メインメニューを開く

アミルカル・カブラル国際空港

アミルカル・カブラル国際空港英語: Amilcar Cabral International Airport)は、カーボベルデ共和国の主要な国際空港で、サル島にある。サル国際空港とも呼ばれる。カーボベルデ、ギニアビサウの革命指導者であるアミルカル・カブラルに由来している。

アミルカル・カブラル国際空港
アミルカル・カブラル国際空港
IATA: SID - ICAO: GVAC
概要
国・地域 カーボベルデの旗 カーボベルデ
所在地 サル島
種類 公共
運営者 Aeroportos Seguranca Aera (ASA)
標高 54 m (177 ft)
座標 北緯16度44分29秒 西経22度56分58秒 / 北緯16.74139度 西経22.94944度 / 16.74139; -22.94944座標: 北緯16度44分29秒 西経22度56分58秒 / 北緯16.74139度 西経22.94944度 / 16.74139; -22.94944
公式サイト 公式サイト
地図
空港の位置(カーボベルデ)
空港の位置(カーボベルデ)
SID/GVAC
空港の位置(カーボベルデ)
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
01/19 YES 3,272×45 舗装
07/25 NO 1,500×45 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

本空港の主滑走路はカーボベルデ国内で最長であり、長距離国際線の飛行に用いられる。また、スペースシャトルの非常着陸用の滑走路のひとつにもなっている。


歴史編集

1939年に、ローマと南米間の航空便の給油地点として開港。1947年ポルトガル政府がイタリア資本より購入した。


就航路線編集

外部リンク編集