メインメニューを開く

アプレゲール: après-guerre[† 1])とは「戦後派」を意味し、日本語では「アプレ」と略される場合もある。

芸術・文学など文化面における新傾向を指す名称として、第一次世界大戦後のフランスアメリカ合衆国等で用いられ、第二次世界大戦後の日本でも用いられた。従前との対比に意味があるため、対義語のアヴァンゲール(: avant-guerre[† 2])も合わせて用いられた。

目次

名称編集

フランス語après la guerre は「(ある特別な/特定の)戦争の後に」という意味の前置詞句であるが、前置詞 après(後に)と名詞 guerre(戦争) とをトレデュニオンでつないだ複合名詞 après-guerre は「戦後」という意味になる。英語訳は post-war era または post-war period

また、aprèsavant(前に)に入れ替えた複合名詞 avant-guerre は、「戦前」を意味する(英訳は pre-war era/period)。

概要編集

元は、第一次世界大戦後のフランスで、既成の道徳・規範に囚われない文学・芸術運動が勃興したことをさした。他のヨーロッパアメリカ合衆国などでもこの運動は飛び火している。

日本でも第一次世界大戦後の1920年代に大正デモクラシー戦後恐慌の風潮の中で享楽的な都市文化が発達し、「エログロナンセンス」と呼ばれる風俗も見られた。しかし治安維持法が布かれた後は世界恐慌第二次世界大戦へと至る流れの中で、こうした動きは徐々に圧殺されていった。

日本で省略形の「アプレ」という言葉が流行したのは、第二次世界大戦後である。戦前の価値観・権威が完全に崩壊した時期であり既存の道徳観を欠いた無軌道な若者による犯罪が頻発し、彼らが起こした犯罪は「アプレゲール犯罪」と呼ばれた。また徒党を組んで愚連隊を作り、治安を悪化させた。このような暗黒面も含めて、「アプレ」と呼ばれるようになった。

一方で、彼らの様な思想の持ち主に対して古来からの価値観を守ろうと主張する勢力をアヴァンゲールと呼んだ。

日本のアプレゲール犯罪編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ フランス語発音: [apʁεgεʁ] アプレゲー(フ)、アプヘゲー(フ)
  2. ^ フランス語発音: [avɑ̃gεʁ] アヴォンゲー(フ)

出典編集

関連項目編集