アポロ・ソユーズテスト計画

アポロ・ソユーズテスト計画 (英語:Apollo-Soyuz test projectロシア語:Экспериментальный полёт «Союз» — «Аполлон»エクスペリメンタリヌィ・パリョート・サユース-アパロン) とは、アメリカ合衆国ソビエト連邦(当時)の宇宙船が共同飛行した最初の宇宙計画である。1972年5月に調印され、1975年7月に行われた。アメリカにとっては、これがアポロ宇宙船を使用した最後のフライトであり、1981年4月にスペースシャトル1号機が発射されるまで、有人宇宙飛行は行われなかった。二つの超大国が共同して一つのプロジェクトを実行するASTPはデタント(緊張緩和)の象徴であり、熾烈をきわめた宇宙開発競争の終わりを告げるものであった[1]

アポロ・ソユーズテスト計画
ASTPpatch.svg
アメリカ側
ミッション名 アポロ・ソユーズテスト計画
総重量 16.780kg
司令船重量 14,768kg
ドッキング区画重量 2,012kg
乗員数 3名
発射日時 1975年7月15日
19:50(UTC
発射場所 ケネディ宇宙センター39番B発射台
帰還日時 1975年7月24日
21:18(UTC
宇宙滞在時間 9日01時間28分
地球周回回数 148周
総飛行距離 約5,990,000km
軌道傾斜角 51.75度
遠地点 231km
近地点 217km
地球周回時間 88.91分
ソ連側
ミッション名 Soyuz19
総重量 6,790kg
乗員数 2名
発射日時 1975年7月15日
12:50(UTC
発射場所 バイコヌール宇宙基地カザフスタン
帰還日時 1975年7月21日
10:50(UTC
宇宙滞在時間 5日22時間30分
地球周回回数 96周
総飛行距離 約3,900,000km
軌道傾斜角 51.76度
遠地点 231km
近地点 218km
地球周回時間 88.92分
Portrait of ASTP crews.jpg
搭乗員写真。左からスレイトン(米)、スタッフォード(米)、ブランド(米)、レオノフ(ソ)、クバソフ(ソ)

計画の背景編集

この計画は、1972年5月に調印された。宇宙空間平和利用のための協力に関する米ソ覚書に基づいて計画されたという背景があり、主目的は、将来の米ソ宇宙船ドッキングシステムを研究することにあった。

計画の経過編集

1975年7月15日に、2人乗りのソ連のソユーズ宇宙船19号が打ち上げられ、その7時間半後に3人の飛行士を乗せたアメリカのアポロ宇宙船18号が打ち上げられた。両宇宙船は、7月17日に地球を周回する軌道上でドッキングした。二つの宇宙船は44時間にわたってドッキングし、その間、両船の表敬訪問や旗の交換、食事会、宣言書への署名などのセレモニーが行なわれた。

当初の計画では、宇宙での米ソの宇宙飛行士による最初の握手は、英国西海岸のボグナー・レギス上空で行われる予定だったが、スケジュールの遅延により実際にはフランスメス上空で行なわれた。アメリカ側の搭乗員のスタッフォードは、強いオクラホマ訛りでロシア語を話したため、ソ連側のレオノフ船長は、「この船では三つの言語が使用されている。ロシア語と、英語と、もう一つはオクラホマスキーだ」などとジョークを飛ばした。

ドッキングを切り離した後は、ソユーズが「地球」アポロが「」になり、アポロの船体で太陽を隠す人工日食の実験が行なわれ、太陽のコロナが撮影された。共同作業は7月19日にすべて終了し、ソユーズ宇宙船19号は7月21日、アポロ宇宙船18号は7月24日に地球へ帰還した。

計画を通じて唯一の失敗は、帰還の準備の際にアメリカ側の乗組員が操作を誤り、有毒ガスが船内に充満してしまったことであった。ブランド飛行士が意識を失い、スレイトン飛行士が吐き気を訴えた。治療のため、三人の飛行士は帰還後ハワイホノルルの病院に二週間入院した。

当時は米ソの一時的な緊張緩和(デタント)の時期を迎えており、莫大な費用がかかる宇宙開発は今後国際共同開発で行うべきだとの世論もあり、米ソ両国の利害が一致した。一方でアポロ13号船長のジム・ラヴェルや航空評論家の佐貫亦男のように、「米ソの緊張緩和には役立ったかもしれないが、技術的にはほとんど意味が無い」という評価もある。しかし、このとき米ソ両国の宇宙船をドッキングするために開発された様々な技術は、後にスペースシャトルミールにドッキングしたり(シャトル・ミール計画)、後のISSを建造するなどのミッションにおいて活かされることになった。

特筆事項編集

搭乗員編集

アポロ側編集

※( )内は今回を含めての宇宙飛行回数

ソユーズ側編集

※( )内は今回を含めての宇宙飛行回数

主要数値編集

【重量】

  • アポロ:14,768kg
  • ソユーズ:6,790kg

【最低軌道高度】

  • アポロ:152km
  • ソユーズ:186km

【最高軌道高度】

  • アポロ:166km
  • ソユーズ:220km

【軌道角度】

  • アポロ:51.7°
  • ソユーズ:51.8°

【ドッキング】

  • 第一回:1975年7月17日 16:19:09
  • 第二回:1975年7月19日 15:26:12
  • 総ドッキング時間:1日と23時間07分03秒

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Samuels, Richard J., ed (December 21, 2005). Encyclopedia of United States National Security (1st ed.). SAGE Publications. p. 669. ISBN 978-0-7619-2927-7. https://books.google.com/books?id=K751AwAAQBAJ&pg=PT747. "Most observers felt that the U.S. moon landing ended the space race with a decisive American victory. […] The formal end of the space race occurred with the 1975 joint Apollo–Soyuz mission, in which U.S. and Soviet spacecraft docked, or joined, in orbit while their crews visited one another's craft and performed joint scientific experiments." 


外部リンク編集