アプフェルシュトゥルーデル

Strudel.jpg

アプフェルシュトゥルーデル: Apfelstrudel)は、オーストリアおよびドイツ菓子。調理したリンゴシュトゥルーデル生地で巻いた菓子。別名はアップルシュトゥルーデル: Apple strudel)。

一般にはオーストリアを代表する菓子として知られているが、ハンガリー人トルコの菓子バクラヴァの生地を利用してリンゴを包んだものが起源であると考えられている[1]

アプフェルシュトゥルーデルを作るときには、下に新聞紙を置いて読めるくらいまで薄く伸ばした生地でリンゴを包むのが望ましいとされている[2]。シュトゥルーデルを薄くのばすために生地にサラダ油を混ぜる、シュトゥルーデル生地をよくたたきつけてグルテンの生成する、シュトゥルーデル生地をのばす前に休ませる、の3点が重要である。また、生地に溶かしバターを塗りながら具材を巻くと、折り込みパイのような食感が得られる。

皿に盛りつけられたアプフェルシュトゥルーデルには粉砂糖やホイップクリームバニラソース、バニラアイスクリームを添える。

脚注編集

  1. ^ ジョセフ・ウェクスバーグ『オーストリア ハンガリー料理』(タイムライフブックス, 1978年)、pp.176-177
  2. ^ ジョセフ・ウェクスバーグ『オーストリア ハンガリー料理』(タイムライフブックス, 1978年)、p.177

関連項目編集