メインメニューを開く

アマンゼ・エゲケゼ(Amanze Egekeze、1995年12月3日 - )は、アメリカイリノイ州レイク・イン・ザ・ヒルズ出身のプロバスケットボール選手。ポジションはフォワード。203cm、100kg[1]

アマンゼ・エゲケゼ
新潟アルビレックスBB  No.8
ポジション パワーフォワード
背番号 8
身長 203cm (6 ft 8 in)
体重 100kg (220 lb)
基本情報
本名 Amanze Egekeze
愛称 アマンゼ、ゼェ
英語 Amanze Egekeze
誕生日 (1995-12-03) 1995年12月3日(23歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカイリノイ州レイク・イン・ザ・ヒルズ
ドラフト 2018年NBAドラフト外 
選手経歴
2014-2018
2018
2019
2019-
アメリカ合衆国の旗ベルモント大学
日本の旗横浜ビー・コルセアーズ
日本の旗琉球ゴールデンキングス
日本の旗新潟アルビレックスBB
受賞歴
  • First-team All-Ohio Valley Conference (2018)

目次

来歴編集

NCAA 1部オハイオ・バレー・カンファレンス(Ohio Valley Conference, OVC)の強豪ベルモント大学のエースとして活躍。2016-17,2017-18の両シーズンで、ベルモント大学をOVCの地区チャンピオンに導いている。シニア(2017-18シーズン)の成績は、一試合平均16.8得点、6.2リバウンド、0.9アシストで、得点とリバウンドはリーグ2位だった[2]。2018年ののNBAサマーリーグには、メンフィス・グリズリーズダラス・マーベリックスからの接触があったが、正式なオファーには繋がらなかった[3]。フランス、イタリア、スペインのチームからも打診があった中で[3]、2018年7月13日に日本のBリーグ 横浜ビー・コルセアーズへの入団が発表された[1]

シーズン開幕直後はレギュラーとして活躍し、開幕から12試合連続の二桁得点で、うち2試合で得点とリバウンドのダブル・ダブルを記録している。しかし11月に入ってからはコンディションの低下からか精彩を欠くプレイが増え、期待されていた3ポイントシューターとしての成功確率も低下し、3割を切っていた。11月17日の福岡戦(30分出場 6得点)を最後にベンチ外が続くようになり、11月30日にはチームからの契約解除が発表された[4]

年が明けた2019年1月、大黒柱のジョシュ・スコットを怪我で欠いている琉球ゴールデンキングスと契約した[5]。1月15日,16日の大阪戦に初出場、2月2日,3日の新潟戦では2試合連続のダブル・ダブルを記録したが、1月16日にケビン・ジョーンズが琉球に加入した後は、外国人枠の関係でのベンチ外が続き、2月13日に契約満了が発表された[6]

2月19日に新潟アルビレックスBBへの加入が発表された[7]。これにより2018-19シーズンは、B1リーグの3チームでプレーする事になった。

人物編集

バスケットボールプレイヤーとしての特徴編集

  • 相手チームのディフェンスを広げて、味方の攻撃スペースを作る役割を担う。いわゆる「ストレッチ・フォー」タイプのフォワードである[8]
  • シュート全般の精度が高いが、特に ベルモント大学での2017-18シーズンにおけるスリーポイントシュートの成功率は.425で、OVCにおけるシーズン1位を記録している[9]

その他編集

  • 両親は1980年代にナイジェリアから米国に移住しており、父親が医師、母親が看護師をしている[10]
  • アマンゼは4人兄弟の次男で、長兄は医大生である[10]
  • 大学に進学するときにはNCAA 1部から6校のオファーが届いた。またスポーツだけではなく、GPA 3.5と勉学も優秀である[10]。(補足:GPA(Grade Point Average)とは米国の大学や高校ので標準的に使われる各科目の成績から特定の方式によって算出された学生の成績評価値の事。0~4の5段階であるため、3.5はトップクラスである。)
  • 横浜ビー・コルセアーズ オフィシャルブーストソングにおける選手紹介は、 「プロのスタート海賊選んで 一緒に未来を描こうぜ No.8 アマンゼ・エゲケーゼ」[11]

個人成績編集

大学時代編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン
シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
OVC 2014-15 ベルモント大 33 23 20.0 .404 .338 .837 3.2 0.7 0.8 0.5 0.8 5.4
OVC 2015-16 ベルモント大 31 31 22.7 .539 .422 .768 3.4 0.7 0.4 0.4 0.9 9.0
OVC 2016-17 ベルモント大 30 29 27.2 .487 .384 .843 5.5 0.9 0.4 0.8 1.4 11.3
OVC 2017-18 ベルモント大 33 33 34.5 .505 .425 .802 6.2 0.9 0.6 0.2 1.3 16.8

プロ時代編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG TO PPG
Bリーグ 2018-19 横浜ビー・コルセアーズ 15 15 33.6 .417 .280 .804 6.4 1.6 0.9 0.7 1.4 13.9
琉球ゴールデンキングス 4 4 38.2 .429 .421 .714 7.2 1.8 1.0 0.2 0.8 12.2
新潟アルビレックスBB 2 2 31.5 .613 .467 .857 7.0 1.0 0.5 0.5 1.5 25.5

脚注編集

  1. ^ a b 2018-19シーズン  新加入選手契約締結のお知らせ”. 横浜ビー・コルセアーズ (2018年7月13日). 2018年7月13日閲覧。
  2. ^ Amanze Egekeze”. ESPN. 2018年7月13日閲覧。
  3. ^ a b Belmont's Egekeze hopes to plot course to NBA”. nashvillepost. 2018年7月13日閲覧。
  4. ^ アマンゼ・エゲケゼ選手 契約解除のお知らせ”. 横浜ビー・コルセアーズ (2018年11月30日). 2018年11月30日閲覧。
  5. ^ アマンゼ・エゲケゼ選手契約合意のお知らせ”. 琉球ゴールデンキングス (2018年1月4日). 2019年1月4日閲覧。
  6. ^ アマンゼ・エゲケゼ 選手 契約満了のお知らせ”. 琉球ゴールデンキングス (2018年1月13日). 2019年2月14日閲覧。
  7. ^ [2019.02.19 アマンゼ・エゲケゼ選手 加入のお知らせ]”. 新潟アルビレックスBBス (2018年1月19日). 2019年2月19日閲覧。
  8. ^ 横浜ビー・コルセアーズ、ベルモント大出身の22歳が新加入…4年次は平均16.8得点を記録”. バスケットボールキング. 株式会社フロムワン (2018年7月13日). 2018年7月13日閲覧。
  9. ^ Amanze Egekeze”. Sports Reference. 2018年7月13日閲覧。
  10. ^ a b c ‘shoot for the stars’|Daily, local and breaking news for McHenry County, Illinois”. 2018年7月13日閲覧。
  11. ^ 横浜ビー・コルセアーズ ゲームデーインフォメーション 月刊海賊 2018/10

関連項目編集

外部リンク編集