウディ・TT2代目をスーパチャージャー化したもの。
  • R8-R - R8の4.2リッターV8エンジンをスーパーチャージャー化し530 hp (395 kW)を発生する。
  • R8 GT R - 高度にチューニングされたR8で、アプトの言う「公道のモータースポーツチャンピオン」であるV10エンジンを搭載する。搭載エンジンは5.2リッターV10エンジンで、525 hp (391 kW)から620 hp (462 kW)を発生する。多くの外装パーツがカーボンファイバーで作られ、車重は220 lb (100 kg)に軽量化された。内装もレーシングカーの様に変更され、シート、消火器、4点式シートベルト、ロールバー、レース用ステアリングを特徴とする。その他の様々な変更はR8を高性能で公道走行可能なレーシングカーにする[8]

参照編集

外部リンク編集