メインメニューを開く

アムスメロンは、メロンの品種の一つ。

概要編集

財団法人日本園芸生産研究所によって交配育成され、1974年(昭和49年)に発表されたのが始まり[1][2]

母が(アールスフェボリット×ロッキーフォード)、ロッキーフォードはアメリカ系露地メロンである。 父が(オーゲン分系)のF1品種である。

父親のオーゲンは、オランダ導入系の品種なため、その首都アムステルダムに由来して命名された[3]

特徴編集

アムスメロンは皮が薄いため、果肉を最大限有効に食べることができる一方、表面に亀裂が入りやすい短所もある[4]

やや縦長楕円の球形。果皮は緑色で溝状の縦縞と荒い網目がある。果肉は緑白色(淡緑色)で軟質、多汁[5][6]

産地編集

全国的に広く栽培されている[5]。例年、6月頃から出回る[7]

脚注編集