メインメニューを開く

アメリカかぶれ」(イタリア語: Tu vuò fà l'americano英語: You Want to Be American[1][2]は、イタリアの歌手レナート・カロゾーネイタリア語版が、ナポリ語で歌った曲。

アメリカかぶれ
レナート・カロゾーネ楽曲
リリース 1956年
録音 1956年
ジャンル スウィングジャズ
作詞者 ニコラ・サレルノ
作曲者 レナート・カロゾーネ

カロゾーネはこの曲を、「ニーサ (Nisa)」の通称で知られたニコラ・サレルノイタリア語版との共作として1956年に書いた。スウィングジャズを結びつけたこの曲は、カロゾーネにとって最も広く知られた作品のひとつとなった[3]。楽譜出版会社リコルディのディレクターだったラペッティ (Rapetti) からラジオのコンテスト用の作品を委嘱されたカロゾーネは、ニーサの作った歌詞を見て、ごく僅かの時間で曲を書き上げた。カロゾーネは、書き上げた即座に、この曲が大ヒットになると確信したという。

カロゾーネ自身によるオリジナル・バージョンは、マリオ・マットーリイタリア語版監督の1958年の映画Totò, Peppino e le fanatiche』の中で披露された。メルヴィル・シェイヴェルソン英語版監督の1960年の映画ナポリ湾 (It Started in Naples)』では、ソフィア・ローレンがこの曲を歌った。ロザリオ・フィオレッロイタリア語版も、1999年の映画リプリー (The Talented Mr. Ripley)』の中でこの曲を歌っている[3]

歌詞の内容は、同時代のアメリカの生活様式が大好きなイタリア人のことを、ウイスキー・ソーダを飲み、ロックンロールで踊り、野球に興じ、紙巻きたばこの「キャメル」を吸っているが、いまだに両親の金を当てにしている、と歌っている[3]。この歌は一般的に、当時まだ農村的な伝統的社会であったイタリア南部で、第二次世界大戦後、程なくして起こったアメリカナイゼーションに対する、風刺と考えられている[4]。イタリアの新聞『ラ・レプッブリカ (la Repubblica)』は、彼がこの曲のヒットから4年後の1960年に音楽界から引退してしまうことを考えると、この曲はカロゾーネ作品の中でも決定的なヒットシングルであると述べている[5]

目次

カバーとサンプリング編集

大衆文化の中で編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集