アムピーオーン古希: Ἀμφίων, Amphīōn)は、ギリシア神話に登場する人物である。アンピーオーン長母音を省略してアムピオンアンピオンとも表記される。ゼウスアンティオペーの息子で、ゼートスと兄弟。ニオベーの夫。ヘルメースから習った竪琴の名手で、その音色は石をも動かしたと言う。しかし、アポローンアルテミスに子供達を殺され、妻のニオベーを石に変えられた後、自殺した。

ウィーンにあるアムピーオーン像

系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポセイドーン
 
アルキュオネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
 
 
 
ヒュリエウス
 
クロニエー
 
ヒュペレーノール
 
アイトゥーサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カドモス
 
 
ニュクテウス
 
ポリュクソー
 
 
 
 
 
リュコス
 
ディルケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュドーロス
 
ニュクテーイス
 
 
 
アンティオペー
 
ゼウス
 
 
 
 
タンタロス
 
ディオーネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラブダコス
 
 
 
ゼートス
 
テーベー
 
アムピーオーン
 
ニオベー
 
 
 
ペロプス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーイオス
 
 
 
 
 
ネーイス
 
ネーレウス
 
クローリス
 
 


先代:
リュコス
テーバイ王(神話時代)
次代:
ラーイオス