メインメニューを開く

アマンダ・クッツァーAmanda Coetzer, 1971年10月22日 - )は、南アフリカ共和国ホープスタッド出身の元女子プロテニス選手。身長158cm、体重54kg。女子プロテニス界では最も小柄な体格だったが、どんな球をも粘り強く拾いまくる強靭なフットワークを最大の持ち味にした。シングルス自己最高ランキングは3位。WTAツアーでシングルス9勝、ダブルス9勝を挙げた。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

アマンダ・クッツァー
Amanda Coetzer
Tennis pictogram.svg
Amanda Coetzer.jpg
アマンダ・クッツァー
基本情報
愛称 小さな暗殺者
国籍  南アフリカ共和国
出身地 同・ホープスタッド
生年月日 (1971-10-22) 1971年10月22日(48歳)
身長 158cm
体重 54kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1988年
引退年 2004年
ツアー通算 18勝
シングルス 9勝
ダブルス 9勝
生涯通算成績 837勝556敗
シングルス 568勝337敗
ダブルス 269勝219敗
生涯獲得賞金 $5,594,821
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト4(1996・97)
全仏 ベスト4(1997)
全英 4回戦(1994)
全米 ベスト8(1994・96・98)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(2002)
全仏 ベスト4(1993・94)
全英 3回戦(1998・2001)
全米 準優勝(1993)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 3位(1997年11月3日)
ダブルス 15位(1993年9月27日)

来歴編集

1988年1月にプロ入り。1989年全仏オープン4大大会にデビューする。クッツァーは1992年全米オープンから2004年全豪オープンまで、4大大会に「46大会」連続出場記録を持っている。1993年1月の「メルボルン・オープン」決勝戦で日本の沢松奈生子を破り、WTAツアー初優勝。この年は9月に東京有明コロシアムで開かれた「ニチレイ・レディース」でも優勝している。

1996年全豪オープンでは、当時15歳の天才少女マルチナ・ヒンギスを準々決勝で破ったが、続く準決勝でアンケ・フーバーに 6-4, 4-6, 2-6 で敗れている。1997年全豪オープン4回戦で、当時の世界ランキング1位だったシュテフィ・グラフを 6-2, 7-5 のストレートで破り、2年連続のベスト4に進出する。1997年に、クッツァーはグラフから年間3勝を挙げた。5月中旬の「ドイツ・オープン」準々決勝では 6-0, 6-1 で圧勝した。続く全仏オープン準々決勝でも 6-1, 6-4 のストレート勝ちを収めた。準決勝で優勝したイバ・マヨリに 3-6, 6-4, 5-7 で競り負け決勝進出を逃した。

その後もクッツァーは小さな身体に秘めた闘志でテニス・コートを走り続け、2001年全豪オープンでベスト8に進出している(ビーナス・ウィリアムズに敗退)。

ダブルスでのクッツァーは、1993年全米オープンイネス・ゴロチャテギアルゼンチン)とペアを組んだ準優勝がある。クッツァーとゴロチャテギは、決勝でアランチャ・サンチェス・ビカリオ&ヘレナ・スコバの組に 4-6, 2-6 で敗れた。

クッツァーはオリンピックの南アフリカ共和国選手として、1992年バルセロナ五輪1996年アトランタ五輪2000年シドニー五輪の3大会に出場している。最高成績はシドニー五輪のシングルスベスト8である。

南アフリカでテニスの一時代を築いたアマンダ・クッツァーは、2004年6月に32歳で現役を引退した。その後映画プロデューサーアーノン・ミルチャンと結婚した。

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 21回 (9勝12敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0–0)
ティア I (1–3)
ティア II (1–5)
ティア III (3–3)
ティア IV & V (4–1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1991年10月21日   サンフアン ハード   ジュリー・アラール 5–7, 5–7
優勝 1. 1993年1月11日   メルボルン ハード   沢松奈生子 6–2, 6–3
準優勝 2. 1993年2月28日   インディアンウェルズ ハード   メアリー・ジョー・フェルナンデス 6–3, 1–6, 6–7(6)
優勝 2. 1993年9月20日   東京 ハード   伊達公子 6-3, 6–2
準優勝 3. 1994年2月27日   インディアンウェルズ ハード   シュテフィ・グラフ 0–6, 4–6
優勝 3. 1994年5月9日   プラハ クレー   アサ・カールソン 6–1, 7–6(14)
準優勝 4. 1995年8月14日   トロント ハード   モニカ・セレシュ 0–6, 1–6
準優勝 5. 1995年10月16日   ブライトン カーペット (室内)   メアリー・ジョー・フェルナンデス 4–6, 5–7
準優勝 6. 1996年2月19日   オクラホマシティ ハード (室内)   ブレンダ・シュルツ=マッカーシー 3–6, 2–6
優勝 4. 1997年4月21日   ブダペスト クレー   サビーネ・アペルマンス 6–1, 6–3
準優勝 7. 1997年9月22日   ライプツィヒ カーペット (室内)   ヤナ・ノボトナ 2–6, 6–4, 3–6
優勝 5. 1997年10月20日   ルクセンブルク カーペット (室内)   バルバラ・パウルス 6–4, 3–6, 7–5
優勝 6. 1998年4月5日   ヒルトン・ヘッド クレー   イリナ・スピールリア 6–3, 6–4
準優勝 8. 1999年2月7日   東京 カーペット (室内)   マルチナ・ヒンギス 2–6, 1–6
準優勝 9. 1999年2月22日   オクラホマシティ ハード (室内)   ビーナス・ウィリアムズ 4–6, 0–6
準優勝 10. 2000年5月8日   ベルリン クレー   コンチタ・マルティネス 1–6, 2–6
優勝 7. 2000年5月15日   アントワープ クレー   クリスティナ・トレンス・バレロ 4–6, 6–2, 6–3
優勝 8. 2001年2月26日   アカプルコ クレー   エレーナ・デメンチェワ 2–6, 6–1, 6–2
準優勝 11. 2001年4月9日   アメリアアイランド クレー   アメリ・モレスモ 4–6, 5–7
準優勝 12. 2003年2月16日   メンフィス ハード (室内)   リサ・レイモンド 3–6, 2–6
優勝 9. 2003年2月24日   アカプルコ クレー   マリアナ・ディアス=オリバ 7–5, 6–3

