アメリカのアフガニスタン侵攻

アメリカのアフガニスタン侵攻(アメリカのアフガニスタンしんこう)とは、アメリカ同時多発テロ事件の首謀者である国際テロ組織「アルカーイダ」指導者のウサーマ・ビン・ラーディンを匿っているとして、アメリカアフガニスタンに侵攻し、同国のタリバン政権を崩壊させた事件である。

アメリカのアフガニスタン侵攻
US-UK-Sangin2007.jpg
作戦行動中のアメリカ軍
戦争アフガン戦争
年月日2001年10月7日 〜 同年11月14日
場所アフガニスタン本土
結果タリバン政権の崩壊
交戦勢力
アメリカ側 アフガニスタン側
指導者・指揮官
戦力
15万人 不明
損害
58名戦死 不明
アフガニスタン紛争 (2001年-2021年)

前史編集

ソ連のアフガン侵攻とアメリカの支援編集

冷戦時代の1979年共産主義イスラム教の対立によってソ連・アフガン戦争が勃発し、ソ連軍がアフガニスタンに侵攻。ソ連と対立するアメリカは、ソ連軍と戦うムジャーヒディーンを支援した。結果的にソ連は敗北し、イスラム原理主義組織が勢力を伸ばした[1]

湾岸戦争とイスラム原理主義勢力の反米化編集

1991年湾岸戦争が勃発すると、アメリカを中心とする多国籍軍クウェートに侵攻したイラクを攻撃するためサウジアラビアに駐留した。しかし、「異教徒の軍隊が我が物顔で振る舞っている」として現地のムスリム達の反感を買ってしまう[2]

アメリカ同時多発テロ事件編集

ムスリム達の反米感情が高まった事によって以前にソ連軍と戦ったイスラム過激派組織も反米化し、ウサーマ・ビン・ラーディン率いる国際テロ組織・アルカーイダ2001年9月11日アメリカ同時多発テロを起こし、3,062人が犠牲となった[3]

タリバン政権と北部同盟編集

ソ連・アフガン戦争での勝利以来、イスラム原理主義組織は勢力を伸ばし続け、イスラム過激派組織の一つ、タリバン1996年アフガニスタン政権を奪取し、アフガニスタン・イスラム首長国を成立させた。だが、タリバンはアフガンの9割の領土を支配していたが、残りの1割は実効支配できておらず、反タリバン勢力である北部同盟が、その1割を支配していた。

戦争編集

開戦前夜編集

同時多発テロ事件で自国民を虐殺されたアメリカ大統領ジョージ・W・ブッシュテロとの戦いを宣言し、アルカーイダへの反撃を決定。しかし、アフガニスタンタリバン政権がアルカイダの指導者であるビン・ラディンを匿っていた[4]ため、アメリカ政府はタリバン政権に対してビン・ラディンの引き渡しを要求するが、タリバンはこれを拒否した。

開戦編集

タリバンがビン・ラディンの引き渡しを拒否した事を受けて、アメリカは武力行使を決定し、2001年10月7日にアフガニスタンへの空爆、侵攻を開始。イギリスドイツ集団的自衛権を行使して参戦し[5]、以前からタリバンと対立していた北部同盟も終盤でアメリカ側に加勢した。

戦争の経過編集

その後編集

タリバン政権は崩壊したものの、政権を追われたタリバンは各地でゲリラ戦を展開し、戦争は泥沼化した。その後も戦争は終わらず、20年後の2021年米軍が完全撤退するとタリバンが大攻勢を仕掛け、政権を奪還[6]アフガン戦争はタリバンの勝利に終わった。

脚注編集

  1. ^ 出典”. 東洋経済 (2021年8月20日). 2021年11月6日閲覧。
  2. ^ 出典”. NHK (2021年3月24日). 2021年11月6日閲覧。
  3. ^ 出典”. 外務省 (2002年5月). 2021年11月6日閲覧。
  4. ^ 出典”. 公安調査庁. 2021年11月6日閲覧。
  5. ^ 出典”. 小林よしのり (2015年7月21日). 2021年11月6日閲覧。
  6. ^ 出典”. 日本テレビ (2021年8月16日). 2021年11月6日閲覧。

関連項目編集