アポロンの地獄』(アポロンのじごく、: Edipo Re: Oedipus Rex、)は、1967年製作・公開、ピエル・パオロ・パゾリーニ監督・脚本によるイタリアの映画である。

アポロンの地獄
Edipo Re
Oidipusz7.jpg
ニネット・ダヴォリ(左)とフランコ・チッティ
監督 ピエル・パオロ・パゾリーニ
脚本 ピエル・パオロ・パゾリーニ
原作 ソポクレス
製作 アルフレード・ビニ
出演者 シルヴァーナ・マンガーノ
フランコ・チッティ
撮影 ジュゼッペ・ルッツォリーニ
ピエル・パオロ・パゾリーニ
編集 ニーノ・バラーリ
製作会社 アルフレード・ビニ・プロドゥッツィオーネ
配給 日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 イタリアの旗 1967年9月3日
日本の旗 1969年3月8日
上映時間 104分
製作国 イタリアの旗 イタリア
モロッコの旗 モロッコ
言語 イタリア語
テンプレートを表示

ソポクレスによる悲劇『オイディプス王』を原作とし、原題もそのまま伊語で『Edipo Re』であるが、邦題は全く無関係のものになっている。

ストーリー編集

表向きはオイディプス王の物語の映画化であり、その特徴は『奇跡の丘』で提示された、厳しい自然主義である。ソポクレス作品が王となったオイディプスを時の中心とし、災禍が下ったテーバイでアポロンの神託により国から除かねばならないとされた災いの原因をもとめるオイディプスに対して、次々となされる証言や告白によって、誰も知らなかった過去の真実が次第に暴かれて行く形をとるのに対し、映画では全場面が過去から未来へ、時間に従って展開される。

映画はパゾリーニの故郷である現代のボローニャから始まる。母親が出産し、子供が成長したのち、両親の寝所を覗き見たところから突如場面が転換しオイディプスの物語が始まる。オイディプスの物語が終わるとまた現代のボローニャに戻り映画が幕を閉じる。本作の真の姿は著名な作品であるオイディプス王に形を借りたパゾリーニ自身の物語である。

キャスト編集

音楽編集

撮影編集

メインの場面はモロッコで、プロローグとエピローグはイタリアで撮影された。


関連作品編集

外部リンク編集