アミダーゼ(Amidase、EC 3.5.1.4)は、次の反応を触媒する酵素である。

モノカルボン酸アミド+H2Oモノカルボン酸+NH3

つまり、この酵素の基質はモノカルボン酸アミドの2種で、生成物はモノカルボン酸アンモニアである。

この酵素は加水分解酵素の1つで、ペプチド結合とは別の炭素-窒素結合、特に直線的なアミドに作用する。

この酵素の組織名は、アシルアミドアミドヒドロラーゼ(acylamide amidohydrolase)である。別名に、アシルアミダーゼ(Acylamidase)やアシラーゼ(Acylase)、アミドヒドロラーゼ(amidohydrolase)、デアミナーゼ(deaminase)、fatty acylamidase、そして、N-アセチルアミノヒドロラーゼ(N-acetylaminohydrolase)も使われる。この酵素は、尿素回路フェニルアラニン代謝トリプトファン代謝シアノアミノ酸代謝などの代謝経路で活躍している。

構造研究編集

  • As of late 2007, two structures have been solved for this class of enzymes, with PDB accession codes 2PLQ and 2UXY.

参考文献編集

外部リンク編集

遺伝子オントロジー(GO)コード編集