ダブルス: 23回 (9勝14敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
優勝 1. 1992年4月27日   ターラント クレー   イネス・ゴロチャテギ   レイチェル・マッキラン
  ラドカ・ズルバコバ
4–6, 6–3, 7–6(0)
準優勝 1. 1992年7月6日   キッツビュール クレー   ヴィルトルート・プロブスト   アレクシア・デショーム
  フロレンシア・ラバト
3–6, 3–6
準優勝 2. 1992年9月28日   台北 ハード   キャミー・マグレガー   ジョー=アン・ファウル
  ジュリー・リチャードソン
6–3, 3–6, 2–6
優勝 2. 1992年10月26日   サンフアン ハード   エルナ・ライナッハ   ジジ・フェルナンデス
  キャシー・リナルディ
6–2, 4–6, 6–2
準優勝 3. 1993年4月5日   アメリアアイランド クレー   イネス・ゴロチャテギ   マニュエラ・マレーバ=フラニエール
  レイラ・メスヒ
6–3, 3–6, 4–6
準優勝 4. 1993年9月12日   全米オープン ハード   イネス・ゴロチャテギ   アランチャ・サンチェス・ビカリオ
  ヘレナ・スコバ
4–6, 2–6
準優勝 5. 1993年9月26日   東京 ハード   リンダ・ワイルド   リサ・レイモンド
  チャンダ・ルビン
4–6, 1–6
準優勝 6. 1993年11月1日   オークランド カーペット (室内)   イネス・ゴロチャテギ   パティ・フェンディック
  メレディス・マグラス
2–6, 0–6
準優勝 7. 1994年4月4日   アメリアアイランド クレー   イネス・ゴロチャテギ   ラリサ・ネーランド
  アランチャ・サンチェス・ビカリオ
2–6, 7–6(6), 4–6
優勝 3. 1994年5月16日   プラハ クレー   リンダ・ワイルド   クリスティ・ボーグルト
  ローラ・ゴラルサ
6–4, 3–6, 6–2
優勝 4. 1995年4月3日   アメリアアイランド クレー   イネス・ゴロチャテギ   ニコル・アレント
  マノン・ボーラグラフ
6–2, 3–6, 6–2
優勝 5. 1995年5月25日   ベルリン クレー   イネス・ゴロチャテギ   ラリサ・ネーランド
  ガブリエラ・サバティーニ
4–6, 7–6(3), 6–2
準優勝 8. 1995年9月23日   東京 ハード   リンダ・ワイルド   リンゼイ・ダベンポート
  メアリー・ジョー・フェルナンデス
3–6, 2–6
優勝 6. 1996年9月22日   東京 ハード   マリー・ピエルス   朴晟希
  王思婷
6–1, 7–6(5)
優勝 7. 1997年4月27日   ブダペスト クレー   アレクサンドラ・フセ   エバ・マーティンコバ
  エレナ・ワグナー
6–3, 6–1
準優勝 9. 1998年5月10日   ローマ クレー   アランチャ・サンチェス・ビカリオ   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
6–7(1), 4–6
準優勝 10. 1999年2月22日   オクラホマシティ ハード
(室内)
  ジェシカ・ステック   リサ・レイモンド
  レネ・スタブス
3–6, 4–6
準優勝 11. 1999年4月26日   ハンブルク クレー   ヤナ・ノボトナ   ラリサ・ネーランド
  アランチャ・サンチェス・ビカリオ
2–6, 1–6
準優勝 12. 1999年9月26日   東京 ハード   エレナ・ドキッチ   コンチタ・マルティネス
  パトリシア・タラビーニ
7–6(5), 4–6, 2–6
準優勝 13. 2000年5月14日   ベルリン クレー   コリーナ・モラリュー   アランチャ・サンチェス・ビカリオ
  コンチタ・マルティネス
6–3, 2–6, 6–7(7)
優勝 8. 2001年9月19日   オクラホマシティ ハード
(室内)
  ロリ・マクニール   ジャネット・リー
  ウィニー・プラクシャ
6–3, 2–6, 6–0
準優勝 14. 2001年5月21日   ストラスブール クレー   ロリ・マクニール   シルビア・ファリナ・エリア
  イロダ・ツルヤガノワ
1–6, 6–7(0)
優勝 9. 2001年9月10日   バイーア ハード   ロリ・マクニール   ニコル・アレント
  パトリシア・タラビーニ
6–7(8), 6–2, 6–4

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1988 1989 1990 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 通算成績
全豪オープン A A A A A 1R 2R 3R SF SF 4R 4R 2R QF 4R 4R 2R 31–12
全仏オープン A 4R 1R 2R 3R 2R 4R 2R 4R SF 1R 1R 3R 3R 1R 1R A 23–15
ウィンブルドン LQ 1R 2R 2R A 2R 4R 2R 2R 2R 2R 3R 2R 3R 2R 2R A 17–14
全米オープン LQ 1R 1R 1R 3R 3R QF 1R QF 4R QF 1R 3R 1R 3R 3R A 25–15

外部リンク編集