アマリア・フォン・ノイエンアール

アマリア・フォン・ノイエンアール=アルペン(ドイツ語:Amalia von Neuenahr-Alpen, 1539年4月6日 - 1602年4月10日)は、グンプレヒト2世・フォン・ノイエンアール=アルペンとコルデュラ・フォン・ホルシュタイン=シャウエンブルクの娘。プファルツ選帝侯フリードリヒ3世の2番目の妃となった。オランダ語でアマリア・ファン・ニーウェナール=アルペン(Amalia van Nieuwenaar-Alpen)。

アマリア・フォン・ノイエンアール
Amalia von Neuenahr
プファルツ選帝侯
Amelievannieuwenaar.jpg
在位 1569年 - 1576年

出生 (1539-04-06) 1539年4月6日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ノイエンアール伯領、アルペン英語版
死去 (1602-04-10) 1602年4月10日(63歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
ノイエンアール伯領、アルペン
結婚 1557年
1569年4月25日
配偶者 ヘンドリック・ファン・ブレデローデ英語版
  プファルツ選帝侯フリードリヒ3世
父親 グンプレヒト2世・フォン・ノイエンアール=アルペン
母親 コルデュラ・フォン・ホルシュタイン=シャウエンブルク
テンプレートを表示

生涯編集

アマリアは最初にヘンドリック・ファン・ブレデローデ英語版と結婚した。ブレデローデは八十年戦争に至るまでの出来事において重要な役割を果たした。ブレデローデがスペイン異端審問およびネーデルラントのスペイン支配に対する抵抗運動において指導者の一人となった後、アマリアはブレデローデの資金調達を手助けした。1568年にブレデローデが死去し、翌1569年にアマリアはプファルツ選帝侯フリードリヒ3世と再婚した。同年、オラニエ公ウィレム1世アンナ・フォン・ザクセンの娘が生まれ、アマリアから名を取ってエミリアと名付けられていた。これはアマリアが当時アンナの家政を任されていたためである。フリードリヒ3世は1576年に死去した。

1579年から1587年までアマリアは最初の夫から相続したフィアーネン英語版を管理した。1589年に異母弟アドルフ英語版からリンブルク英語版を継承した。1590年、異母妹マグダレーナからアルペン英語版、ヘルペンシュタイン、レンネップドイツ語版およびケルンの世襲フォークタイの使用権を与えられた。アルペンは1597年ネーデルラントに占領され、その翌年にスペイン軍に占領された。

参考文献編集